ベルジアンブルー

belgianblue.jpg

この牛はスーパーサイヤモードとか突然変異の奇形とかではなくベルジアンブルーというれっきとした品種だそうだ。
欧米では和牛のようなサシの入った柔らかい肉より旨味のある筋肉が好まれるそうで、肉をたくさんとるために品種改良していった結果こうなったらしい。私もA4とかA5とかいった柔らかい和牛より噛み応えのある米国牛のリブロースの方が好きだ。あまり高価な和牛は食べたことがないけど。

さて、ベルギー産の砥石を見に行って来た。

半月前に(^^;

ベルギーの天然砥石は大きく二種類あった。

ひとつは薄い卵色。
DSC02811.jpg

もうひとつはブドウ色。
DSC02816.jpg


卵色のほうが肌理が細かく、業者さんのパンフレットによると粒度は8000番~10000番相当で、ブドウ色の方は3000番相当ということだった。

ブドウ色の方の名前が、ベルジアンブルーといって、上の牛と同じ名前なのである。

パッケージに牛の写真を使えばインパクト大でいいんじゃないかと思ったのだが、

001_2018041309361896b.jpg

こんなパッケージ。おしゃれ。さすがヨーロッパ。


005_20180413111615f2c.jpg
(頂いたパンフレットの写真より引用)

こんなふうに山肌に砥石の層が露出していて、黄色い方がファインな方の砥石で採掘量が少ないらしい。BBWの方がたくさん採れるようだ。どういう地質なのかわからないのだが、堆積岩ではなく火成岩のようだ。火山灰が堆積した凝灰岩だったかな?


ベルギー大使館の寛大なお計らいで一室をお借りでき、貴重な体験をさせてもらった。

002_20180413093623f3d.jpg

訪問前にご参加いただいたみなさんから「蝶ネクタイは必要ですか?」といったドレスコード的質問をいただいていたのだが、そんなこと夢にも思っていなかった私は勝手に「ぜんぜん要りません」と回答していたが、いちおう皆さん襟付きのシャツやジャケットやネクタイ着用できちっとしていらっしゃった。
ちなみに写真に写っていない私はジーンズにTシャツでリュックサックだ(^^;

003_2018041309362193c.jpg

右が今回来日されたアルデンヌス・コチクールのトーマスさん。
左のお二人が主に英語を話してくれて大変助かった。真ん中はスペインギターの製作をされている乙竹さん。左は変な(笑)機械をいろいろ作っていらっしゃる細谷さん。私の英語は手紙のやり取りぐらい翻訳サイトを頼ってなんとかできるがリスニングとスピーキングはオールモストノットアットオールだ。

さて、肝心の砥石である。
砥粒になんとガーネットの粒子が含まれているのだそうだ。カッコイイ。日本の天然砥石は石英が砥粒になっているものが多いと聞く。ガーネットと石英はモース硬度は同程度のようだ。

研いだ感じであるが、BBWの方が砥泥が多く出る。包丁みたいな軽い刃物を曇らせるにはこっちの方がいいかもしれない。

黄色い方はコチクールというのが名前になるのだろうか。
トーマスさんに「コチクール」の意味を伺うと、「砥石」だということだった。グーグル翻訳では何語かもわからず日本語に訳してくれない。
Weblioで調べると『Wiktionary英語版での「Coticule」の意味』として「A Belgian variety of whetstone, containing spessartine.」つまりベルギーのガーネットを含んだ様々な砥石、という結果を表示してくれた。
つまり、粒子が大きめの砥石の方にBBWという特別な名前が付けられていて、稀少で細かい方は単に砥石と言われている、といったところなのだろうか。
訪問する前にネットの写真で見た感じでは伊予砥に似ているなと思っていた。しかし以前さざれ銘砥さんで購入したいくつかの伊予砥の小割れのどれよりも細かく、素晴らしい仕上砥石だった。研ぎ出しが早く刃物の方がよく削れるので黒の強い砥泥が出る。しかしカチカチの硬い天然砥石という風ではなく、砥石当たりは滑らかで、スジも引かない。
ホームページの説明にもあるように、剃刀の仕上げに良さそうだった。

小さいのをひとつ購入させて頂いた。
007_20180413124012c6a.jpg




で。

記事を書くのが大幅に遅くなったのは、この砥石でいろいろ試してみたかったからなのだが。
008_201804131240179a5.jpg

ステンレス系でも何の問題も無くよく下りる。
地鉄が柔らかめのハガネの刃物が、砥石当たりがいい感じだった。
ただ、すごく曇るわけではなくピカピカに光るというわけでもない。

なにか素晴らしい結果を出して披露してみたかったのだが、できなかった。
しかしよく考えてみると、そもそも私自身が天然砥石に大して詳しいわけでも無いし使いこなせているわけでもないので、技術的に問題がある可能性が高い。
天然砥石をよく使う人で試してみたい方がいらっしゃったら、お貸しするので、使用感をお知らせして頂きたい。

個人的には、良質な人造仕上砥石と同じように、天然砥石に特有の問題が無く、使える砥石。という感想だ。


先の北欧某国の特命全権大使さんがまた来てくれたので使ってみた。こんな感じ。
009_20180413124018077.jpg

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

ベルギーの天然砥石屋さん

砥石で刃物を研ぐのは日本独自の文化であります。的な文章をときどき見かける。しかしグラインダーの回転砥石は世界中の工業現場で使われているわけで、そもそもはじめて人造砥石を作ったのも外国だと聞いている。
たしかに刃物を研ぐ四角い砥石は日本製の物しか見かけない。欧米の包丁はヤスリのようなスティックシャープナーで刃先だけシャカシャカ研ぐのが標準だったようだ。しかし金属製のヤスリが作られたのは比較的新しい時代のことで、刃物の歴史はもっとずっと古いはずだ。磨製石器だって石で磨いてたんだから、刃物の研磨整形にはどこの国でも石が使われていたに違いない。

調べてみると昔はこんなので研いでいたようだ。
Old Timey Grinding Wheel

【出典】http://antique.charmlab.org/antique-sharpening-stone-wheel.html

少なくとも荒砥石や中砥石は世界中どこにでもあったはずで、特別なものでは無いと思う。
日本が異質なのは芸術の域まで刃物研ぎを突き詰めた点にあると思う。あるいは美濃-丹波帯で産出する仕上砥石のような高品質なものは少ないのかもしれない(あっても日本ほど珍重されていないという可能性もある)。

日本でも、いま天然砥石を採掘している業者さんはごくわずかなのだが、戦前の資料によると100以上の産地があったようだ。その多くは荒砥石か中砥石で、掘り尽くして無くなってしまった産地もあると思うが、高品質で安価な人造砥石が市場に出回るようになったことと刃物を研ぐという生活習慣そのものが家庭の中から消えて行ったことで、需要が無くなって廃業してしまったところが非常に多いと推察される。
おそらく、ぜひとも天然砥石でなければならないと言っているのは刀剣の研ぎ師と高級な鉋や鑿を使う建築木工業者さんぐらいだろう。建築業界でも現場で製材することなんかないし電動道具が主流で手動のノミやカンナは使わなくなっているし手動利器も替刃が主流なので、砥石で研ぐ刃物を使う工さんは少なくなくなっている。
稀少な天然砥石のユーザーも、必要としているのは仕上砥石である。刀の研ぎ師さんでも仕上砥石以外の荒砥石や中砥石は人造砥石を使っている。
天然の荒砥石や中砥石の需要は非常に少ない。いまでも天然の中砥石を採掘しているのは天草砥ぐらいじゃないだろうか。

日本でもそんな状況なので海外で天然砥石を採掘してるのはアーカンソー砥石の業者さんぐらいだろうと思っていた。

ところがベルギーにも天然砥石の業者さんがいるんだそうだ。
どんな人が買うんだろう?

その業者さんから先日突然メールが来た。

こんど日本に来るので砥石を紹介したいというのである。

たぶんYoutubeの動画を見て連絡をくれたのだと思うが、大きな刃物店か何かだと想像したのだろう。

面白そうなので見せてもらいに行くことにした。

私は店を持っていないのでそちらの指定する場所に出向く方が都合がいいと言うと、麹町のベルギー大使館で会えるかもしれないというお話しになった。

まだ来日されていないので具体的な日程は決まっていないが、興味がある人がいたら、一緒に行きませんか?
英語とかしゃべれるひと大歓迎です。(先方が英語をしゃべれるかどうかわかりませんが。)
来週の月曜日に来日されるとのこと。

興味のあるひとはメールください。私と知り合いじゃないひとは簡単な自己紹介もお願いします。
fe26cr24@gmail.com

砥石業者さんのホームページ
https://www.ardennes-coticule.be/en

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

GC

GCというタイプの緑色の砥石がある。
グリーンカーボランダムという砥粒を使った砥石だ。

グリーンカーボランダムはダイヤなど特殊なものを除くと砥粒の中でいちばん硬い部類に入るのだそうだ。
何年も前に友人から頂いたものを持っているのだが、硬い砥粒が砥石自身も削ってしまい、ものすごい量の砥泥が出て、形がすぐに変形してしまう。
荒砥石は強い研削力で包丁の形を整形する役割の砥石なのだが、砥粒が硬くても結合剤の混じった砥泥が大量に出ると、泥の中で包丁をこねくりまわしているような状態になって強い研削力は発揮されないし、形がすぐ変形してしまうのも困る。お客さんで、ものすごく変形したGCの荒砥石を使っていて包丁がヤヴァい形になってしまっている方も何人かいた。
しかしリューターやグラインダーに取り付ける砥石としては、ザクザクと鉄を削ってくれるので非常に有効だ。やはり減りは早いのでコストパフォーマンスは良くないのだが、ともかく研削力が強い。

手研ぎの角砥石のGCは使えないが、リューターのビットとしては優秀。そんな印象の砥石である。
しかし今でも手研ぎの角砥石がけっこう売られてはいるので、何かしら需要はあるのだろう。
どんな人が使うんだろう。

そんなふうに常々思っていたら、有名なノミの鍛冶屋の左久作さんがGCの砥石を多用しているというので驚いた。
ホームセターに売られているような量産品ではないので雑な仕上であるはずがない。



この動画の24分ぐらいから研ぎのシーンがある。
けっこう長いストロークで、突き研ぎだった。

私は横研ぎしていたのだが、正しい研ぎ方ではないようだ。



荒砥石なんかで突き研ぎをすると刃先を蹴ってしまわないか不安になるのだが、実際そうしていらっしゃるので蹴らないのだろう。
「細目」というのを使っているとのことだった。ナニワのホームページを見ると細目でも#220のようだ(荒目#46ってw)。お世話になっている砥石屋さんに聞いてみると、三丁掛けの大きいものしかないが細目で硬口のものがあるとのこと。刀の研ぎ師さんが使っているそうだ。理論的には同じ砥石三本で共摺りすると完全な平面が出せるはずなので、三本注文してみた。

そしてこれを注文したすぐあとに、何の縁か高野さんからGCの荒砥石をいただくことになった。
以前から持っていたものとあわせて、三種類5本のGCの砥石を手に入れることになったので、研ぎ比べをしてみた。



結果、以前から持っていた砥石はやはり使いものにならなかった。
軟口で砥粒も粗いのではないかと推測される。
すぐに型くずれして砥泥がすごい。
誰がどういう用途に使うのかナゾである。

これと比べると、高野さんにもらった砥石はかなり使い勝手が良かった。
少なくとも「使えない」というほどのことは無い。

三本購入した砥石は、高野さんにもらったものよりさらに変形しずらかった。
しかしふだん使っているPA(ピンクアランダム)のあらとくんやC(カーボランダム)の120番よりは変形しやすい。

だが変形しやすいといっても許容範囲だ。面直ししやすいとも言える。コストパフォーマンスは悪くなるだろう。

気に入ったのは研削力の強さである。
動画では砥面に砥泥がかなり残った状態で研いでいるが、この状態では性能が発揮できない。砥泥をコマメに流してフレッシュな砥面で研ぐと、ザクザクと削れている。あらとくんで研ぐのと同じ感じで研いでいると、削れすぎていることがあるのだ。
あと、やはり砥泥が多めに出るせいなのか、硬い砥粒であるはずなのに意外に研ぎ傷が深くない。

しばらく使って印象をみてみようと思う。

ノミ研ぎの練習がしたかったのだが、中腰で研げる研ぎ台を作ろうと思いながらまだ実行に至っていない。

ふだんの体勢でちょっと研いでみたが、突き研ぎでも刃を蹴らなかった。ちゃんとカエリも出た。
突き研ぎの一番のメリットは、ノミの柄をしっかり握り込むことができるためブレないことだと思う。



番外。この動画を撮った日、10本ぐらい研いだあとの砥泥。
001_20171201092825ee1.jpg

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

刃物研ぎ教室 11月19日

包丁研ぎ講習会のご案内 
研いでもらうより自分で研ごう!
技術は身につければ一生の宝もの!!
 

お申込みフォーム

場所 高円寺 レクトサンドカフェ
日時 2017年 11月19日(日) 13時~16時
   講義13時~14時00分 実習14時10分~16時 
定員 6名

講師 研ぎやTOGITOGI 代表研ぎ師 坂田ひろし

費用 6,000円

持ち物
講義/筆記用具
実習/ エプロン

実習で使用する包丁や砥石などは、主催者側でご用意します。
ご自分のものを持ってきて頂いてもかまいませんが、ご使用になれない場合もあります。

お申込みはこちらから↓
お申込みフォーム
申し込みフォームが機能しない方は、下記までご連絡ください。 
メール fe26cr24@gmail.com
携帯 090-4727-1056

概要
今回は、家庭用の「両刃包丁」が対象です。
包丁を研いだことがない初心者でも参加していただける内容にします。
ただし、理屈っぽいです。
「サルでもできる!すぐできる!」という内容ではなく、「正しい方法」をご教示します。
プロの方などで、どうも研ぎ方がうまくいかないという方にも、お役に立てる内容だと思います。


アクセス
 東京都杉並区高円寺南3-54-14-1F



<禁止事項>
・飲酒・酒気帯び状態での参加は禁止します。
・当日体調のすぐれない方の参加も、ご遠慮いただく場合があります。
・このほか、危険防止または円滑な会の進行のための注意事項ないし指示に従わない方は、主催者の判断で退出を命じる場合があります。

<免責事項>(いずれも主催者に重大な過失があった場合を除きます。)
・刃物によるケガや器物の損壊について、主催者は責任を負いません。
・第三者との関係で負傷や器物の損壊が生じた場合、当事者同士で解決していただきます。
・参加者の都合で講習会に参加できなかった場合や、主催者の判断で退出を命じられた場合でも、既にお支払いいただいている金銭は返金いたしません。

変わった鰹節削り

カンナは台調整とか裏出しとかできないので本職の大工さんが持ってくるものはほとんどお断りするが、家庭用の鰹節削りぐらいはお研ぎさせて頂いている。

001_201708040739105cb.jpg

この鉋刃だが、横からみると・・・


002_20170804073912156.jpg

薄っ!!!(砥石目は#220)

003_20170804073913c20.jpg


そして何が 「変わった」 なのかというと、

004_201708040746509a9.jpg

トレードマークがニャンコみたい。

じゃなくて、

裏スキが浅い!

じゃなくて、、



005_20170804073916a18.jpg

裏に刃境線があるし(^^;; (明度/コントラスト調整)


007_20170804073919259.jpg

いや~~んこんなの初めて~~♪

刃先が裏から角度をつけて研がれていたので「なんじゃこりゃめんどくさいなー!」と毒づきながら荒砥で裏押ししていたら、出現したのだ。割り込みの鉋刃!(笑)
この裏を、どう研ぐのが正解かわからないのだが、まっ平らにするといろいろ支障が出るかもしれないので少し斜めの浅利刃状に仕上げた。作った人は研ぎ直すことはあまり考えてないと思う。あるいは、拘る人ならもっとちゃんとしたの買うだろーみたいな発想だろうか。
いまの時代にこの手のものを作ることを企画したら非鍛造の利器材を打ち抜いて熱処理した刃が使われると思うのだが、ちゃんと鍛造してあるので、利器材がまだ普及していないけっこう昔の道具ではないだろうか。
そういえばナゾの両刃の出刃包丁というのが去年あったが。
青山熊野神社ではナゾな刃物がいろいろ出てくる。


追記

トレードマークはニャンコではなかった。が、判読不能。「TRADEMARK」と書いてあるのはわかる。
詳しいことをご存じの方がいらっしゃったら、教えてください。

008_201708040739219d8.jpg

切出しと剃刀

昨日は雨が降ったりやんだりでお客さんがほとんど来なかった。
暇だったので、切り出しと錆びた剃刀をやっつけた。

001_201708030712478b4.jpg

002_20170803071249779.jpg

切出しは、日曜日に高野さんとアルケスさんに連れて行ってもらった三鷹の「やまあさ」という大工道具屋さんで買ったもの。以前から鉛筆削り用に小さいのがほしいと思っていたのだが、手頃な値段で売られていて良かった。新潟の梅心子という会社のもの。


裏の平面を出すのに手間取った。

003_20170803071250efe.jpg

だけど、切出しなんかムキになって平らにする必要ないんだろうね。

切刃もはじめの状態はグラインダー研磨っぽくて平らではなかったけれど、小さいものなのでさほどナンギはしなかった。
高価な切り出しはこのへんの造形もきちっとしてるんでしょう。

004_20170803071252848.jpg


ボロボロの剃刀。

005_201708030712536d3.jpg

006_201708030712557ae.jpg

刃線が歪んでいるので裏か表が平らじゃないはず・・・・と思って砥石に当ててみると、裏も表も平らじゃなかったw

冬虫夏草に寄生された蝉の幼虫みたいな柄は、金づちで叩くとイッパツで粉々に。

007_201708030712560ec.jpg

写真映えするように仕上げた。

008_20170803071258e01.jpg

009_2017080307130042b.jpg

が、実は切れ味はまだイマイチ(笑)

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

7月 刃物研ぎ教室のご案内

包丁研ぎ講習会のご案内 
~身につければ一生の宝もの!!~
 

お申込みフォーム

場所 高円寺 レクトサンドカフェ
日時 2017年 7月22日(土) 午後
   講義13時~14時00分 実習14時10分~16時 いずれか片方だけの参加でもかまいません。
定員 講義 8名   実習 6名

講師 研ぎやTOGITOGI 代表研ぎ師 坂田ひろし

時間/授業料
 講義 13:00~14:00(1時間) 2000円
 実習 14:10~16:00(1時間50分) 4000円

※講義と実習は別料金です。両方参加すると6000円です。

持ち物
講義/筆記用具
実習/ エプロン

実習時に使用する包丁や砥石などは、主催者側でご用意します。
ご家庭のものを持ってきて頂いてもかまいませんが、ご使用になれない可能性もあります。

お申込みはこちらから↓
お申込みフォーム
申し込みフォームが機能しない方は、下記までご連絡ください。 
メール fe26cr24@gmail.com
携帯 090-4727-1056

概要
今回は、家庭用の「両刃包丁」が対象です。
包丁を研いだことがない初心者でも参加していただける内容にします。
ただし、理屈っぽいです。
「サルでもできる!すぐできる!」という内容ではなく、「正しい方法」をご教示します。
プロの方などで、どうも研ぎ方がうまくいかないという方にも、お役に立てる内容だと思います。


アクセス
 東京都杉並区高円寺南3-54-14-1F



<禁止事項>
・飲酒・酒気帯び状態での参加は禁止します。
・当日体調のすぐれない方の参加も、ご遠慮いただく場合があります。
・このほか、危険防止または円滑な会の進行のための注意事項ないし指示に従わない方は、主催者の判断で退出を命じる場合があります。

<免責事項>(いずれも主催者に重大な過失があった場合を除きます。)
・刃物によるケガや器物の損壊について、主催者は責任を負いません。
・第三者との関係で負傷や器物の損壊が生じた場合、当事者同士で解決していただきます。
・参加者の都合で講習会に参加できなかった場合や、主催者の判断で退出を命じられた場合でも、既にお支払いいただいている金銭は返金いたしません。

裁断機

こんなのも研げます。

裁断0001

裁断機。ペーパーカッター。
KOKUYO PAPER CUTTER DN2-N

裁断0002

包丁研ぎ講習会のご案内

包丁研ぎ講習会のご案内 【2017年7月22日(土)】 
~身につければ一生の宝もの!!~
 

お申込みフォーム

場所 高円寺 レクトサンドカフェ
日時 2017年 7月22日(土) 午後
   講義13時~14時00分 実習14時10分~16時 いずれか片方だけの参加でもかまいません。
定員 講義 8名   実習 6名

講師 研ぎやTOGITOGI 代表研ぎ師 坂田ひろし

時間/授業料
 講義 13:00~14:00(1時間) 2000円
 実習 14:10~16:00(1時間50分) 4000円

※講義と実習は別料金です。両方参加すると6000円です。

持ち物
講義/ 筆記用具
実習/ エプロン・手拭き用のタオル

実習時に使用する包丁や砥石などは、主催者側でご用意します。
ご家庭のものを持ってきて頂いてもかまいませんが、ご使用になれない可能性もあります。

お申込みはこちらから↓
お申込みフォーム
申し込みフォームが機能しない方は、下記までご連絡ください。 
メール fe26cr24@gmail.com
携帯 090-4727-1056

概要
今回は、家庭用の「両刃包丁」が対象です。
包丁を研いだことがない初心者でも参加していただける内容にします。
ただし、理屈っぽいです。
「サルでもできる!すぐできる!」という内容ではなく、「正しい方法」をご教示します。
プロの方などで、どうも研ぎ方がうまくいかないという方にも、お役に立てる内容だと思います。


アクセス
 東京都杉並区高円寺南3-54-14-1F



<禁止事項>
・飲酒・酒気帯び状態での参加は禁止します。
・当日体調のすぐれない方の参加も、ご遠慮いただく場合があります。
・このほか、危険防止または円滑な会の進行のための注意事項ないし指示に従わない方は、主催者の判断で退出を命じる場合があります。

<免責事項>(いずれも主催者に重大な過失があった場合を除きます。)
・刃物によるケガや器物の損壊について、主催者は責任を負いません。
・第三者との関係で負傷や器物の損壊が生じた場合、当事者同士で解決していただきます。
・参加者の都合で講習会に参加できなかった場合や、主催者の判断で退出を命じられた場合でも、既にお支払いいただいている金銭は返金いたしません。

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

最近の動画

尺の蛸引きを、薄く研ぎすぎて、日本刀みたいになっちゃってるもの。
動画に外人さんのコメントが多いから、動画には英語でキャプションつけてみた。
日本人でも中3ぐらいでわかる内容だと思う。

音声無しで音楽を入れたら不評だった。
途中からいきなり音楽がはじまるのもよくなかったかな。

近所のおばあちゃんたちが、心地よさに欠ける世間話をしてる声が、ずーっとでっかく入ってるので、ナマの音声は公開できません。

こういう、シノギが上がってしまっている包丁は、ちょくちょく出てくる。ありがちな失敗。
漫然と砥石に押し付けて研いでいると、徐々にこうなる。
砥石に当てる角度は切刃をペタっと当てた状態でいいんだけど、その角度のままで、ハガネ部分を研ぐよう意識しなければいけない。
その力加減は、柄を握っている右手で調整するのがいいんだけど、難しければ、刃の裏に添えている左手を刃線近くにもっていって研げばいいかもしれない。
この包丁は案の定欠けやすいということだったので、全体的に刃先を少し蛤にした。






刈込鋏。
見返してみたら、刈込鋏を研ぐ動画が無かったので。
分解できるものの方が少し時間がかかるけど、研ぐのは楽。

一般のひとはがこれをマネするのはけっこう大変。
自分で研ぎたいひとは、鎌砥みたいな小型の砥石を手にもって、小刃だけ研いでみて。
裏は磨かないほうがいい。
裏を磨かないと切れるようにならないハサミもあるが、そういうのはウチに持ってきてね。


プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク