片刃で裏スキのある刃物は、なるべく元のシェイプを崩さないように研がなければならない。

丸包丁。本惣ともいうらしい。なぜ本惣というのかはわからない。
表具師の方が伝統的に使われている刃物らしい。
レザークラフトマンの利用も多いそうだ。

004 (2)

通常は写真の右の辺がもっとまっすぐ。これは研いだあとの写真なのだが、研ぐ前はもっと斜めだった。


裏はこんな状態。
はじめは裏押しが切れていた。

004 (3)

紙や布や革をまっすぐ切るための刃物だから、直線が大事なはず。
裏押しが切れてしまうと、刃道が曲がってしまう。

裏スキがどんな形に窪んでいるかはだいたいわかると思う。これはもともとの刃物のシェイプに準じた形になのだ。
刃物の形を大きく変えてしまうと、刃線が裏スキが深い部分と浅い部分を横切ってしまう。
すると裏押しを作るためには一番深い部分まで裏を押さなければならなくなる。

004 (1)

ギリギリなんとか裏を出した状態で、これで刃線を直線にできる。
しかしちょっと研いだらすぐに裏切れするので、都度裏押しもしなければいけない。

裏を研ぎ減らすこと自体はそれほどナンギではないのだが、研ぎすぎるとハガネの層が無くなる「ハガネ切れ」になってしまうおそれがあるのだ。

004 (4)

この丸包丁もまっすぐな辺の側が強く研がれていて、ミミのあたりがハガネ切れしていた。

004_201802201132129bf.jpg

ミミが切れないのはマズいので、このあともういちど研ぎ直してなんとかハガネが出る状態にした。

これは全ての裏スキのある刃物に共通の問題である。
片刃でも裏スキが無ければこういう問題にはならない。
出刃包丁で、裏を研ぎすぎて先の方がハガネ切れしてしまっているものを何度か見たことがある。
出刃包丁や刺身包丁は牛刀や三徳包丁以上に、元のフォルムが崩れないよう注意して研がなければならない。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

薄刃包丁 まっすぐじゃない?

「刃線がまっすぐじゃない。まんなかあたりが少し凹んでいる。」

という薄刃包丁。

013_201802161957319b1.jpg
014_20180216195733848.jpg



一見してもよくわからないのだが。
凹んでいるといえばそうかもしれない。

こういう包丁はまず、裏がちゃんと平らになってるか確認する。
ピカピカ光ってるからといって平らとはかぎらない。

面直しした中砥に当ててみると、

015_20180216195735ecd.jpg

020_201802161957432e1.jpg


やはり凹んでる。

ゴシゴシ研ぎ込んで裏押しを作るしかない。

016_20180216195737ca9.jpg

021_201802161957452dd.jpg

これぐらい出れば大丈夫。

切刃と裏押しを平らに研げば刃線は必ずまっすぐになる。

完成。

017_20180216195739b44.jpg

018_20180216195741791.jpg



関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

薄刃包丁本刃付け!

久しぶりに動画つくりました。



下田在住のお客様。週末に用事で東京までお越しになったついでに、薄刃包丁を2本お持ちいただいた。
動画は新品の本刃付け。
時間があったのでけっこう丁寧に研いだ。良い包丁だったし。

ふだんも研ぎ抜きはするが、基本的に切刃までゴシゴシ磨かない。切れ味は変わらないが見た目の研ぎ痕がくっきり残る。
ただ、和包丁はどうせご本人が研ぎながら使わなければだめなもので、きれいにしてもいっかい研げばムラは現れてしまう。高級割烹料亭でお客様の前で包丁を振るうとかいうのでないかぎり、研ぐたびに切刃をゴシゴシこするなんてめんどくさいことはやってらんないだろうから、研ぎムラのできる包丁はムラが見えるままお渡しした方が、ご自分で研ぐにあたってはその部分が当たればいいのだとわかって、むしろ良いかもしれないとも思っている。

関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

武峰作

昨日は、朝の天気予報では、日中曇りで夜半から雪になるという予報だった。
仕事の軽ワゴンはノーマルタイヤでチェーンもない。青山熊野神社で仕事の予定だったが凍結すると帰れなくなってしまうので、休もうかとも思ったのだが、先週も大雪明けで休んでしまい問い合わせの電話が数件あったので行くことにした。しかし4時には作業を終えて早仕舞いすることにしていた。

ところがこんな日にかぎって予想外にご依頼が多い。
昼前には当日渡しの注文をお断りすることになってしまった。

若い男性客が黒打ちの三徳包丁を持ってきた。
一見して手間はかからなそうだったので、当日中に3本研いでほしいというご依頼をお断りした後だったが、4時渡しで良ければということでお預かりした。

曇りの予報だったのに昼前からぽつぽつと雨粒が落ちはじめ、午後1時ぐらいからはしょぼしょぼと小雨が降り続ける一日だった。

男性の黒打ち三徳がこの日の最後の仕事である。
あまりよく確認しないまま受け取ってしまったのだが、手に取ってみると、刃縁の肉は全く無く、刃先も2~3か所にわざと糸刃をつけたといってもおかしくない程度のわずかな反射が見える程度で、包丁としてはまず切れ味に問題は無い、というより、相当良く切れるはずという状態だった。

こういう包丁は困る。
何が気に入らなくて研ぎに出したのかわからないからだ。
コピー用紙でも試し切りして引っ掛かりでもあったのだろうか。
ぶら下げたティッシュペーパーを一刀両断できない、なんてクレーム言ってきたりしやしないだろうか。
ともかく預かってしまったのだし刃先を整える余地はあったので、砥石に当ててみた。
1000番で簡単に刃がついた。
刃先はかなりウスウスだが全くヨレる感じがないので、焼きが硬いようだ。
よく見ると裏に「青一」と書いてあった。なるほど。
表の銘は武峰作とあった。しらない銘だった。

あらためて峰側から見てみると、先にかけて細くなっていくテーパーの加減が絶妙で素晴らしかった。

006_201802020629338cd.jpg

磨き包丁ならこういうものをいくつか知っている。しかし黒打ちでこういうのは記憶にない。
磨き包丁なら研磨で形が調整できる。しかし黒打ちということは鍛造しっぱなしということだ。強力なスプリングハンマーで打ち広げるので、これできれいなテーパー状に整形するのはブルドーザーで植木鉢に土を盛るような繊細な技術が必要ではないかと思う。

受け取りに来たお客さんに尋ねてみたところ、鍛冶屋さんが高齢でもうあまり入荷しないのだが、販売店から連絡があってたまたま入手できたものということだった。
新品の状態で料理に使ってみたものの、いま一つ切れ味に満足できなかったので、自分で研いでみた。しかし自分の砥石が湾曲していたりもするので、いちどプロに研いでもらおうと思って持ってきた、とのことだった。
自分で研いだあとは一度も使わずに持ってきた。ということだったが、たぶん自分で研いだ状態で使ってみれば満足できたに違いない。そうであってほしい。
持って来てもらったときと切れ味自体はほとんど変わらないと思いますよ。と3回ぐらい念を押してお返しした。


こういう包丁は、晴れていてもう少し暖かい暇な日に持って来てほしい。

001_201802020629250a2.jpg


002_20180202062927ce5.jpg

003_201802020629289ae.jpg

005_2018020206293107f.jpg

004_20180202062930843.jpg
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

和包丁は裏が命

一見きれいに見えるかもしれないが

001_201801191344179f3.jpg

よく見ると

002_2018011913441923e.jpg


刃元の欠けが取り切れない。

なぜなら、


003_20180119132547638.jpg


裏もこんなふうに錆びてるから。
もしかすると貫通しているかもしれない。
錆の深さは研ぎ込んでみないとわからない。

表の錆なら、ふつうは見える範囲を研ぎ込んでいけばそのうち消える。
しかし片刃の合わせ和包丁の裏は、錆を無くそうと研ぎ減らしすぎるとハガネが無くなってしまう。

もしこれがカンナや布切り鋏だったら、刃道に欠けがあると使い物にならない。ダメ元で錆が消えるまで研ぎ込んでもいいかもしれない。
しかし包丁なので、ちょっと欠けがあって引っ掛かりを感じたとしても切れないわけではない。
妥協して使っていただきたい。


ほかにも、

004_2018011913254916d.jpg

005_201801191325508e4.jpg

こんなふうに裏に錆が巣くっている。

拡大。

006_2018011913532328c.jpg

007_20180119135324e42.jpg

008_20180119135325283.jpg

研ぎ減るにつれてこの裏錆が刃線に出てきて、ブツブツと欠けた状態になる。


合わせ包丁の裏は錆びさせてはいけない。

私は、オークションで中古の刃物を物色することがあるが、片刃の刃物で裏の錆がキツそうなもの、裏の状態がわからないものには、基本的に手を出さない。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

惜しい!

「これ、研ぎに出してもらったことありましたっけ?」

「いいえ、初めてです。」

「へー・・・・」

あるお客さんがもってきた包丁を、しげしげと眺めてみた。
身幅の半分以上まで砥石を当てて、しっかり刃肉を落として研がれている。
しかし肝心の刃先はつぶれていて、大きめの小刃がついたような状態になっている。
指を押し付けてスライドさせてもまったく傷つかない。

002_20180114070014855.jpg

「誰が研いだんですか?」

「自分で研いでみたんですが、ぜんぜん切れるようにならないんです。」

「えー、自分で研いだんですか!」

ふつう、こんなふうに研げる人は研ぎ屋に頼まないのではないかと思うのだが。

004_2018011407001709f.jpg

「・・・惜しいです!研ぎ方は非常にいいです。もうちょっとですね。荒砥石は持ってないんじゃないですか?」

「いえ、荒砥石も持っています。鎌倉彫をするので研ぎはするんですが。やっぱりステンレスだからでしょうか?この包丁は切れるようにならないんです。」

実に惜しい!!
あとちょっとなのに(笑)

001_20180114070013d2a.jpg

「なるほどー!彫刻刀と同じように研いでるんでしょうね(笑)」

自分でも研いでいるという包丁を研ぎに持ってこられるお客さんの、99.99%は、刃先だけ角度をつけて研いでいる。
ところがこのお客さんは側面だけベタっと砥石に当てて研いで、刃先に角度をつけていないのだ。
片刃ならこれでいいのだが。

003_20180114070015c7c.jpg


・側面はたいへん上手に刃肉を落とせている、スバラシイ。毎回研ぐたびに側面も研いだほうがいい。
・刃先だけ少し大きめの角度をつけて研がないと、このままカエリが出るまで研ぎ込むと刃が薄くなりすぎてペラペラになる。
・この包丁は全鋼で、彫刻刀や割り込み包丁ほどハガネが硬く無い。

というようなことをひとくさりブッて、

「がんばってこれからも自分で研いでみて、わかんなかったらまた持って来てください。」

といってお渡しした。
基本的に大変お上手に研いでいらっしゃる。
研いだあとの包丁も撮影したがそう変わり映えしないので載せないでおく。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

あけましておめでとうございます。

今年もお正月に、ここ数年恒例の福島詣でをしてきた。

寝坊してしまい、初日の出は常磐線を走ってる途中の千代田PAで撮影。

001_2018010309504955a.jpg



去年は南相馬ICまで行ったけど今年は浪江ICで降りた。
ここらへんは通行はできるけどまだ帰還困難区域。

道路沿いの国玉神社というところに空間放射線のモニタリングポストがあった。

003_2018010309505238b.jpg


「5.11μSV/h」。だいぶマズい。

ふつうの人がどれぐらいの放射線を浴びるとマズいのかという明確な基準は無いのだが、レントゲン技師なんかの限度量について医療法に規定があって、それによると5年間の合計で100ミリシーベルトということになっている。10万μSVだ。これを1時間あたりになおすと、2.28μSVだから、5.11μSV/hだとその倍以上ということになってしまうのだ。

ただし、ここで写真なんか撮ってたらアブナイ、というような線量ではぜんぜん無い。
歯医者さんのレントゲン撮影でも1度に10~20μSVぐらいの放射線を浴びる。CT検査なんかになると6千μSVとか7千μSVといった量の放射線だそうだ。5μSV/hというのは1時間そこにいると5μSVという意味だから、CT検査1回で浴びる放射線量はここで2ヶ月近くキャンプするのと同じぐらいなのだ。だから大人が一時的に滞在したからといって神経質になるようなレベルではない。

しかし居住すると考えるとずっと放射線を浴び続けることになるので、せめて1μSV/h未満ではあってほしい。
だからまだ帰還困難区域なんだろうけれど。


社殿は柱が傾いて廃れたまま。

004_201801030950543e4.jpg

002_20180103095051dd5.jpg


南相馬の小高地区。
津波に何もかも浚われてしまったところ。
去年も同じところに来たのだが、同じ場所だったのかわからないぐらい廃屋や立ち木の撤去が進んでいた。

006_2018010309505806c.jpg

このあたりはもう帰還困難区域では無いのだが、さすがに住んでいる人はほとんどいないようだ。
お墓参りの家族がいただけである。

貴船神社は社殿が撤去されて小さな祠(ほこら)が設置されていた。

007_20180103095100fe1.jpg

010_20180103233714523.jpg



廃墟ばかり撮影しているが、復興は確かに進んでいる。
真新しい家が多かった。
墓所の墓石がみな新しくなっていたりする。
コンビニエンスストアがたくさんできていた。
去年は廃棄物の黒い袋がそこかしこに積み上げられていたが、いまは特定のエリアに集約されていて道端に置いてあるような状況ではなくなっていた。


とある小さな港で。
片隅に新しい地蔵がたくさん並べられていた。

008_20180103095102b0d.jpg

慰霊碑が倒れたままに放置されていた。
強風か何かのせいだろうか。

009_20180103095104cc9.jpg

死んだひとのためと言いながら、実は私たちは自分自身の激しい絶望を自慰するために碑を建てているのではないだろうか。
しかしどんなに強い悲しみや真っ黒な絶望も、時間が経てば薄れて忘れる。
これは人の心の健康な機序である。
ネガティブな感情にいつまでも捉われたままでは、人は生きてゆくことができない。

しかしすっかり忘れてしまってはいけないと思う。
頭ではそう思っていてもあのときの感情は確実に胸の中から損なわれてしまっているので、たまにそれを取り戻そうとして、私はこの場所にやってくるのかもしれない。
関連記事

テーマ : 謹賀新年
ジャンル : 日記

溶接になった。

先日の中子の短い包丁は溶接修理することになった。

(1)ジョイフルホンダで買ったド鉄の板材を、適当な長さにカットする。
(ディスクグラインダー日立G10VH+飛騨の匠ゼロハチ使用)
001_2017122607143636e.jpg


(2)線を引いておおまかに削っておく。
(日立BGM50使用)
002_2017122607143870a.jpg

003-1.jpg


(3)遮熱用アルミブロックで挟んで溶接してもらう。
溶接は鉄を溶かしてくっつけるので1500℃以上。アーク溶接のピンポイント加熱でも普通にやると刃体まで熱が回って焼きが戻ってしまい柔らかくなる危険がある。
アルミは鉄より熱伝導率が高いため大きめの角柱で刃元をクランプしてやると熱を吸収して刃体に熱が回らない。CPUのヒートシンクとおなじ理屈。
溶接直後にこの状態で指で刃体に触ることができるので、刃体温度は40℃以下。

003_2017122607143909a.jpg


「見える部分じゃないしどのみちあとで削って調整するから、大盛り気味で。」と依頼している。

004_20171226071442eb5.jpg

005_201712260714446d8.jpg


(4)柄に合わせて削る。
厚みは柄とちょうど同じぐらい、幅は穴より少しだけ大きめぐらいで。
なお、中子を削って減らしたくない場合には、柄の穴の方にバーナーで焼いた中子と同じぐらいのサイズの鉄片を突っ込んで広げておくこともある。

006_20171226071445b9a.jpg


(5)バーナーで中子を焼いて(遮熱ブロック使用)、木槌で柄尻を叩いて、しっかり差し込んで終了。(研ぎはまだ。)
007_2017122607144750d.jpg
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

なんじゃこりゃ2

預かったときにはくすんでいたので、なんでこんな刃境線になってるのかわからなかったのだが。

なるほどダマスカスだったのか。
薄く研ぐとこんなふうになるのか・・・・(笑)

DSC01850.jpg

模様をクネクネさせるために先の尖ったハンマーか何かで反対側から叩いたのだと思う。
なんかカワイイ。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

なんじゃこりゃ?

昨日は臨時で、金曜日なのに青山熊野神社でお仕事。
朝行ってみたらテレビのロケがあるとのこと。(私が映ったわけではない。)
車関連のBSの番組だそうだ。

「撮影してるところを撮影していいですか?」

とADらしい人に聞いてみたら、

「スミマセン演者さんが撮影NGです」

とのことで、画像は無い。
有名なタレントさんが来るのだろうと思ってみていたら、ダチョウ倶楽部の肥後さんと研ナオコさんだった。研さん若いなあ。



さて、柄の交換依頼の包丁。
割ってみたら、なんか変だった。

001_2017122306341803c.jpg

002_20171223063420fd9.jpg




中子が無い・・・

でも割ってしまったものは後戻りできない。。。



003_2017122306342116a.jpg


割りすすめていったら、少し出てきた。
でも短いなあ。


004_201712230634248c0.jpg


外してみたら、こんな状態。


004 (1)


なんか曲がってるし・・・

おそらく以前にも交換されていて、なんかかなり強引に取り付けられていたような印象。
ふつうの包丁の柄じゃない。柄の素材が朴の木ではなくなんだか硬い木で、形はまん丸で、口輪がかなりしっかりした金属。
長いノミの柄みたいな感じ。

どうしよっかなあ。溶接するか、擦り上げるか・・・
持ち主さんに連絡がつかない。
溶接だったら月曜までに決めないと。
関連記事
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク