洋包丁の柄の修理

錆びて片側が外れてしまった包丁。

001_20150430162519325.jpg

002_2015043016252030a.jpg

003_20150430162520265.jpg

004_201504301625216dd.jpg

・逆の柄も取り外して錆を落とす。

005_201504301625221a4.jpg

腐食が進んで穴があいている。
隙間から内部に入ったまま滞留した水分によって赤錆ができ、組織の粗い赤錆の隙間にまた水分が滞留するという悪循環により、中心部から腐食して行く。
外枠はきれいに見えても中心は腐食で貫通してしまっている場合が多い。

006_2015043016262939f.jpg

・赤錆の層を除去。
赤錆は脆く隙間の多い組織で水分を取り込む元になるので、柄の交換をする場合は基本的に完全除去する。

007_2015043016263026b.jpg

008_20150430162631829.jpg

・ヒルト(ツバ)の中の空洞を埋める。
とにかく、なるべくどこにも隙間が残らないようにする。

009_2015043016263307f.jpg

・柄に使う木材はあとの手間を省くためあらかじめ適当な大きさにカットしておく。

・金属パテで腐食した金属面の凸凹を埋めて、ヤスリで平らにする。

・平らにしたら、エポキシ接着剤(ボンドEセット)で片面を柄材に貼り付ける。

010_20150430162635a9e.jpg

・接着剤が乾燥したら穴を金属パテで埋める。

011_20150430162811b7b.jpg

・パテが乾燥したらヤスりで平らにする。

・平らにしたらドリルでリベット穴を空ける。

012_20150430162813040.jpg

・エポキシ接着剤で柄材を貼り付けて乾燥させる。

013_20150430162813f04.jpg

・乾燥したら、再度リベット穴を空ける。

・ベルトグラインダー、リューター、印刀、木工ヤスリ、耐水ペーパーなどを使って柄を整形する。
包丁を挟んでいるのはユニバーサルホビーバイス。
左下のプラスチックの筒は掃除機。

013-2.jpg

・だいたい整形できたら段付きドリルでリベット穴の面取りをする。

・リベットを叩いて打ち込む。

・側面を最終研磨する。整形完了。

・木固めエースで表面処理する。2度塗り。

014_2015043016281683d.jpg

015_2015043016300178c.jpg

016_20150430163001427.jpg

・乾いたら完成。

017_20150430163003c1b.jpg

018_20150430163004918.jpg

019_20150430163006e84.jpg

020_20150430163057c3d.jpg

021.jpg


修理は新品と違って個々の包丁の状態に合わせた加工が必要なので手間がかかる。

柄をつけるだけでは隙間が残るので、同じ様な使い方をしていればまたすぐに錆びてしまうと思うが、こんど錆びると修理は困難だ。ロウ付け・溶接という手もあるが。
安くはない料金だが、それでもやってほしいというお客さんは、買い換えるより長年使い慣れて愛着のある包丁を使い続けたいのだろうから、中がまた腐食してしまうようなことが無いよう、できるだけのことはしたいと思うのである。

どんな包丁が良い包丁なのですか、としょっちゅう聞かれるのだが、そんなことは人によっても違うし使う目的によっても変わるので何とも言えない。しかし逆に言うと、使う人と目的が決まればそれに応じて良い包丁というのも決まってくるのだ。
その上に、自分で研いで修理して使い続けた思い出や愛着が加わることで、その人にとって本当に良い包丁が育てられてゆくのだと思う。
高いお金を払っても修理してほしいという包丁は、それがどこのメーカーのどんな種類で、どんな鋼材を使ったいくらの包丁であるかということに関係無く、依頼した人にとってこの上なく良い包丁に違い無いと思うのである。
関連記事

ザンネンな研ぎ

ザンネンな研ぎの例。

表:小刃があまり見られない。
ちなみに、小さな欠けは研いだ時点でのものではなく、その後の使用で生じたと推測される。
002_201504281336199a7.jpg

裏:左利き用ではないのに裏面だけかなり寝かせて刃付けされている。
小刃の幅がガタガタで一定していないので、砥石幅の狭い両頭グラインダーのような研ぎ機を使ったのではないかと思う。
001_20150428133617f6f.jpg

アゴから刃先まで:こうしてみると刃道がガタガタであることがわかる。
003_201504281336206c4.jpg


表を主体に研いで角度をつけていく。
005_20150428134150e34.jpg

裏は小刃をスムーズにさせる程度。
004_20150428134148287.jpg

刃線がスムーズになった。
006_20150428134151caf.jpg


刃物研ぎというのは突き詰めるとキリがないものなので、仕事として刃物研ぎをする場合、どこで妥協するかが問題になる。
私は、普通の包丁を10,000番以上の砥石まで使って研いでも、切刃の小傷を取り去って鏡面にしても、時間がかかるだけで切れ味には大して関係無いと思っている。
お客さんの立場で考えれば、そこまで手間をかけなくていいからその分値段が安い方がいい人が多いだろう。
しかし刃線周りの形状は確実に切れ味に影響する。
荒砥石で形を整える下研ぎの作業は刃物研ぎで一番重要な工程だと思っている。
だから、曲がりなりにも人様からお金をもらってやっている仕事でこういうのを見ると、非常に残念だ。
こんな仕事していて楽しいのだろうか。


機械研ぎが悪いとはべつに思わない。
研ぎ代というのは主に作業代金だから、機械を使って手研ぎと同じように研げて、時間が早く料金を安くできるのであれば、そっちの方がいいに決まっている。

私が好きな刀匠の河内國平さんは、

「手で出けへんうちから機械使うたらあかんけど、わかってきたら遠慮なしに使うたらええ。」(刀匠が教える日本刀の魅力/里文出版)

と書いている。

「機械は上手や。くたびれへん、汗出しよらん、涙も出さへん、失敗を肝に銘じよらん。」(同)

とも書いている。


三日も四日もかけて鎬を整えようと奮闘して、腱鞘炎になって最後は投げ出してしまった鉈だとか、一週間かけて研いだけど予想と全く違う形になってしまった薄刃だとか、思い返すと、私にもそういうムダで非効率な経験が、上達のためにとても役に立っていると感じる。
関連記事

「だいすき日本」のビカスさん

私がときどき刃物研ぎで出店をしている中板橋に「だいすき日本」という名前の小さなネパールカレー屋さんがある。
うちにも包丁を出してくれるお客様なのだが、ネットの一部では有名なお店だ。
カレーはもちろん美味しいのだが、有名になった理由は店主のビカスさんのツイッターで、


pradahan vikas@daisuki_vikas フォローする
きようも とっても つらいランチ でした ひと くみでふたり おわってしまった ちらし くばりとか やってますけど ちらしもってきた きやくは いまのところ きてない びかす どうなちゃうだろ ほんとに こわくなってきました
返信 リツイート お気に入りに登録 2010.11.06 14:32

pradahan vikas@daisuki_vikas フォローする
どうすればいいの でしょうか ?? ここまで なるとおもってませんでした ねつでちやいそうね いまのところ おきやきさん こない ちらし もないよ 500まい つくったけど おわりました
お気に入りに登録 2010.11.07 20:27

pradahan vikas@daisuki_vikas フォローする
ごめんなさい きようも おきやきさん きませんでした やられたね
返信 リツイート お気に入りに登録 2010.11.07 23:40


これが「悲しすぎるツイート」として話題になり、「だいすきニッポン」という店名と相まって多くの人の同情を買い、北海道から沖縄まで全国からお客さんが来てくれたそうだ。
http://matome.naver.jp/odai/2134709097781997101?&page=1

おかげで経営が順調になったのか、現在はすぐ隣に姉妹店でステーキ屋を開いている。
出店を考えていたとき内装業者に見積もりを出してもらったら、100万円と言われたので出すことに決めたのだが、着工してからやっぱり200万円かかると言われて、あわてて国に帰って身内や知人からお金を借りて回ったそうだ。
しかしビカスさんは、
「はじめに100万円と言ってくれなかったらお店を開けなかった。100万円と言ってくれて感謝している」
と言っている。根っからの良い人なのだ。

ちなみにツイートは物悲しく顔も人柄も温厚なビカスさんだが、胸板が尋常じゃなく分厚い。そこらで見かけるマッチョのレベルじゃない。ベンチで何キロ上げられるのか聞いたところ、今は150キロぐらいだけど全盛期は200キロ上げてたそうだ。

ところでカレー店の店内にはヒンズー教の神様のポスターが飾られている。ヒンズー教では牛は神聖な生き物だ。殺してはいけないのでインドやネパールには野良牛がうろうろしている。
「(ステーキで牛を食べて)いいんですか?」と尋ねたら「カレー店の神様はダメだけどステーキ店の神様はいいんです」と言っていた。



そんなビカスさんの祖国ネパールが、東日本大震災や阪神淡路大震災並みの大震災でたいへんなことになっている。

ビカスさんは2011年の東日本大震災のときには10万円も義援金を送ってくれている。

現時点ではまだ募金の受付窓口が見あたらないが、もうすぐ出てくると思うので、見かけたら、10円でも100円でもぜひ協力してください。
よろしくお願いします。


*** 追記 ***

ヤフーで募金の受付がはじまりました。私も3000円募金しました。
http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630016/

母体はヤフー基金なので信用はAAAだと思います。
募金にはヤフーウォレットへの登録かTポイントが必要です。
募金額と同額をヤフーが寄付してくれる仕組みです。(ただしヤフーの寄付金の上限は2000万円)
使ってないTポイントの1ポイントだけでもいいので、ご協力をお願いします。
関連記事

謎の柳刃

これが裏で、

001_20150419070755e09.jpg

こっちが表。

002_20150419070757caf.jpg

まず、裏スキがない。
裏スキが無い刺身包丁は珍しくない。

謎なのは刃境だ。
どうも刃先だけ刃金を付けている気配なのだ。
表にも、通常の合わせ包丁に見られる刃境が無く、裏と同じ刃境線が見られる。

利器材の裁ち鋏にはよくこういうのがあるが、包丁では初めて見た。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

こんなんは困難

セニングシザー。スキバサミ。

櫛刃の裏が錆びている。

001_201504161646251be.jpg

002_20150416164626d06.jpg


そこがカチカチ引っ掛かる。

003_201504161646273b5.jpg

004_20150416164629b2f.jpg


これは直せない。
直し方がイメージできない。

櫛刃じゃなければ何とかしようと頑張ってみるのだが、こいつは、赤錆を落としてルーペで観察した時点であきらめた。
関連記事

華鋏



関連記事

お花見

0073_20150407124546495.jpg

006_20150407125221e44.jpg

001_201504071254329e5.jpg

004_201504071256351cb.jpg

0052.jpg

009_20150407130423329.jpg

008_20150407130446c0c.jpg



氷川台駅~城北公園 石神井川沿い
関連記事

お客様へ

● 柄交換のお客様へ。

作業進めています。

001_20150401094044c88.jpg

縦・横・斜めに角度を換えながら隙間埋めてるところですが、一回一回の乾燥に時間がかかります。

このあと、
・リベット打ち
・研磨、最終整形
・木固めエース

で、完成です。
ちょっと時間がかかっていますが、今しばらくお待ちください。


● ブログにコメントを下さる方へ。
「管理者限定」でコメントをいただくと、返信がしにくいです。

・理美容シザーにつきまして。
理美容シザーの値段が高すぎるんじゃないかと思われる件ですが、製造メーカーさんの自助努力だけでは難しいんじゃないかと想像します。
利用者が価値判断してくれることと、安くて良いものを売る仕組みが充分じゃないと思われるためです。
営業マンによる訪問販売が主流になっているので通常の商品を小売店に卸すよりコストを上乗せせざるを得ないだろうし、ユーザーである理美容師さんが自分で研がないから粗悪品と安くて良い物を区別できないんじゃないかと思います。
通常使用で磨耗して切れ味が悪くなっただけの研ぎぐらいは、使う人が自分でやるべきです。

・当店へのご訪問につきまして。
刃物研ぎが好きな方に遊びに来て頂けるのはうれしいことなのですが、現在、室内にお客様をおもてなしする空間がありません。
ご依頼品の受け渡しは可能です。
日時指定して頂ければ、狭いですが庭でいろいろお見せすることはできます。
別な場所で出店していることもあるので、そこに遊びに来て頂くのは歓迎です。


● 以上の書き込みは、エイプリルフールとは無関係です。
関連記事
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク