包丁の折れた中子の銀ロウ付け

柄の腐食の最終形。

001_20150131135955b45.jpg

002_20150131135957a0d.jpg

003_201501311401448ea.jpg

ここまでになってしまうと、治せない。
このままでむりやり柄を挿げても、使ってると、そのうちまた折れてしまう。

柄にヒビが入るほど内部が腐食膨張する前に、修理に出さないのが悪い。


残念ですが、あきらめてください。
いらない包丁の回収も、承っております。


お金がかかってもいいので、どうしても修理してほしい?

じゃちょっと、やってみましょうか。

結果保証はできないけど。


初めての作業なので、知り合いに教えてもらったり、いろんな切片を作って試行してみた。
すると、溶接までしなくても、銀ロウ付けで、かなりがっちり中子が延長できるという感触を得た。

ハガネとステンレス。

012_20150131144349294.jpg

ハガネとハガネ。
011_20150131144206554.jpg

どっちもガッチリくっついている。
だいじょうぶそう。


そこで、

1) 廃棄品の包丁から延長する切片を切り出す。
幅、厚み、長さは、挿げる柄の穴を参考に整形。
包丁も接合面を削って、面が合うようにする。

004_20150131140001811.jpg

2) アセトンで脱脂して、専用のフラックスを塗り、銀ロウの強力接合タイプでロウ付け。

005_2015013114000474d.jpg


写真で見ると少し心許ないが、横に曲げないかぎりまず取れなさそう。
引っ張り強度は10キロ以上はある感じ。(10キロの米袋をぶら下げても取れなさそう。)

006_20150131140306971.jpg

これより痩せて強度がなくなった中子でも、エポキシで固めてしまえばどうにかなっている。
接合部分が柄の中にしっかり入るよう埋め込んでしまえば、大丈夫そう。

かなり加熱したので、焼き戻りしていないか不安。
ざっくりだが、ツボ三の硬度チェックやすりを使って、アゴの部分と先端部の硬度を確認してみた。
幸い、HRC60以上はあるようで、少なくともこの時点の刃先は硬度が落ちている様子は感じられなかった。


接合部分をしっかり埋めるためにちょっとずんぐりむっくりになってしまったが、多くは望まないように。

007_20150131140307b15.jpg

008_20150131140308317.jpg


ボンドEセット90分硬化タイプを、隙間に垂らしこんで、48時間経過。

009_2015013114031092c.jpg

010_2015013114031196a.jpg


相当がっちりくっついたと思う。

できれば5年ぐらい経過観察したいところ。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

クイズ

これは何でしょう?

001_20150115170820d52.jpg


































































答えはそば切り包丁を研ぐ台。

002_20150115170821f7b.jpg


包丁を動かないように固定して台から刃先を少しだけ出して、砥石を動かして研ぐ。

003_20150115171948fbf.jpg


固定してしまえばあとは座ってできる単純作業。

しかし120番の荒砥を使ってもすごく時間がかかる。

少しでもカケていると2時間も3時間もかかるのである。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

仕事はじめ

あけましておめでとうございます。
昨年は多くのご支援ありがとうございました。
本年も一層のご指導ご鞭撻を賜わりますようお願い致します。


さて。

今年の初仕事は年末から溜まっていたハサミ。

裁ち鋏を先端から見たところ。
001_20150103132351f48.jpg

裁ち鋏を閉じて隙間の具合を見る。
002_20150103132352cbb.jpg

この「反り」は正常で、問題無い。
ちゃんと切れる。
だけど、諸事情でもっとスムーズになるように反りを小さくした。
お客さんに届けてみてやっぱりダメならメーカーに頼むしかないかもしれない。
無事に、満足してもらえる状態になったみたい。


別の、かなり研ぎ減った裁ち鋏。
分解して刃元周辺を裏から見た写真。
003_20150103132354972.jpg

これだけ研ぎ減ってると、、

004_2015010313235523d.jpg

ここを削ってあげないとダメ。
理由は鋏の修理をする人ならよーく考えればわかると思う。
元の状態では切れないはず。
理由を考えずにいくら研いでも刃が減るだけで切れるようにならない。
関連記事
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク