変わったダマスカス包丁。変わった剪定鋏。

積層鋼、いわゆるダマスカスの包丁は、側面の模様を傷つけると新品の時と同じような状態に戻すことが困難で、ムラになってしまう。
そのため昔はキライだった。
しかし、

・側面も研がないと切れ味は良くならない
・美観のために切れ味を妥協するのは本末転倒
・研ぐたびに時間やコストをかけて磨き倒すのは非現実的

といったことから、いちおうお客さんにはムラになりますよとお断りした上で、気にせずガンガン砥石を当てるようになった。
いまは少なくともキライではない。

001_201805290747585e1.jpg

002_20180529074800ac4.jpg

きれいに磨けるようになったというわけでは無いのだが、気にせずに研ぐようにしてみると、わりと好きでさえある。

積層鋼自体は何度も書いているかもしれないが、硬い刃鉄を両側から挟み込む軟鉄で、切れ味には直接関係無い。しかしダマスカス模様の様子で、刃体の厚みの具合がわかったりする。
積層鋼じゃなくても割り込み包丁なら刃境線である程度わかるが、積層鋼だと峰側に至るまで全体的な立体構造が把握できたりするのである。ブレード全体の厚みを調整するときにはけっこう便利なのである。

それから、包丁がどのようにつくられたのかという素性も推測できる。
こちらの記事にも書いたが、
http://hamonotogiya.blog75.fc2.com/blog-entry-372.html

たとえば関の孫六の旬はアメリカで大人気になって売れてるらしいが、模様がのたれ刃のようにゆったり曲がっていてあまりしっかり鍛造されていないことが見て取れる。
材料の積層鋼はバームクーヘンのように単に層状になっているだけなのでこれをハンマーで叩いたりして歪ませることによって模様が表れるのだが、この記事の旬のようにあまりしっかり叩いていないものはウネウネが少ないばかりでなく両側面を平行に研ぐとそもそも模様自体が刃先の斜面部分にしか出ないということになりかねない。
そこで、しっかり叩かなくても側面全体に模様を見せるために旬が選択した手段は、刃体を分厚くして刃先にかけて側面全体の傾斜を大きくするという方法だ。日本のふつうの三徳包丁や牛刀は八寸24cmぐらいのものでも鋼材の厚みは2.5mmが主流だが、旬は3mmとかなり分厚いのである。
分厚いと頑丈ではあるが「抜け」が悪く切れ味も鈍重になりがちだ。
だから、ヒーコラ言って厚みを削いでやらないと、私的に許せる切れ味にはならないのである。厚みを削いでやればふつうの包丁なみの切れ味になる。

しっかり鍛造した方が鉄の組織が緻密になって靭性(じんせい/=粘さ)が向上するらしいが、鍛造品と非鍛造品を研ぎ比べて顕著な違いを感じることは無いので、包丁という刃物にとっては実用の上であまり差は出ないんじゃないかと思う。

で、昨日ちょっと面白い包丁が。

龍泉の包丁なのだが、積層鋼で非鍛造、普通の厚み、という包丁。

0003_20180529074801e5a.jpg

0004_2018052907480308e.jpg


こんな感じになってしまう。
以前にも研がせてもらったことのある包丁なのだが、たぶんそのときは積層鋼ということに気づいていなかったと思う。

こうなると、何の目的でわざわざ地鉄に積層鋼を使っているのかよくわからない。
新品のときはもっと模様が目立っていたのだろうか。
そうだとしても、ナンダカナーという印象が拭えない。





別件。
昨日はもうひとつ変な刃物を研いだ。
写真は無いのだが、剪定鋏だ。

なんと、要ネジが逆ネジになっていたのだ。

逆ネジになっているのは、たとえば自転車の、足で踏むペダルの根元部分の「クランクロッド」と「クランクアーム」の左側の接続部分だ。これが、ふつうと同じ方向にネジが切ってあると、ペダルを漕ぐたびにネジが緩む方向に力が働いてしまうのである。
だから、ネジを切る方向が逆になっていて、ふつうのネジだと緩む方向に回すとネジが締まるようになっている。右側はふつうのネジの方向でいい。
両頭グラインダーも同じ理屈で片方は逆ネジになっている。

剪定鋏の要ネジが逆ネジになっているものは初めて見た。
剪定鋏は刃体自体に雌ネジの山が切られていて、ボルトで締めて固定するのだが、そもそもガッチリと締め込むものではない。少し緩めに締めないとハサミが開閉できないのである。開閉に支障が無くガタが無いほど良い塩梅に締めて、反対側に飛び出したボルトの頭を受けのナットでしっかり締め込んで固定するという仕組みになっているのだ。
だから剪定鋏に限っては使っているうちにネジが緩んでしまったようなものを見たことが無い。もちろん逆ネジなんかじゃないふつうのネジ山のものでだ。
ほかの多くのハサミは本体に雌ネジの山が切られていないので、ナットを強く締め込むことができず(強く締めるとハサミのかみ合わせがきつくなってしまう。)、緩んでしまう場合がある。おそらく逆ネジにしても緩むものは緩むだろう。緩み防止のためにボルトがテーパー状になっているものもあるが、修理のために開け閉めを繰り返すと緩みやすくなってしまう。新しいネジの入手が難しいので、そういうものは弱強度のネジ止め剤で固定を計っている。

それでこの剪定鋏、お預かりした段階でなぜ研ぎに出したのかわからないぐらいキレイで、ネジも錆やヤニで固着している様子もなかったのに、TB1801を吹いて万力で固定してネジ山が切れそうになるほど力を入れてもウンともスンとも言わないので、もしかすると自分の頭がボケて締める方向を間違えてるんじゃないだろうかと疑って逆向きにちょっと力を入れてみたら、あっさり緩んでくれたという次第であった。
壊さなくて本当に良かった。

剪定鋏のネジが外れなくて困っている人がいたら、いちど、逆ネジになっていないか試してみてください。

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

解説つき動画

寒い中にもかかわらず大阪からのお客さんが見物に来てくれた。
動画を撮っているとき一人でカメラに向かってしゃべるのは苦手なので、人がいてくれると説明しながら撮影できるので助かる。



日本語と英語の字幕を作った。
いっぱいしゃべってるので英語の字幕作成が大変だった。
間違ってないかわからないのだが、英語で「役に立った」的なコメントをいただいているので、まあまあ通用しているようだ。

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

片刃で裏スキのある刃物は、なるべく元のシェイプを崩さないように研がなければならない。

丸包丁。本惣ともいうらしい。なぜ本惣というのかはわからない。
表具師の方が伝統的に使われている刃物らしい。
レザークラフトマンの利用も多いそうだ。

004 (2)

通常は写真の右の辺がもっとまっすぐ。これは研いだあとの写真なのだが、研ぐ前はもっと斜めだった。


裏はこんな状態。
はじめは裏押しが切れていた。

004 (3)

紙や布や革をまっすぐ切るための刃物だから、直線が大事なはず。
裏押しが切れてしまうと、刃道が曲がってしまう。

裏スキがどんな形に窪んでいるかはだいたいわかると思う。これはもともとの刃物のシェイプに準じた形になのだ。
刃物の形を大きく変えてしまうと、刃線が裏スキが深い部分と浅い部分を横切ってしまう。
すると裏押しを作るためには一番深い部分まで裏を押さなければならなくなる。

004 (1)

ギリギリなんとか裏を出した状態で、これで刃線を直線にできる。
しかしちょっと研いだらすぐに裏切れするので、都度裏押しもしなければいけない。

裏を研ぎ減らすこと自体はそれほどナンギではないのだが、研ぎすぎるとハガネの層が無くなる「ハガネ切れ」になってしまうおそれがあるのだ。

004 (4)

この丸包丁もまっすぐな辺の側が強く研がれていて、ミミのあたりがハガネ切れしていた。

004_201802201132129bf.jpg

ミミが切れないのはマズいので、このあともういちど研ぎ直してなんとかハガネが出る状態にした。

これは全ての裏スキのある刃物に共通の問題である。
片刃でも裏スキが無ければこういう問題にはならない。
出刃包丁で、裏を研ぎすぎて先の方がハガネ切れしてしまっているものを何度か見たことがある。
出刃包丁や刺身包丁は牛刀や三徳包丁以上に、元のフォルムが崩れないよう注意して研がなければならない。

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

薄刃包丁 まっすぐじゃない?

「刃線がまっすぐじゃない。まんなかあたりが少し凹んでいる。」

という薄刃包丁。

013_201802161957319b1.jpg
014_20180216195733848.jpg



一見してもよくわからないのだが。
凹んでいるといえばそうかもしれない。

こういう包丁はまず、裏がちゃんと平らになってるか確認する。
ピカピカ光ってるからといって平らとはかぎらない。

面直しした中砥に当ててみると、

015_20180216195735ecd.jpg

020_201802161957432e1.jpg


やはり凹んでる。

ゴシゴシ研ぎ込んで裏押しを作るしかない。

016_20180216195737ca9.jpg

021_201802161957452dd.jpg

これぐらい出れば大丈夫。

切刃と裏押しを平らに研げば刃線は必ずまっすぐになる。

完成。

017_20180216195739b44.jpg

018_20180216195741791.jpg



テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

薄刃包丁本刃付け!

久しぶりに動画つくりました。



下田在住のお客様。週末に用事で東京までお越しになったついでに、薄刃包丁を2本お持ちいただいた。
動画は新品の本刃付け。
時間があったのでけっこう丁寧に研いだ。良い包丁だったし。

ふだんも研ぎ抜きはするが、基本的に切刃までゴシゴシ磨かない。切れ味は変わらないが見た目の研ぎ痕がくっきり残る。
ただ、和包丁はどうせご本人が研ぎながら使わなければだめなもので、きれいにしてもいっかい研げばムラは現れてしまう。高級割烹料亭でお客様の前で包丁を振るうとかいうのでないかぎり、研ぐたびに切刃をゴシゴシこするなんてめんどくさいことはやってらんないだろうから、研ぎムラのできる包丁はムラが見えるままお渡しした方が、ご自分で研ぐにあたってはその部分が当たればいいのだとわかって、むしろ良いかもしれないとも思っている。

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

和包丁は裏が命

一見きれいに見えるかもしれないが

001_201801191344179f3.jpg

よく見ると

002_2018011913441923e.jpg


刃元の欠けが取り切れない。

なぜなら、


003_20180119132547638.jpg


裏もこんなふうに錆びてるから。
もしかすると貫通しているかもしれない。
錆の深さは研ぎ込んでみないとわからない。

表の錆なら、ふつうは見える範囲を研ぎ込んでいけばそのうち消える。
しかし片刃の合わせ和包丁の裏は、錆を無くそうと研ぎ減らしすぎるとハガネが無くなってしまう。

もしこれがカンナや布切り鋏だったら、刃道に欠けがあると使い物にならない。ダメ元で錆が消えるまで研ぎ込んでもいいかもしれない。
しかし包丁なので、ちょっと欠けがあって引っ掛かりを感じたとしても切れないわけではない。
妥協して使っていただきたい。


ほかにも、

004_2018011913254916d.jpg

005_201801191325508e4.jpg

こんなふうに裏に錆が巣くっている。

拡大。

006_2018011913532328c.jpg

007_20180119135324e42.jpg

008_20180119135325283.jpg

研ぎ減るにつれてこの裏錆が刃線に出てきて、ブツブツと欠けた状態になる。


合わせ包丁の裏は錆びさせてはいけない。

私は、オークションで中古の刃物を物色することがあるが、片刃の刃物で裏の錆がキツそうなもの、裏の状態がわからないものには、基本的に手を出さない。

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

惜しい!

「これ、研ぎに出してもらったことありましたっけ?」

「いいえ、初めてです。」

「へー・・・・」

あるお客さんがもってきた包丁を、しげしげと眺めてみた。
身幅の半分以上まで砥石を当てて、しっかり刃肉を落として研がれている。
しかし肝心の刃先はつぶれていて、大きめの小刃がついたような状態になっている。
指を押し付けてスライドさせてもまったく傷つかない。

002_20180114070014855.jpg

「誰が研いだんですか?」

「自分で研いでみたんですが、ぜんぜん切れるようにならないんです。」

「えー、自分で研いだんですか!」

ふつう、こんなふうに研げる人は研ぎ屋に頼まないのではないかと思うのだが。

004_2018011407001709f.jpg

「・・・惜しいです!研ぎ方は非常にいいです。もうちょっとですね。荒砥石は持ってないんじゃないですか?」

「いえ、荒砥石も持っています。鎌倉彫をするので研ぎはするんですが。やっぱりステンレスだからでしょうか?この包丁は切れるようにならないんです。」

実に惜しい!!
あとちょっとなのに(笑)

001_20180114070013d2a.jpg

「なるほどー!彫刻刀と同じように研いでるんでしょうね(笑)」

自分でも研いでいるという包丁を研ぎに持ってこられるお客さんの、99.99%は、刃先だけ角度をつけて研いでいる。
ところがこのお客さんは側面だけベタっと砥石に当てて研いで、刃先に角度をつけていないのだ。
片刃ならこれでいいのだが。

003_20180114070015c7c.jpg


・側面はたいへん上手に刃肉を落とせている、スバラシイ。毎回研ぐたびに側面も研いだほうがいい。
・刃先だけ少し大きめの角度をつけて研がないと、このままカエリが出るまで研ぎ込むと刃が薄くなりすぎてペラペラになる。
・この包丁は全鋼で、彫刻刀や割り込み包丁ほどハガネが硬く無い。

というようなことをひとくさりブッて、

「がんばってこれからも自分で研いでみて、わかんなかったらまた持って来てください。」

といってお渡しした。
基本的に大変お上手に研いでいらっしゃる。
研いだあとの包丁も撮影したがそう変わり映えしないので載せないでおく。

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

なんじゃこりゃ2

預かったときにはくすんでいたので、なんでこんな刃境線になってるのかわからなかったのだが。

なるほどダマスカスだったのか。
薄く研ぐとこんなふうになるのか・・・・(笑)

DSC01850.jpg

模様をクネクネさせるために先の尖ったハンマーか何かで反対側から叩いたのだと思う。
なんかカワイイ。

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

いい包丁

この仕事をしていると

「良い包丁ってどんなの?」

と聞かれたり、

「あんまり良い包丁じゃないんだけど」

とか

「これって研いでもらうほど良い包丁かしら?」

とか

「この中でどれかいちばん良い包丁選んで(それを研いで)」

とかしょっちゅう言われる。

洋包丁の値段は、

・大きさ
・鋼板の厚み
・柄の構造
・製造の手間
・鋼材

ぐらいの要素でだいたい決まっているようだ。

しかし値段とは別に「良い包丁」の私にとっての定義はもっと単純だ。「持ち主に愛される包丁」である。

高価できれいな包丁でも飾られているだけで使われていない包丁は私にとっては「良い包丁」に見えない。いや、飾って愛でられているなら、それはそれで良い包丁かもしれない。高価でカッコイイ白一水本焼き尺二の柳刃包丁を買ってみたけれど、狭いキッチンで刃を欠いてしまい、研ぐ技術が無いので仕舞い込んでいると錆びてしまった、というような包丁は最低だ。包丁が悪いわけではないし、必ずしも持ち主が悪いとも言い難いのだが、持ち主にとってそれが良い包丁じゃないことは間違い無い。

真っ黒に錆びて刃道は大きく変形してしまい、柄も取れてしまっている、おそらくそれほど高価でも無かったであろう包丁を、

「研ぎ代と柄の交換で3000円かかりますが。」

と言っても

「直してちょうだい」

と渡されるような包丁の方が、私からすると良い包丁である。
どんな素晴らしい新品の包丁もその包丁には代えられないのだと思う。



ただ、問答無用で良い包丁だ、と思うものも中にはある。

これもそういう包丁。

010_201712090651200de.jpg

011_20171209065123128.jpg


「頂き物で錆びてしまっているんだけど、研ぐほどのものかしら。」と持って来られた。

源正金の牛刀。関のOEMでは無い、本物。

いやいや、ぜんぜんもう、むちゃくちゃ良い包丁ですから。
それにしてもよく残っていたもんだ。
包丁は一生物とか孫子の代までとかよく言われるけど、良い包丁をしっかり研いで良い状態で使い続けると、一般家庭でも10年ぐらいでかなり小さくなってしまうと思う。良い包丁ほど使われるので残らない。
使わなくなって錆をまとうと捨ててしまう人も多いと思うし。

黒錆は残しておくかどうか確認したが、せっかくなのでひととおり磨いてほしいというご依頼であった。

001_2017120906515744b.jpg

002_20171209065159f60.jpg

003_2017120906520230f.jpg

004_20171209065203906.jpg

005_201712090652074ba.jpg


正金は、何がすごいかっていうと、厚みの抜き加減がスバラシイのだ。

006_20171209065201c34.jpg

こんなに薄く研ぎ抜いている包丁は他には見たことが無い。

刃線に沿って3mm幅のマスキングテープを貼って、刃線から約3mm離れた部分の厚みを、先端から刃元まで何か所か測ってみた。
小さい方が平均して0.5㎜台の前半。
大きい方は、刃元付近以外は0.4㎜台だった。
斜辺が3mmで底辺が0.5㎜の二等辺三角形の頂角は10度以下になる。
こういう薄さになると、へなちょこな鋼材では簡単に塑性変形してしまう。
硬すぎたり粘りが無いと割れてしまう。
こういうところまで絶妙に成形するとき、鋼材の質や焼き入れの良否が問題になるのだろうと思う。

源正金はもう会社が無いので入手困難だ。
そういえば一竿子忠綱の牛刀もウスウスだったなあ。いつか入手して測ってみよう。

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

タダフサ

001_2017110308255593c.jpg

タダフサの三徳包丁は素晴らしい。
何が素晴らしいかって、形が素晴らしいのだ。

ふつうの包丁は側面を砥石に当てて研ぐと、

こんな感じになったり、

01_20171104060029b30.jpg


こんな感じになったりする。

02_201711040600301af.jpg

しかしタダフサの包丁はこんな感じになるのだ。

03_20171104060032d53.jpg

当たり面が湾曲するのは側面がまっ平らないしきれいな曲面になっておらず、うねりがあるからだ。(当て角や力加減や砥石の平面崩れの問題もあるが。)
うねりがある理由はいろいろ考えられるのだが、材料の鋼板がもともと平らではないから、という理由が一番ではないかと思う。
平らではないといっても、通常は砥石に当ててみるまで目視でも指で触れても判別できないような程度だから、実用上の問題は全く無い。

タダフサの包丁の側面にはなぜうねりらしいうねりが無いのだろうか。
材料の鋼板そのものの平面精度はほかの包丁と変わり無いと思う。
おそらく、側面全体をかなり精緻に研ぎ込んでいるのだ。
タダフサの包丁は、刃縁の肉が薄い。
おととい、スーパーで貯めたポイントで安く買ったという新品の柳宗理の包丁の刃付けをしたのだが、新品の段階で刃線から3mmぐらいの部分の厚みはおおむね0.7mm台ぐらいだった。
いっぽうこの写真のタダフサの包丁は使用品で、研ぐ前は細かい欠けもいくつかあったのだが、「研いだことは一度も無い」とのことだった。おなじあたりの厚みを調べると0.5mm台ぐらい。これは相当な薄さなのである。たった0.2mmの違いなのだが、使ってみると誰でも明らかな違いを感じると思う。

材料の鋼板は同じようなものでも、刃先がこれほど薄くなるように側面全体を精緻に研ぎ抜いた結果、タダフサの包丁は、もとの鋼板にあった微妙な凹凸が無くなっているのではないかと考えられるのだ。
逆にいうと、本来あるのがあたりまえの側面のうねりが、タダフサの包丁には無い。
研ぎ屋としてはそういうニッチなところでスバラシイ!と感激するのである。

こういうものをテキトーな研ぎ屋に研がせると、刃先だけ大きな角度をつける乱暴な刃付けをしてしまい、元の包丁の良さが台無しになってしまうので注意が必要だ。簡易研ぎ器の類を使うこともあまりお勧めできない。

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク