ちっちゃいハサミ。反りハサミ。

爪の生え際の甘皮などを切るのに使っている、というハサミ。

00030003_201605200936528fd.jpg

ちっさー。
しかも反り鋏だし。

00020002_20160520093651cdf.jpg

00010001_20160520093649847.jpg


「とりあえずやってみます」
と言って預かる。
曲がり具合が繊細だし研ぎシロが少ないので、クリティカルな瑕疵があると修正できないのだが。

00060006_20160520093709611.jpg

00050005_20160520093656dee.jpg

00040004_20160520093654186.jpg


クリティカルな瑕疵が無かったのでちゃんと切れるようになった。

動画はこちら。
刀研ぎの艶砥みたいにうっすーく砥石を削るところからはじめる。

関連記事

これは私じゃない。

前回のブログで折ってしまったハサミはこの中の一本なのだが、

00010001_201605200847415b7.jpg


他のハサミにも問題が。


切っ先のハガネが割れて脱落している。
先がそろってない。
表にタガネか何かで叩いた痕がある。
00020002_201605182148433ec.jpg
叩いたらしい痕があるので前に誰かが研いだときにこうなったんじゃないかと思う。
こんなのチョイチョイと削って揃えればいいだけなのに。


裏の先の方にヒビが!
00030003_2016051821484571f.jpg


これは、閉じた状態で先が開いてる。
00040004_20160518214846b60.jpg
ちなみにこのハサミは、イボを削っても別の場所が当たって先が閉じなかった。
たまにそういう鋏もある。
だけど観察すればどこが当たっているのかすぐわかる。チャッチャとヤスリで削って簡単に調整できる。


上のものとは別のハサミで、同じようにヒビ。

00050005_20160518214847501.jpg
00070007_20160518214935c7d.jpg

点錆はなるべく削りきってしまいたいのだが、割れるのが怖いので、ここまでで返却。
極薄の布でなければこの状態で問題なく切れたので、当面このまま使っていただくことにした。
いずれ布が引っかかるようになったり割れたりしたら、ヒビのところまで先を詰めるしかないだろう。

しかし、研いでいて、この状態に気付かないとは到底考えられないのだが。
切っ先を叩いて曲げようとするなんてプロだとしたらキチガイ沙汰の所業である。

前回の記事の折れたハサミも、反りを調整するためにちょっと力を入れだけであっさり折れてしまったので、もしかすると叩かれて内部にクラックが入っていたのかもしれないと思っているのだが、折れたあとではもうわからない。
困ったもんだ。
関連記事

やっちゃった!

00040004_20160515093146e8a.jpg

先が折れてしまったハサミ。
これまで2回目・・・いや、3回目の失敗。
幸い、お客さんには代替品の提供でご容赦して頂けた。

今回はしかし、あまりにもあっさり折れてしまった。
見た目が新しくきれいなハサミだったので油断していた。

00050005_20160515093148821.jpg

00070007_20160515093150fd3.jpg

表面の凹凸が気になる。
孔食か?
先の鋭い何かで叩いたのだろうか?

00060006_20160515093149651.jpg

黒錆の気配は全く無いので孔食ではない。
外圧をかけたのであれば周辺が盛り上がるなり凹むなりしそうだし、穴の形状や奥の形状もマチマチだ。
すると、もともと凹んでいたということだろうか?

新品でこんなデコボコがあったとすると、ブレードの部分も鋳型で作られたハサミかもしれない。
今の裁ち鋏は、柄の部分はほとんど鋳型に溶けた金属を流し込んで作る鋳造で、刃の部分と溶接しているのだが、これは刃の部分も鋳造ということだろうか。凹凸は鋳型に鉄を流し込むときに空気か夾雑物が混入した痕ではないか。


断面。

00090009_20160515093207153.jpg

00080008_201605150932069e9.jpg


ハサミ以外で折れた刃物鋼の断面を撮影したことが無いので(グラインダーなどで切断したものならあるが)、ふつうどうなるのかわからないが、脆そうだなあっていう雰囲気。思い込みかもしれないけど。

どうしたら折損を回避できるだろうか、ということを考えるのだが、今回については今のところちょっと思いつかない。
表面がデコボコのハサミにはとにかく気をつけようと思う次第。
関連記事

テーマ : ハサミ
ジャンル : 趣味・実用

和包丁(片刃の)は裏が命

研ぎ屋が片刃の和包丁を研ぐときには、まず、裏を砥石に当てて、平らかどうかを確認する。

001_20160503103859151.jpg

002_20160503103900be6.jpg

目視ではまずわからない。

面直しした2000番ぐらいの砥石に当ててみると、

003_2016050310390460e.jpg

白いところが砥石に当たっている部分。

これをよくみると、

0032.jpg

004_20160503103904c0c.jpg

005_2016050310390558d.jpg

先の方とアゴの部分の刃線際が、砥石に当たっていないことがわかる。

峰側はどこがどう当たっていてもかまわないのだが、刃線際は、ベタっと寝かせた状態で、きっちりと砥石に当たっていなければならない。


ここまでベタっと研ぐ。

006_20160503103929f9b.jpg

007_2016050310393017f.jpg


そろそろ鱧の季節ですね。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク