変わったハサミ

001_201412251057201be.jpg

002_20141225105721c34.jpg

片方の刃が鎌みたいに反ってる。
形は剪定鋏(せんていばさみ)に似ている。
肉を切るのに使っているそうだ。
ハサミはその用途に応じて何が切れれば合格というゴールを決めるのだが、キッチンで使うようだからビニールが切れればOKだろう。

前の週に同じ形のものを研いだのだが、たぶん切れるようになったからもう一本持って来たんだと思う。

しかしこのハサミ、なぜか切れるようにならず悩まされた。

ハサミが切れないときは、研ぎながら考えてはいけない。
刃先を鋭くすれば切れるようになるわけでは無いからだ。
原因を考えずむやみに研いでいるとすぐに身幅が減ってしまう。

剪定鋏というのはこういっちゃなんだが難しく無い。
切るのが枝や葉っぱだからだ。
厚みがあるしシャンとしてるので、刃がついてる側を鋭く研げばよく切れる。
受け刃はよほどガタガタでない限り切れ味には関係無い。そもそも刃がついてないし。

ビニールは薄くて柔かいので、刃と刃の間に少しでも隙間があるとそこに滑り込んで逃げてしまうのだ。
新聞紙よりかなり切りにくい。
柔の方が剛より切りにくいのである。

締まり具合や反りを調整してみたがどうも上手く行かない。

ふと、剪定鋏のように研いでいたかもしれない、と思い立った。
内反りしている方の刃を、カエリが出るまでちゃんと研がなかったかもしれない。これは剪定鋏と違って受け刃の方にもちゃんと刃がついてるから。

小割れ(砥石の欠片)で研いでみる。
刃角度を安定させづらいけどやむを得ない。

黒いのが120番の荒砥、白いのは天草の白、黄色は北山。サイズはキャラメルよりちょっと大きいぐらい。
003_2014122510572295a.jpg

無事に切れるようになりました。

変なハサミ、とか考えないで普通のハサミと同じように研げばいいだけだった。

一般の人は小割れなんか入手できないが、市販のスティックシャープナーでいいと思う。目の細かい棒ヤスリでもいい。写真には北山が写ってるけどそんなに細かいの要りません。
仕上げが細かすぎると却って切る物が滑って逃げてしまう。
すごく逃げやすい布を切るという人は、片方だけ荒砥で研ぎっぱなしにすることもあるぐらい。
関連記事

帰ってきた包丁

数年前に研いだ包丁。
ハードな環境でがんばって活躍している様子。

001_20141222113625fbf.jpg

002_20141222113627a17.jpg


中子が錆びて柄が膨張していたので、エポキシで埋めたのだが、

003_20141222113742e4d.jpg

004_20141222113744ad5.jpg

これだけ周りが錆びる環境でも内部の錆の進行は食い止めてくれている様子で、なにより。
効果観測にはとてもありがたいお客さんです。

005_20141225104356d70.jpg
004_20141225104355050.jpg
関連記事

銀杏・女子高生・菜切り包丁

或る高校から、授業で使う包丁の研ぎを頼まれた。

15時半以降という約束だったが、10分ほど早く到着してしまった。
銀杏並木と青空のコントラストがきれいな構内で、生徒達が部活動だかなんだかをしているをのんびりと眺めていた。

この学校は制服が無いらしい。
テニスコートでテニスをしている生徒達の服装もバラバラだ。ユニフォームらしきものを着ていないので部活動に見えないのである。
素振りをしたりランニングをしている者も見当たらず、好きなようにコートで打ち合っているように見えるので、部活ではないのかもしれない。大学のサークルのように見える。

そんな学校に、何故か一人だけ制服を着た可愛らしい女生徒がいた。
彼女は私に向かってまっすぐ小走りに駆けてきた。
もしかするとこの人が私に連絡をしてきた先生、なんてことはまさか無いだろうと思い、よくよく見てみたが、どう見ても先生のようには見えず、この学校のどの生徒よりも女子高生らしく見えた。もちろん知り合いであるはずも無い。

駆けて来た女生徒は、爽やかに私のすぐ脇を通り抜けてそのままの勢いで後方に通り去って行った。
後ろの方の校舎に用があるだけのようだった。しかしなぜ彼女だけ学生服を着ていたのかは依然として謎である。

約束をしていた先生とお会いしてお伺いしてみたところ、答えは全く予想がつかないものだった。

「今はそういう制服を売っている業者さんがいるんですよ。」

先生曰く、男子生徒は毎日同じ服でも気にしないようなのだが、女生徒はそうは行かないらしく、毎日着て行く服を選ぶのにかえって困るらしい。そこでわざわざ好きな学生服を選んで着ている生徒がいるのだという。
私服として制服を着ているのであった。
AKBグループが着ているような大きいリボンやフリルのついた制服ではなく、品の良い紺系の学生服らしいブレザーだ。
大学生や社会人ではなく、高校生が高校の制服を着ているのだから何もおかしくは無いのである。

ひとつだけおかしかったのは、そんな彼女の制服のスカートが他のどの生徒より短かったことである。
そこは譲れないのだろうか。


お預かりした菜切り包丁。並べて柄埋め中。

001_20141214164705258.jpg


こんな破損はほとんど見たことがない。どうやって壊れたのかナゾ。

002_20141214164706c8b.jpg
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

磨り上げ

日本刀を短くするために中子を切って刃元を削るという加工を磨り上げという。
包丁も柄の中の金属が腐蝕して折れてしまったものの修理によくこういう作業をする。

003_20141207090542fcb.jpg

これぐらい挿入できれば、エポキシで固めればだいじょうぶ。
004_20141207090544fae.jpg

最終形
005_20141207090545ed1.jpg

この包丁は三徳包丁なんだけど、鍛造品で区(マチ)もつくってあって、けっこう手の掛った包丁。
銘は消えていたのでわからなかったけど。
このお客さんは丁寧な方で、わざわざ電話をかけてきてお礼を言ってくれた。


こちらは逆に長くしたもの。
002_20141207090541a2d.jpg

長くするといっても刃を付け足すことはできない。柄を長くした。
001_20141207090539768.jpg

元の柄を外して長い柄をつけて、グレイの部分は金属パテ。元の柄の形に合うように木を刳りぬければよかったかもしれないが。やったことが無いのでパテを詰めた。初めての作業だけど接着性だから問題無いと思う。


洋包丁だと柄の交換で三千円とか四千円とか五千円とかもらっている。新しいのが買えるような値段だが、いろんな理由でそれでも修理してほしいという道具に対する愛着のあるお客さんにはなるべく対応してあげたいと思う。
意外と手間がかかるので時給換算にすると五百円とかになってしまうかもしれないのだが。
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

ケガ(写真あり注意)

研ぎ屋が指にバンソウコウを巻いてるのはヘタクソの証拠だ。
私もヘタクソなのでよく巻いている。

疲れていたり同じ作業を漫然と繰り返しているときにうっかり刃先に触れてしまうことがある。
そういうときは砥石と刃の接点にも神経が回ってないので研ぎも甘くなっているかもしれない。

刃物研ぎは大してきつい仕事ではないが、疲れていたり風邪をひいてるとケガをして危険なのでムリができない。
いつも元気でなければいけないという意味で体力が必要なのだ。


お客さんが研いだ包丁でケガをしたという話は、

「いつものように豆腐を手に置いて切ったら手まで切れてしまった」

とか、

「主人が『本当に切れるのか?』といって触ったら切れた」

とか、

笑っちゃいけないが笑える話を聞かされる。
切れ味のギャップがあってケガしてしまうので、注意してほしいとは言って渡すのだが。

良く切れる包丁の方がケガをしにくいとか言う人がいるが、そんなことはない。簡単にケガをする。

良く切れる包丁でケガをしないように料理するのが正解。


さて、下の写真はけっこう深い傷であるが、これぐらい切っても実はほとんど出血しなかった。
なぜなら、切れたらすぐに血が出ないよう傷口を指で押さえて、タオルで水気をぬぐって、水仕事用の接着力が強い絆創膏をしっかり貼りつけるから。手当てはそれだけ。消毒はほとんどしない。傷パワーパッドも使ったことがない。
(※消毒が不要というわけではない。)

001_20141201105122837.jpg


写真は帰宅して風呂から上がり、絆創膏を替えるときのもので、このときはじめて傷口を見て、「ああ、けっこう深く切れてるな。」と気付いた。
傷が浅ければこの時点でほとんどくっついていることもある。

傷が治癒する機序には二通りある。
ひとつは破損した部分が盛り上がり、表面が新しく皮膚になる、という形。
もうひとつは、破損した部分がくっつくという形。

良く切れる包丁で切った切り傷は、すぐに圧迫止血すれば後者の形で治ることも多い。すぐ治る。

素人のときよくやったのは、砥石に指が当たって指が削れてしまうというケガ。
これは簡単に治らないので厄介。
刃物研ぎで、砥石に指先が触れるているようではいけない。


***** 追記 2015/3/24 *****

薬局に並んでいた絆創膏を何種類か買ってみた。
001_20150324084301778.jpg

右から
ニッコーバン「水仕事時の保護用に」(日廣薬品)
バンドエイド「水に強いタフガード」(ジョンソン&ジョンソン)
マーキュロバン「指先の保護に」(日廣薬品)
東洋化学「防水絆創膏」(東洋化学)

ニッコーバンは布テープで粘着力が強い。
以前から使っていたのがこれ。

バンドエイドも同じく布テープで粘着力が強い。
ニッコーバンより布が太く頑丈そう。

マーキュロバンは指先全体を覆うタイプで、伸縮布製。
ガーゼが無く、テープの粘着部分全体がくすりになっている。

東洋化学の防水絆創膏は透明なテープ。
水につけてもはがれないが、布ではないのでテープの強度は強くない。

ためしてみた結果、けっきょく元のニッコーバンが私にはいちばん良いと感じられた。
テープに強度があって、ケガをした初期段階でしっかり圧迫止血してくれることが重要だからだ。
その点で、東洋化学の防水絆創膏とマーキュロバンは力不足だ。
バンドエイドのタフガードはニッコーバンと同じような機能で、布の繊維がニッコーバンより太くて頑丈そうなのだが、繊維が端からほつれやすかった。
関連記事
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク