モリブデン鋼、モリブデンバナジウム鋼の正体とは?

包丁のパッケージによく書いてある呪文、

「モリブデン鋼」「モリブデンバナジウム鋼」

これは一体何か?


まず、鋼とは英語でいうところのスチール、日本語では「コウ」「ハガネ」という。
要は鉄のことである。
鉄はいろいろな元素を添加することによって、硬くなったり逆に柔かくなったり錆びにくくなったり表面が滑りやすくなったり、様々な性質に変化する便利な金属なのだ。
鉄に一定量の炭素を加えた、比較的硬くなるものの総称を鋼という。まったく硬くならないものが軟鉄、鋼よりもっと硬くなるものを鋳鉄という。
鋼にもいろんな種類があるのだが、ともかく、○○鋼と書いてあるものは鉄のことだと思えばいい。
ステンレス鋼も鉄である。鉄に10.5%以上のクロムという元素を加えた鉄をステンレス鋼と言う。クロムを加えることによって錆びにくくなるのである。
(参) 鉄・ハガネ・ステンレス


では、モリブデン、モリブデンバナジウム、とは何か。
モリブデンもバナジウムもやはり元素である。金属元素であり、レアメタルである。

モリブデンは焼き入れ性を良くし、強度や粘り強さを高める。バナジウムは強度を高めたり耐摩耗性を高める。
このほかにも様々な元素が刃物に使われる鋼材を改質するために添加される。
たとえば、ニッケル、コバルト、マンガン、タングステン、銅などだ。
(参)刃物鋼に含まれる元素の効果
コバルト鋼と書かれているものはときどき見るが、ニッケル鋼とかタングステン鋼とかいうのは見たことがない。


ところで。

鋼材には刃物に使われるもの以外も含めると数千もの種類がある。もしかすると刃物に使われる鋼材だけでも1000を超えるかもしれない。それは様々な元素をどれぐらい添加するかによって鋼材の性質が微妙に変化するからだ。用途に応じて様々な鋼材が開発されているからだと言うべきだろうか。

刃物に使われる鋼だけでも、私が把握しているもので数百種類はある。
その中でモリブデン鋼とかモリブデンバナジウム鋼の正体は一体何だろうか?というのが今回のテーマなのである。


「モリブデン鋼」について条件を推測して検討してみた。

1.モリブデンが含まれていてバナジウムは含まれていない(バナジウムが含まれていればモリブデンバナジウム鋼と書くだろうから)
2.日本製の鋼材である
3.具体的な鋼材の名前を書く方が宣伝になるほど有名・高級鋼材ではない
4.ステンレスである(非ステンレスのものは見たことがないため)

「モリブデンバナジウム鋼」は、上条件の1が「モリブデンとバナジウムが含まれている」に変わる。

この条件で抽出してみたところ、


モリブデン鋼に該当しそうなものは、

SUS440A JIS鋼種
SUS440B JIS鋼種
SUS440C JIS鋼種
DSR1K6 大同特殊鋼
DSR1K7 大同特殊鋼
DSR1K8 大同特殊鋼
銀1号 日立金属
AUS7 愛知製鋼
AUS10M 愛知製鋼
VG1 武生特殊鋼材
VG2 武生特殊鋼材

なお、大同特殊鋼の鋼材はバナジウムについての表示が無く「特殊元素添加」とだけ書いてあるので、もしかするとバナジウムが入っているかもしれない。

モリブデンバナジウム鋼に該当しそうなものは、

KAD181 神戸製鋼
SKD10 JIS鋼種
SKD11 JIS鋼種
AUS6M 愛知製鋼
AUS8 愛知製鋼
AUS10 愛知製鋼
VG5 武生特殊鋼材


これが今のところの推測。

刃物屋さん、鋼材メーカーさん、その他答えを知ってる方、支障がなければご教示下さい。
関連記事
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク