日本の刃物の特異性

● 諸外国の刃物と比較して、日本の刃物に見られる最大の特徴は、刃物の複合構造にあると思う。
「合わせ」や「割り込み」といった、柔らかい地金と硬い刃金を接合する技術だ。

それらは刃物にとって何の役に立つのか。


● その説明の前に、刃物の基本を踏まえておく。

刃物で物が切れる理由は、鋭い刃先に力を集中することができるからだ。

スノボを履いて新雪の上に乗っても埋まらないが、ブーツだけで立つと埋まってしまう。それは単位面積あたりにかかる力が違うからだ。スノボとブーツの底では接地面積の広さが10倍ぐらい違う。同じ体重でもブーツで雪の上に立つとスノボを履いたときの10倍の力で雪を押しているのだ。
同じように、刃物も刃先を薄く鋭く研ぐと切る対象物に接する面積が小さくなるので、同じ力を加えても単位面積あたりにかかる力は大きくなる。良く研いだ刃物の刃先は1/1000mm以下の薄さになり、物を指先で押すのと比べて何百倍もの力を加えることができるのだ。

刃先をどれだけ薄くできるのかは刃物の硬さによる。
たとえば柔らかいアルミ缶は、薄いとぐにゃぐにゃ曲がるので、1回や2回なら物を切れるかもしれないが、切るための道具としてはすぐに使い物にならなくなるだろう。1/1000ミリといった薄さになると布のようにペラペラ曲がって物を押すことができないと思う。
柔らかい物はこのように、力が加わるとぐにゃぐにゃ曲がったりちぎれてしまう。
「硬い」ということはつまり、すごく薄くなっても曲がったりちぎれたりしにくいという性質のことなのだ。

だから、硬い材料でできた刃物ほど、刃先を鋭くすることができて、切れ味が良くなるのである。

ところが硬いという性質は、同時に、脆い、つまり壊れやすいという性質も併せ持つのである。

あらゆる物質は小さな粒子の集合体である。硬いということは粒子同士の結合力が強いという性質と、粒子間の距離が伸び縮みしないという性質を併せ持つ、ということだ。
粒子同士の結合力が弱い物は割れたりちぎれたりしやすい性質を持つ。
粒子同士の距離が伸び縮みする物はぐにゃぐにゃ曲がるのである。
柔善く剛を制すというが、ぐにゃぐにゃ曲がる物が硬いだけの物より得てして強いのは、外から加えられた力を周りの組織に分散して広い範囲で吸収することができるからなのである。硬い物質は力が加えられた狭い範囲だけで頑張るから、限界を超えると割れたりちぎれたりしてしまうのである。

硬いだけの刃物を作ることはできるが、それはガラスで作った包丁のようになってしまい、落としたり少し乱暴に扱うとすぐに割れてしまい、実用的では無いのである。


● 以上を踏まえて、初めに戻って複合構造になっている刃物の利点を説明する。

日本の刃物が柔らかい地金と硬い刃金を接合した構造になっている理由は、刃先を鋭くしながら、同時に折れたり割れたりしにくいという性質を持たせるためなのである。

片刃の和包丁であれば、表が柔らかい地金で裏が硬い刃金になっている。「合わせ」とか「霞」とか呼ばれる包丁だ。両刃の包丁は中心が硬い刃金で、その両側を柔らかい地金が包み込んでいる。「割り込み」と呼ばれる包丁だ。
このほかに、地金と刃金の区別はないが、刃物を硬化させる焼入処理のとき背側だけに土を盛って硬化しないように工夫して硬軟の差をつけた「本焼き」という包丁もある。

これらの技術は日本刀の造り方に由来すると考えられるが、日本刀にはもっと多くのバリエーションがある。
たとえば割り込み包丁の逆で外側全体が硬い刃金で中心に柔らかい地金(芯金)が入った「甲伏せ」や「四方詰め」、割り込み包丁のような構造の板を折り畳んだ「マクリ」など、流派によって20種類以上の構造が知られている。


● このような複合構造は、日本では明治時代の野鍛冶が作ったクワやスキにも当たり前に見られるのであるが、何故か外国の刃物にはアジアにもヨーロッパにも見られない。
日本ではいつ頃からそのような構造の刃物が作られ始めたのだろうか。
「古代刀と鉄の科学(石井昌國・佐々木稔/雄山閣)」によると、なんと弥生時代の刃物には既に合わせ鍛えが見られるというのである。
日本に鉄が伝わったのと同時期には合わせ鍛えが行われていたとすれば、その技術も大陸伝来の可能性がある。しかし現代の中国でも朝鮮でも、実用刃物にも刀剣などの武器にも合わせ鍛えの構造を持つ刃物は見当たらない。だから、もし仮に古代にそのような技術があったとしても、発達せず途絶えているのだ。

切れ味が鋭く折れにくいという性質は、刃物を乱暴に打ち付けて使用する刀剣にとって非常に有益な性能だ。相対的に軽くて丈夫で切れ味の鋭い刃物を作ることができるからである。諸外国に合わせ鍛えされた刃物が存在したにもかかわらず、必要性が無くなって伝承されなくなったとは考えにくいのである。


● では、諸外国の刃物にこういった構造が見られないのは何故だろうか。

日本で独自に開発された技術であって、日本から諸外国へ伝わることが無かったという可能性もある。
しかし遅くとも室町時代に行われていた明との勘合貿易で日本からの輸出品に刀剣が含まれている。日本刀は現代でも鎌倉時代の古刀の評価が最も高いので、その後の室町時代の刀は既に完成された形である。
但し戦争における武器としての刀剣は、この時代には既に日本でも中国や欧米でも主武器ではなく、大陸では爆薬が使われていたし日本でも弓や槍の方が有効だった。実用道具では無く装飾品の一種に過ぎなかったために流行らなかったのかもしれない。


● もうひとつ考えられるのは砥石の問題だ。
日本の丹波地方で産出する仕上砥石のような繊細な刃付けができる砥石は世界中でほとんど見られない。アメリカのアーカンサスストーンの良質なものはかなり粒度が細かいらしいが、それぐらいだろう。
砥石自体はアジアでもアフリカでも使われているところをテレビなどで見たことがあるが、日本だと金剛砥と言われる荒砥石に分類されそうなものばかりだった。
あれでは1ミクロンというようは刃先に研ぐことはできない。

日本は仕上砥石にあたる京都産の合砥だけではなく、いろんな硬さや粒度の砥石が各地で多数産出している。九州の天草砥、対馬砥、四国の伊予砥、和歌山の大村砥、丹波の青砥、愛知の名倉砥などである。
これらが無ければ、日本の刀剣に武器として鋭い切れ味を持たせることができないだけでなく、磨き上げて美術品の域まで高めることはできなかっただろう。
刀そのものも作刀技術も中国や朝鮮にに輸出できたかもしれないが、それを維持管理する道具が彼の地には無かったと考えられる。
日本刀は明治から戦後にかけて多くが海外に土産物として輸出されているが、ろくに管理されることなく錆び身になってしまっている物が多いそうだ。海外で仕事をする日本刀の研ぎ師もいるが、砥石は日本から入手するしかない。人造砥石も海外では日本のような四角い物は作られていないようだ。電動研磨機用の物ならあるが。

複合構造で研げば鋭い刃をつけることができる刃物を造っても、海外にはそれを1ミクロン以下の鋭さに研ぎあげるための砥石が無い。それが、海外には日本のような複合構造の良く切れる刃物が見当たらない理由かもしれない。


研究者ではないので想像するだけだが、良く切れる刃物が食文化だけに限らず日本の文化全体に大きな影響を与えて来たとのではないかという想像は強ち誇大妄想では無いように思える。
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

骨髄バンク

骨髄バンクにドナー登録してきた。

友人の高校生の甥が白血病だという。親族の適合者から移植を受けたが、残念ながら再発してしまったそうだ。そのことをFBに淡々と綴る友人の文章が秀逸で、病に罹っている当人の勇気とご家族の悲嘆に心を揺すぶられた。しかしその友人を励ましても意味が無く、適当なコメントも手伝える事も何も思い浮かばない。そこで半ばマスターベーションに過ぎないけれど、気持ちが褪せてしまわないうちにドナー登録をしてみようと考えたのである。

調べてみると、骨髄ドナーは負担が非常に大きいことがわかった。
骨髄液には血液型のような型が数万通りもあって一致する可能性が低いのだが、一致する患者がいると連絡が来て、再検査や健康診断などで最終的な意思確認までに何度も病院へ行く必要があり、期間も1~3ヶ月かかる。さらに提供が決まると骨髄液か末梢血管細胞というものを採取するために4~7日ほどの入院が必要なのだ。これらに対して報酬も休業補償も無い。
このため、ドナー登録者は日本に30万人ほどいるそうだが、適合者が10人ぐらい見つからないと実際の提供には至らないのだそうだ。そもそも30万人というドナー登録者数自体も日本は先進国では最低レベルなのだそうである。

登録だけなら簡単だ。
電車で中野まで行く用事があり、ちょうど乗り換えの新宿にある献血センターで登録ができるという。

電車には久しぶりに乗った。
練馬から中野へは車でも自転車でも30分ほどで着くが、電車では池袋と新宿を経由しなければならず1時間ほどかかる。

あまり乗らないが電車は好きだ。
吊革や手すりを持たずに立って、足底で重心を感じながらバランスを取るのが楽しいのだ。
常に両足の土踏まずに均等に重心がかかるようにし、心持ち膝を曲げて電車の揺れにすかさず対応できるよう構えておく。
加速から定速走行に移行し、やがて減速して駅が近づく一連の電車の挙動を感じることができる。カーブやポイントの上を通過している状況もわかる。地図で路線の位置を確認しておけば、地下鉄でも『いま東池袋で曲がっているな』などと想像ができる。
先頭車両で進行方向を見ながらこれをやると、バランスを取るのは少し簡単になってしまうが、景色が楽しい。
運転手の腕もわかる。上手い運転手は加速や減速の速度調整がスムーズで、停止するときもほとんどショックを感じない。それでいて乗降位置にピタリと停める。おまけに時間も数秒単位で正確なのだ。
毎日同じ路線を走っているとしても天候や乗客の数によって加減は変わるだろうから、達人技なのである。

数年前に副都心線ができたおかげで中野までの乗り換えは1度でよくなった。
以前は自転車で30分の中野へ行くのに、電車代を払うのに2回も乗り換えして倍以上時間が掛かっていたのだ。

歩道にはまだ雪が残っていて歩きづらかったが、地下鉄の新宿三丁目駅からJR新宿駅までは、幸い地下街の通路でつながっていた。
献血センターはちょうどその地下通路の途中にあるビルの6階にあった。

献血は何度もしたことがあるが、献血センターに行ったのは初めてかもしれない。
病院のようなところを想像していたが、施設の中は健康的な空気感だった。明るく、清潔で、アルコール臭も無く、気忙しい地下街より少しゆっくりと時間が流れている。
仕切りの少ない開放的な空間で、働いている職員も献血に来ている人達も、表情や言葉や所作に健康さと精神の善良が滲み出しているようだった。
私の前では5~6人の制服の女子高生がわずかに上気した様子で会話していた。
派手なジャケットを着て革のブーツを履いた背の高い若者も穏やかな目で職員と会話していた。

受付に、予め記入して持って行った申込書を示すと、

「ドナー登録ですか、ありがとうございます。ではこちらをお持ちになって。」

と、他の来場者とは違うファイルを渡された。
多くの来場者は献血に来ているらしく、特別扱いされたようで、ちょっと偉くなった気になった。心なしか女の子達がチラチラ見ているような気もする。
血圧を測定して指示されたブースに入ると、壮年の医者がいて簡単な問診を受けた。
すぐに奥の広いスペースに移動して小さな注射器一本分の血液を抜いた。
担当した年配の女性看護士さんに聞いてみる。

「提供するときは全身麻酔だそうですけど、ふつう体調は何日ぐらいで戻るんですか?」

「人によるんですけどね、私の主人も適合する方がいて提供できたんですけど、すぐに良くなったみたい。体力なんかにもよるから、、」

「入院て何日ぐらいですか?」

「病院にもよるみたいですよ。早く出したいとこだとすぐ出されたり(笑)」

「登録するとすぐに連絡が来たりするものですか?」

「そうでも無いですよ。提供しないで終わる人もいるみたいです。」そして、「適合する人がいるといいですね。」

と言った。

「ああ、ぼくはどっちでもいいんですけどね、患者さんは適合するといいですね。」

私はそう言ったものの、なるほどドナー登録や献血をする人は誰しも、その人自身の中に誰かの役に立ちたいという欲望があるのだということに気付かされ、素直に返事ができなかったことに何か恥ずかしさを感じた。

採血が終わると注射痕をガーゼで圧迫しておしまい。
20分もかからない。
自動販売機のフリードリンクを飲みながら暫く休憩して、建物を出た。


新宿駅の12番線にはちょうど快速が到着したところだった。
中野駅までは一駅である。

家を出てからここまで、電車を待つことも無く血液センターにも迷わず行けて、何もかもスムーズに運んだことに気を良くしていたが、電車から降りたときふと視線を下に落として愕然としたのは、ズボンのチャックが全開していたからだ。前を閉じれば隠れる長さのジャケットだったが、献血センターで視線を感じたのはこのせいだったか。
残念なことに派手なオレンジのパンツだった。黒いズボンの隙間から目立ったんじゃないだろうか。
関連記事

ペティナイフ

ペティナイフはミソノが良い。
薄いから。

メーカーに確認すると、厚みは次のとおりという回答だった。

モリブデン鋼(鍔有り・鍔無し・サーモン共通) 1.7mm
モリブデン鋼 細身 1.6mm
スウェーデン鋼 1.6mm
440 1.6mm
UX10 1.8mm


スウェーデン鋼は錆びやすいが鍛造しているということなので薄いのだろうか。
モリブデン鋼の細身は身幅が狭いので峰の厚みも薄いのだと思う。
UX10だけ少し厚みがあるようだ。

年末に柄の折れたペティナイフを研いでほしいというお客さんがいて、使わないペティがあったので中古で買ってもらったのだが、ハガネの薄いものとハイス鋼の厚めものを何日か使って選んでもらうと、やはり薄いハガネの方が使い勝手がいいとおっしゃった。
ハイス鋼のはだいぶ前に合羽橋の釜浅商店で1万円ぐらいしたものだが、私自身も薄いハガネの方がずっと使いやすいと思っていた。

デメリットは大きかったり硬い物を切るには剛性が足りないということと、刃持ちが悪いことだ。
だから、マルチ用途の三徳や牛刀は必ずしも薄い方がいいとは言えない。
ペティナイフは皮を剥いたり細かい作業に特化するかぎり、薄い方が断然使いやすい。

ハイス鋼のペティナイフは2.2mmぐらいある。これはペティナイフの中でも厚い方だと思うが、貝印や藤次郎や木屋やグローバルやヘンケルスでもミソノのように薄いペティナイフは見たことが無い。


なおこの記事は最近話題のステマでは無いが、ミソノさんが謝礼をくれるというなら遠慮なく頂戴するので申し出てほしい(笑)

余談だが、もし親切な業者さんがお金をくださっても私はそのことをいちいちブログで報告する気はないし、それが道に外れたことだとは思わない。ステマに似たようなことなんて昔も今ももっと大規模に広告代理店がやってるんだから今さら騒ぐことじゃないと思う。
ほしのあきや小森純やピース綾部の本質的な問題は、ブログをわざわざ読んでくれるファンを無責任にカネでペニオク業者に売り渡した点だ。

私はお金を貰おうが貰うまいが良いと思うものを良いと書き、できるだけその根拠も調べて書く。思わない物は良いと書かない。それが私が読者に対する誠意である。


余談ついでにもうひとつ。
ペティナイフというのは和製英語である。
英語版wikiのkitchenknifeのカテゴリーにもヘンケルスのインターナショナルサイトにもペティナイフという種類の包丁は紹介されておらず、アメリカやフランスのグーグルでpetit knifeを検索すると表示されるのはほとんど日本メーカーの小型包丁だ。
欧米ではパリングナイフが日本のペティナイフに相当する。ウィキでは他にスモールナイフとしてトルネナイフ、デコレーティングナイフ、トリミングナイフ、フルーティングナイフが紹介されている。
包丁の種類は確認できるかぎり日本の方がずっと多いが、小型ナイフは欧米の方が細かく分類されている。
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

閻魔様

あけましておめでとうございます。

年明けに長いことサボった自転車で大宮氷川神社まで初詣に行ったら、50キロほど走っただけで筋肉痛気味&風邪気味になってしまいました。
暴排条例とかの関係で暴力団関係者が締め出されてるみたいで、去年から屋台の数が減っている印象。
毎年たこ焼きを食べるんだけど、3~4年前に小麦価格が急騰したときからおそろしく不味くなっていた粉モンが、今年はやっとマトモになった。為替が円安になったら来年以降どうなるかわからないけどね。

縁日のたこ焼きはいまだに粒がデカくて中に入ってるタコもデカいもの、飯蛸が丸ごと入ってるのとか、そういうのばっかりだ。
作る方は楽かもしれない。しかしたこ焼きは小粒の方がぜったいに美味い。店舗型でいまだに大粒のたこ焼きを売りにしてるとこなんか無い。
美味いたこ焼きを作ってくれる縁日の屋台があったら私はヤクザでも大歓迎だ。


閑話休題

庄三郎で使ってたハサミの要ネジのネジ回し。

009_20121009213044.jpg


そこらの道具屋さんに売ってるということだったから探してみると、「喰い切り」という道具がそれのようだった。
しかしニッパーみたいに先が鋭い。ネジや釘の頭を名前のとおり喰い切ってしまうための道具なのだ。
これで挟んで迂闊に力を入れると、ネジを傷つけてしまいそうである。

すると使えるようにするには、刃を潰して当たり面を平らにして、当たりを摺りあわせて・・・めんどくさっ!

と、いろいろ考えてみはしたけれど買わずにいた。

ところが今日、中野の刃物屋さんをちょっと覗いてみたら、ドンピシャな物が売られていたので即決で確保した。

002_20130107172533.jpg


聞くと、これは喰い切りではないらしい。釘抜きだという。閻魔様が舌を抜く道具に似ているので閻魔とも言うらしい。

帰宅後インターネットで検索してみたが、岡山の道具屋さんで売られていただけだった。
それも製造中止で在庫限りと書いているから、まだあるのかもわからない。
和釘を抜く道具だそうだ。

そこらの道具屋に売ってないじゃんw

試してみた。
要ネジを回すには非常に勝手がいい。

安いのでまだ売ってれば予備を確保しておこう。
関連記事

テーマ : ハサミ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク