FC2ブログ

ダメ、ぜったいダメ。

さいきん何件か連続。
ぜんぜん別のところで預かったもの達なので、同じ人の手によるわけでは無いはずなのだが。

003_20190412094402dfd.jpg



ちなみにこれは分解したハサミの裏側の写真。

005_20190412094639070.jpg


何がいけないのかというと、「触点」が削られてしまっているのだ。


触点というのはこの部分。

触点

「点」ではなく線というか面なのだが、横から見ると

触点2

点に見えるから触点というのかもしれない。

この図のように鋏の刃体は少し湾曲していて、二枚の刃体の間に隙間ができる構造になっている。
二枚の刃体が交差してものを切る部分を私は勝手に「切断点」と名付けているのだが、この切断点が、ハサミを開いたときから閉じていくに従って、刃線上を手前から切っ先に向けて移動して、ものを切ってゆく。
切断点と反対側の支点が触点なのである。
触点は、少し盛り上がっているのだ。
みなさんの手元にある文房具鋏やキッチン鋏を見ても、この構造はあんまりはっきりしていないかもしれない。
理美容シザーや裁ち鋏のようなしっかりした作りのものは、しっかりはっきりしている。

で、この触点が削れて高くなくなってしまうとどうなるかというと、

004_20190412094403a21.jpg


こんなふうに閉じた状態でも刃先が浮いたままになってしまって、ネジを締めてもこれ以上締まらないのだ。

幸いこのハサミは他の部分に致命的な変形が無かったので、先が空いてしまうことさえ我慢すれば、ふつうに切れるようになった。

しかしこのご依頼はちょっと厄介で、

「大人が使うと切れるけど子供が使うとうまく切れない。」

という内容。
もしかすると、手が小さくて指輪(しりん)に指を通しても刃体を擦り合わせる方向に力が作用しないのかもしれない。
実際に使ってるところを見ていないのではっきりわからないのだが。

とりあえずほかの部分は直したので大人の方が使うぶんには「とても良く切れるようになった」とご連絡を頂いたが、子供さんがどうだったかはわからない。

で、いちばん初めの写真を再掲するが、

003_20190412094402dfd.jpg

この斜めに走った研削痕からして、砥石なりヤスリなりグラインダーで削られていることは間違いない。
そして、ご自分で分解したことは無いそうだから、修理に出したときにやられてしまったっぽいのである。

お金をもらって仕事をしているプロとしては、あり得ない作業である。
上手とかヘタという問題では無い。失敗したとか成功したとかいう問題でもない。知っているか知らないかという問題だ。
修理しますよと言って預かって、お金をもらってこんなことをしてるんだったら、弁償しなければいけない所業だ。

それで、更に暗澹とするのは、これをやった人は同じ作業をほかのハサミでもやっているだろうということ。そして、まったく違う地域で同じような症状のものを何件も見かけているので、こういうことをする業者がたくさんいるらしいということである。

見分けることは不可能だ。私も作業しているところを見ないかぎりわからない。

お客さんに対して、どうすればいいのかという解法をご提案できないことに、一番暗澹とさせられる。

テーマ : ハサミ
ジャンル : 趣味・実用

鋏正宗の裁ち鋏 B-A

裁ち鋏研ぎのビフォーアフター。

101_2018092110150884b.jpg

実際の感じは、下の刃体の錆はそれほど赤く見えなかった。
バエ狙いでコントラストと彩度を調整したのでひどく見えている。

いずれにしても、表面はどれほど錆びていても見栄え以外は大した問題ではないのだ。
問題なのは裏である。

102_2018092110151030c.jpg

裏は表ほど錆がひどくない。
上下の刃体とも、下側の側辺が刃線である。
問題は刃線にかかる錆の深さだ。
刃線の部分の錆が、一箇所でも深いと、布切り鋏の場合はそこだけ糸が切れなくなってしまう。
すると布の繊維の一本だけが切れずにつながたままという事態になる。
理美容鋏でも髪の毛が一本半分だけ切れて残ってしまうといった事態になる。
紙は、一本一本の繊維が弱く、糊で緩やかに固められているだけなので、繊維が2~3本切れ残っても気づかないうちに千切れてしまうので、刃線にちょっとぐらい傷があっても支障は無いのだ。
布切り鋏や理美容鋏の修理がシビアなのはそういう理由である。

103_2018092110151439c.jpg

裏錆がきれいになるかどうかは、研いでみないとわからない。
幸い、このハサミはきれいになった。
布を切る関係の仕事で実際に使われていたようなので、見かけはともかく切れ味はそうひどく無かったのだろう。
鋏で錆が深いものはたいがい、錆びたからどうしていいかわからず長いあいだ放置していた、という類のものだ。

106_20180921101516cd9.jpg

105_20180921101519d26.jpg

けっこう良いハサミじゃない、と思いながら赤錆を落としてみたら、鋏正宗だった。

107_20180921101517b76.jpg

鋏正宗は兵庫県小野市にある吉岡刃物さんの銘である。
鋏正宗は植木関係の鋏をよく研ぐことがあるが、裁ち鋏はおそらく初めてだ。関東は今でも東鋏系が多く、播州の鋏は美鈴の製品ぐらいしか見かけない。
いずれにしても、しっかりした高品質の鋏を作っていらっしゃる会社だ。

どこで買ったんですか? と、お客さんに尋ねてみたが、先輩から頂いたものだということで、よくわからなかった。

裏の錆だけは気を付けてください。

錆が落としづらければ、錆び落としだけでも対応するので早めに持ってきてください。

テーマ : ハサミ
ジャンル : 趣味・実用

ナンギな裁ち鋏

以前、裁ち鋏のネジを交換したお客さんが、再度いらっしゃった。
ご主人が仕事で使っていて、硬いものや分厚いものを切っているらしい。
ハサミの形がくるっていて、ネジが摩耗して変形してしまっていた。

修理交換してから半年ほどしかたっていないのに、また形が変形してネジも摩耗した状態で持ってきた。
使うハサミ自体を、庄三郎の硬刃あたりに換えた方がいいんじゃないですか、というと、前のものがこうなったわけではなくて交代で使っていた別のもの、ということだった。少しほっとした。

このハサミも、ネジがけっこう摩耗していた。
しかしそれ以前に、「反り」が無い。
かなりネジが深く締め込んであったので、切れ味の悪さを解消するために、自分でネジを強く締め込んでいるのではないかとおもわれた。

まず「反り」を調整しないことにははじまらないので、分解してため木などを使って曲げてみたのだが、仮り組みして調子をみてみると、なぜか反りができていない。

何か変だと思いしげしげと観察してみると、なんと、「触点」が無くなっていた!
「触点」というのは、ハサミの裏の、ネジ穴より少しハンドル側にある、刃体同士が接触する出っ張った部分だ。触点というが、点というより線ないし面である。ハサミは、刃線上の一点と、触点が、常に接触した状態で動作している。触点はとても重要な構造部分なのである。

http://hamonotogiya.blog75.fc2.com/blog-entry-43.html
http://hamonotogiya.blog75.fc2.com/blog-entry-47.html

ふつうのハサミと並た写真。
DSC00157.jpg

普通のハサミの状態
002_20170120094748932.jpg

摩耗して平らになってしまっている
004_20170120094751009.jpg

もう一方の刃体、ふつうの状態のもの
003_20170120094749db2.jpg

摩耗した状態
005_20170120094752000.jpg


ネジを強烈に締め込んでいたらしい証拠に、表も座金の部分が摩耗して凹んでしまっていた。

006_20170120094805046.jpg

007_20170120094806751.jpg


こんな症例は、初めてだ。
いろいろ考えてみたのだが、さすがにちゃんと修正する自信が無い。

もしかして、と思って訪ねてみたら、ご主人は左利きとのこと。それも関係していたのかもしれない。
安い文具ハサミなんかの方が、反りが無くてまっ平らに近いから、左手でも右手でも問題なく切れてしまったりするのだ。そのかわり高い精度は望めず、調整もできないし、長時間使っていると疲れる。
裁ち鋏や理美容鋏は右利き用は右手で使ったときスムーズに機能するようエルゴノミクスデザインになっている。
http://hamonotogiya.blog75.fc2.com/blog-entry-107.html

逆の手で使うと安いハサミより切りにくくなってしまうのだ。
もしかすると、安いハサミと同じように、反りの隙間を無くしてしまえば切れると思ったのかもしれない。


ともかく、「ハサミが切れなくなった」という理由で、ネジを締めて切れ味をよくしようとすることは、ご法度である。禁止だ。
ハサミの構造をよくわかっている人以外は、ぜったいにやっちゃダメ。反りが無くなってしまう。致命的なダメージに繋がる。

このお客さんのご主人には、特注してでも、庄三郎の硬刃の左利き用を使っていただきたいと思う。
もしどこかに残ってるなら、増太郎のSLDの左利き用でもいい。

ちっちゃいハサミ。反りハサミ。

爪の生え際の甘皮などを切るのに使っている、というハサミ。

00030003_201605200936528fd.jpg

ちっさー。
しかも反り鋏だし。

00020002_20160520093651cdf.jpg

00010001_20160520093649847.jpg


「とりあえずやってみます」
と言って預かる。
曲がり具合が繊細だし研ぎシロが少ないので、クリティカルな瑕疵があると修正できないのだが。

00060006_20160520093709611.jpg

00050005_20160520093656dee.jpg

00040004_20160520093654186.jpg


クリティカルな瑕疵が無かったのでちゃんと切れるようになった。

動画はこちら。
刀研ぎの艶砥みたいにうっすーく砥石を削るところからはじめる。

これは私じゃない。

前回のブログで折ってしまったハサミはこの中の一本なのだが、

00010001_201605200847415b7.jpg


他のハサミにも問題が。


切っ先のハガネが割れて脱落している。
先がそろってない。
表にタガネか何かで叩いた痕がある。
00020002_201605182148433ec.jpg
叩いたらしい痕があるので前に誰かが研いだときにこうなったんじゃないかと思う。
こんなのチョイチョイと削って揃えればいいだけなのに。


裏の先の方にヒビが!
00030003_2016051821484571f.jpg


これは、閉じた状態で先が開いてる。
00040004_20160518214846b60.jpg
ちなみにこのハサミは、イボを削っても別の場所が当たって先が閉じなかった。
たまにそういう鋏もある。
だけど観察すればどこが当たっているのかすぐわかる。チャッチャとヤスリで削って簡単に調整できる。


上のものとは別のハサミで、同じようにヒビ。

00050005_20160518214847501.jpg
00070007_20160518214935c7d.jpg

点錆はなるべく削りきってしまいたいのだが、割れるのが怖いので、ここまでで返却。
極薄の布でなければこの状態で問題なく切れたので、当面このまま使っていただくことにした。
いずれ布が引っかかるようになったり割れたりしたら、ヒビのところまで先を詰めるしかないだろう。

しかし、研いでいて、この状態に気付かないとは到底考えられないのだが。
切っ先を叩いて曲げようとするなんてプロだとしたらキチガイ沙汰の所業である。

前回の記事の折れたハサミも、反りを調整するためにちょっと力を入れだけであっさり折れてしまったので、もしかすると叩かれて内部にクラックが入っていたのかもしれないと思っているのだが、折れたあとではもうわからない。
困ったもんだ。

やっちゃった!

00040004_20160515093146e8a.jpg

先が折れてしまったハサミ。
これまで2回目・・・いや、3回目の失敗。
幸い、お客さんには代替品の提供でご容赦して頂けた。

今回はしかし、あまりにもあっさり折れてしまった。
見た目が新しくきれいなハサミだったので油断していた。

00050005_20160515093148821.jpg

00070007_20160515093150fd3.jpg

表面の凹凸が気になる。
孔食か?
先の鋭い何かで叩いたのだろうか?

00060006_20160515093149651.jpg

黒錆の気配は全く無いので孔食ではない。
外圧をかけたのであれば周辺が盛り上がるなり凹むなりしそうだし、穴の形状や奥の形状もマチマチだ。
すると、もともと凹んでいたということだろうか?

新品でこんなデコボコがあったとすると、ブレードの部分も鋳型で作られたハサミかもしれない。
今の裁ち鋏は、柄の部分はほとんど鋳型に溶けた金属を流し込んで作る鋳造で、刃の部分と溶接しているのだが、これは刃の部分も鋳造ということだろうか。凹凸は鋳型に鉄を流し込むときに空気か夾雑物が混入した痕ではないか。


断面。

00090009_20160515093207153.jpg

00080008_201605150932069e9.jpg


ハサミ以外で折れた刃物鋼の断面を撮影したことが無いので(グラインダーなどで切断したものならあるが)、ふつうどうなるのかわからないが、脆そうだなあっていう雰囲気。思い込みかもしれないけど。

どうしたら折損を回避できるだろうか、ということを考えるのだが、今回については今のところちょっと思いつかない。
表面がデコボコのハサミにはとにかく気をつけようと思う次第。

テーマ : ハサミ
ジャンル : 趣味・実用

ナンギなハサミ研ぎ

かなりナンギしたハサミの修理。

よく直ったと自分でびっくり(笑)


テーマ : ハサミ
ジャンル : 趣味・実用

ハイネッタ?

オークションで、1800円ぐらいで落札したメーカー不明のカットシザーを分解してみたら、スペーサーが入ってた。

ハイネッタ??

002_201503132356226b8.jpg

だけど、触点はある。

こんな刻印。

003_20150313235623fc7.jpg

素性をご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
まあ、よく切れるからいいんですが。

テーマ : ハサミ
ジャンル : 趣味・実用

仕事はじめ

あけましておめでとうございます。
昨年は多くのご支援ありがとうございました。
本年も一層のご指導ご鞭撻を賜わりますようお願い致します。


さて。

今年の初仕事は年末から溜まっていたハサミ。

裁ち鋏を先端から見たところ。
001_20150103132351f48.jpg

裁ち鋏を閉じて隙間の具合を見る。
002_20150103132352cbb.jpg

この「反り」は正常で、問題無い。
ちゃんと切れる。
だけど、諸事情でもっとスムーズになるように反りを小さくした。
お客さんに届けてみてやっぱりダメならメーカーに頼むしかないかもしれない。
無事に、満足してもらえる状態になったみたい。


別の、かなり研ぎ減った裁ち鋏。
分解して刃元周辺を裏から見た写真。
003_20150103132354972.jpg

これだけ研ぎ減ってると、、

004_2015010313235523d.jpg

ここを削ってあげないとダメ。
理由は鋏の修理をする人ならよーく考えればわかると思う。
元の状態では切れないはず。
理由を考えずにいくら研いでも刃が減るだけで切れるようにならない。

変わったハサミ

001_201412251057201be.jpg

002_20141225105721c34.jpg

片方の刃が鎌みたいに反ってる。
形は剪定鋏(せんていばさみ)に似ている。
肉を切るのに使っているそうだ。
ハサミはその用途に応じて何が切れれば合格というゴールを決めるのだが、キッチンで使うようだからビニールが切れればOKだろう。

前の週に同じ形のものを研いだのだが、たぶん切れるようになったからもう一本持って来たんだと思う。

しかしこのハサミ、なぜか切れるようにならず悩まされた。

ハサミが切れないときは、研ぎながら考えてはいけない。
刃先を鋭くすれば切れるようになるわけでは無いからだ。
原因を考えずむやみに研いでいるとすぐに身幅が減ってしまう。

剪定鋏というのはこういっちゃなんだが難しく無い。
切るのが枝や葉っぱだからだ。
厚みがあるしシャンとしてるので、刃がついてる側を鋭く研げばよく切れる。
受け刃はよほどガタガタでない限り切れ味には関係無い。そもそも刃がついてないし。

ビニールは薄くて柔かいので、刃と刃の間に少しでも隙間があるとそこに滑り込んで逃げてしまうのだ。
新聞紙よりかなり切りにくい。
柔の方が剛より切りにくいのである。

締まり具合や反りを調整してみたがどうも上手く行かない。

ふと、剪定鋏のように研いでいたかもしれない、と思い立った。
内反りしている方の刃を、カエリが出るまでちゃんと研がなかったかもしれない。これは剪定鋏と違って受け刃の方にもちゃんと刃がついてるから。

小割れ(砥石の欠片)で研いでみる。
刃角度を安定させづらいけどやむを得ない。

黒いのが120番の荒砥、白いのは天草の白、黄色は北山。サイズはキャラメルよりちょっと大きいぐらい。
003_2014122510572295a.jpg

無事に切れるようになりました。

変なハサミ、とか考えないで普通のハサミと同じように研げばいいだけだった。

一般の人は小割れなんか入手できないが、市販のスティックシャープナーでいいと思う。目の細かい棒ヤスリでもいい。写真には北山が写ってるけどそんなに細かいの要りません。
仕上げが細かすぎると却って切る物が滑って逃げてしまう。
すごく逃げやすい布を切るという人は、片方だけ荒砥で研ぎっぱなしにすることもあるぐらい。
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク