小さいカスタムナイフ

ナイフは好きじゃない。

お客さんが持ってくる刃物の中で、ナイフはめんどくさいものが多い。

まず、多くのナイフは日本の包丁のようにアゴが出ていない。そのうえ身幅が狭い。研ぐ余地が少ないのである。
刃元あたりが切れなくなっているのを無理に研ぐと、刃線のカーブが狂ってしまう。
こういう場合、刃元の切れ味を出すのは諦めて刃線の形を維持するべきなのか、刃線が歪んでもアゴまで刃付けするべきなのか、判断ができない。
自分のナイフなら好きに研げばいいのだが、お客さんのものだとどう研ぐのが正解なのかわからないのだ。

正解の研ぎ方がわからないものは、何の目的でどういう風に使うのかという用途から考えればいい。
ところが、それこそがナイフの一番の問題なのだ。

魚を捌いたり、木を削ったり、簡単な工作にも使いたい。
その上で、ぶら下げたティッシュペーパーにスっと触れるだけで切れるような刃にしてほしい。
お客さんにどう使うのかたずねるとそんなことを言い出すのだ。

要は持ち主も何に使うかわからないし、なんなら、試し切り以外の何にも使っていなかったりするのだ。

そしてビクトリノックスやBUCK110を出してきたりするのである。

ムリデスカラ。


この手のオシャレカスタムナイフは更にナンギだ。

001_20160311112341c77.jpg

0022.jpg

小さいほど研ぐ余地が少なく、うっかり研ぎ傷がつけられない。


しかもなんか、ラブレスみたいな刻印だし・・・orz

003_20160311112355e63.jpg

こういう刻字・刻印はまだマシ。
印刷とか色つきなんかだと研磨剤で磨いても消えるから、もっと気を使う。

002_20160311112351582.jpg

自分で研いでみたけどうまく行かなくて、研ぎ傷がついてしまった、と。




切れ味はそこそこ普通になって、傷はあまり目立たなくなりました。
どうでしょう。

009_201603111124245f2.jpg

007_201603111123467f3.jpg
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

錆びた割込み包丁

割込み包丁というのは柔らかい鉄で硬い刃鉄を挟み込んだ形の包丁だ。

むかしは鍛冶屋さんが柔らかい鉄の塊にタガネで隙間を作ってそこに硬い刃鉄を割り込んで、それを叩き伸ばして薄くして包丁にした。
そういう作り方の割込み包丁は刃鉄が峰までは通っていない。だいたい三分の二ぐらいまで研ぎ減ったら刃鉄がなくなってしまう。

いまは、包丁用の鋼材を作っているメーカーが、あらかじめ硬い刃鉄を割り込んだ状態でローラー圧延した薄い材料を包丁メーカーに販売している。利器材と呼ばれている。
包丁メーカーは、この材料を包丁の形に型抜きプレスなどで打ち抜いたりして、刃先が薄くなるよう側面を研磨し、熱処理で刃鉄を硬くして(刃鉄は熱処理しないままだと硬くない。)、柄をつけて完成品にする。

細かく区別したい向きは前者を「割込み」、後者を「三枚」と呼び分けたりもする。
両刃構造400

「本割込」なんていう言葉もよく見かけるが、これは昔から続く本来の作り方である前者のことを指すのだろうと思っていたらそういうわけでもなく、利器材の包丁に「本割込」と書かれているものもたくさんある。どういう意味で使われているのかわからない。学術用語でも法律用語でも商標でも無いこの手の言葉は、ありていに言ってしまうと売り上げを伸ばすためのおまじないだと思う。
ただし本割込と書かれている利器材の包丁がニセモノの粗悪品というわけでも無いのでそこは誤解はしないでほしい。

私はめんどくさいので三枚構造の包丁はみんな割込みと呼んでいる。

割込み包丁の本来の目的は、鋭さと丈夫さを兼ね備えることだろう。
鋼材が硬いほど刃先を薄く研ぐことができるので切れ味もよくなるが、刃物全体が硬すぎると折れてしまう危険がある。刃先が欠けるぐらいなら研いで直せるが折れると使い物にならない。

こういった複合鋼の技術はもともと日本刀の作刀で培われたものだ。
日本刀にはいろんな種類の複合構造のものがあるが、現在作刀されているもののほとんどは、中心に柔らかい鉄が仕込んであって、その周りの外側全部を硬くなる鉄でくるんでいるという構造なので、割込み包丁とはちょっと違う。
日本刀は宮本武蔵のような豪腕の剣士が渾身の力を込めて相手の鎧兜に叩きつけても、折れず曲がらないという丈夫さが必要なので、求められる頑丈さは包丁などの比ではない。だから複合構造の柔らかい鉄の柔軟性と反った形で衝撃をいなすようになっている。
しかしもともと複合構造にした目的は、材料である玉鋼がたいへん貴重で高価なものであるため、増量のために割安な柔らかい鉄を仕込んだのである、という説もある。何が正解かを知る術はないが、要は刃物を折れにくくする効果と貴重な玉鋼を節約する効果があるということだ。


ハガネ部分だけ錆びた割込み包丁



割込み包丁は、外側の軟鉄も中の刃鉄も錆びやすい鉄のもの、外側だけがステンレスのもの、外側も中もステンレスのもの、などがある。

外側も中も全部ステンレスの割込み包丁でも、刃物に使われるステンレス鋼の方が軟鉄に使われるステンレスより錆びやすい場合が多いので、中心だけが錆びているものはよくある。
ただ、ステンレスの錆は孔食といって丸いボツボツになっている場合が多い。錆が反対側まで貫通してしまってノコギリのようにギザギザになっているものも見かける。
動画の包丁の刃鉄は錆びの状態からおそらく錆びやすいハガネだと思う。
関連記事
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク