ナマゾリ難しい

前回の

007_2016080209225628b.jpg

この縦の研ぎ目を消して、積層模様を目立たせて、

003_201608020759549ae.jpg

切っ先のエクボを消すことを目標に磨いてみる。

まず人造砥石800番の小割れでこすって縦の研磨痕を消していき、刃先のエクボもなんとなくきれいにする。

その後、人造砥石で1200番→2000番→3000番と細かくしていく。
すると、全体がテカテカになって刃鉄と地鉄の境もわかりずらくなってしまう。いわゆる肌が伏さってしまうという状態。

そこで1200番まで戻して刃境線がはっきり出るようにする。
その後2000番、天然仕上砥石の小割れ、とやってみる。
すると、地鉄と刃鉄ははっきり分かれて見えるが積層模様が全く見えない。地鉄が一様に薄灰色に見えるだけ。

そこで伊予砥の小割れで磨いてみる。
しかし積層模様は見えない。
沼田砥(らしい)で磨いてみる。
やっと積層模様が出てくる。

沼田砥は小割れが無いので、デカい角砥石になんとかかんとか全体を当てたり砥泥をこすりつけたりして、全体的に積層模様が見えるようにがんばってみる。

沼田砥はわりと荒いので研ぎ傷がけっこう目立つ。これを段階的に消してくれる適当な天然砥石が無い。
なんだかよくわからない天然仕上砥石の小割れの、適当にいい感じのものをチョイスして、沼田砥で磨きつつ刃物に当てていった結果、とりあえず積層模様はよく見える感じになった。

0002_20160807223334cd9.jpg

0001_2016080722333320e.jpg

しかし小傷が・・・(TT

そもそもこの積層模様も乱視に老眼もきだしたの私の肉眼では識別できないのでルーペを見ながら作業しているのだが、

裸眼では、

080701.jpg

こんな感じ?
まあとにかく、全体的にきれいな感じに見えるだけ。
目を凝らしても小傷はわずかにわかるけど積層模様はぜんぜんわからない。

これをもうちょっと頑張るかなぁ、どうしよっかなぁ、と考え中。

どうせ暇な時間にいじるんだろうと思うけど。

やるとしたら、沼田砥の研ぎ目を消す天然砥石だ。
名倉でも割って使ってみるかなぁ・・・
関連記事

ナマゾリ

あきらパパさんからご連絡を頂いて、東村山の相羽建設さんで行われている手仕事フェスタに行ってきた。

その戦利品。
ナマゾリ。

001_20160802075951369.jpg

005_20160802075959cc4.jpg

002_2016080207595584d.jpg

008_20160802080013083.jpg


槍鉋(やりがんな)という、現在の台鉋(だいがんな)が生まれる前から使われていたカンナを小さくしたもの。

槍鉋も台鉋も、木の表面を整える道具である。

槍鉋で木を削るところ


村松貞次郎さんの「大工道具の歴史」によると、台鉋が使われるようになったのはノコギリが出現してから後のことだそうだ。
ノコギリが生まれる前は、巨木にタガネを打って割り裂いて板を作っていたそうなのだが、そういう方法で作った板の表面はものすごくデコボコしすぎていて、台鉋なんかでは平らにできなかった。できなくはないかもしれないけど、エラい時間がかかる。そういうものの出っ張っているところだけピンポイントで削って大まかに平らにするという作業には、槍鉋が適しているようなのだ。
ノコギリで木を挽いて板を作るようになると、板がとれた段階ですでにかなりの平面精度が出ているので、槍鉋は使われなくなっていったようだ。

今でも槍鉋を製材に使っている大工さんもいらっしゃるようだが、台鉋だとどんな木でもみんな平らにしてしまうけれど槍鉋なら木目に逆らわず削ることができるから、木が長持ちする、ということもあるらしい。


その槍鉋の縮小版であるナマゾリは、お坊さんが卒塔婆(木の板)なんかに字を書きそこなったとき、削って消すのに使ったりしているそうだ。
私は、柄を作るとき凹んだ部分を削り出すのに使うために買ってみたのだが。

鑿鍛冶の富田さんという方のお作品。
006_20160802080012201.jpg

けっこう磨いたんだけど機械加工の痕がまだまだ目立つ。
004_201608020759589e2.jpg

切っ先の凹みを取るのがチョー大変そう。
こっち側だけ削ると左右の均整が崩れてしまう。
003_201608020759549ae.jpg

写真に撮ってみて気づいたのだが、地鉄が板目のような積層模様だった。
007_2016080209225628b.jpg

この地鉄の層の流れから推測するに、刃境線の蛇行した紋様は、硬い鋼側をこういう形に成形しておいた上に柔らかい自鉄を叩き合わせて鍛接することで作出したのではないだろうか。


中砥まで戻してもっとキレイに仕上げてみる予定。
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

藤原照康さんとこの幻の名刀

藤原照康さんとこの包丁。

002_20160801072954443.jpg

003_2016080107295748f.jpg


青山熊野神社ではなんだか持ってくるお客さんがけっこう多い。
もちろん木屋とかグローバルなんかの方がずっと多いんだけど、そういうメジャーレーベルより流通量がずっと少ないインディーズみたいな包丁で、形も特徴的なので、印象に残るのである。
いろいろ気に掛かることがあるメーカーだけど、包丁自体はいいと思う。

青一だか白一をステンレスで割り込んだ三枚鋼が使われている。自家鍛接なのか鋼材メーカーから仕入れた利器材かはわからないけれどそれはたぶん品質に大した影響は無い。どちらであろうとしっかり鍛造されている。
それをかなり薄い角度で刃付けしているので、切れ味はすごく良さそうだが、欠けが目立つものが多い。

004_20160801072957929.jpg


それでもこれを持ってきたお客さんはスンゴい切れ味に仕立ててほしいというような要望だったので、かなりのウスウスキレキレな状態に研いだ。普通の包丁以上に慎重に扱ってほしいと思う次第。

せっかく頂いた天然砥石があるので、最近はハガネ系の包丁には使ってみるようにしている。
人造砥石の削り具合が歯でガリガリ齧っる感じだとしたら、天然砥石は舌でベロベロ舐め取るような感じ。人造砥石がデジタルで天然砥石はアナログ。人造砥石の方が効率よくサクサク研げるものがあって品質も安定しているけど研ぎ目がくっきり残りやすい、天然砥石は微妙な風合いに仕上げられるものが多い。

005_20160801073000e66.jpg

006_20160801073000da7.jpg


直角に入った研磨痕は機械研ぎの痕。
円砥だと思うけど。値段相応にもうちょっときれいに仕上げてあげたらもっとお客さん喜ぶんじゃないだろうか。

016_201608010740576c7.jpg



そういえば最近、木屋に研ぎに出したといってお客さんが持ってきた菜切包丁にも機械研ぎでえらく品の悪い研ぎ痕がつけられていたのがあった。ホローグラインドみたいに刃肉が削がれていて、やはりウスウスなのでこれ↑より派手に刃が欠けていた。
しかも木屋の菜切包丁の中ではたぶん最上グレードの団十郎で。
「良い包丁はあんまり安い研ぎ屋さんに出さない方がいいですよ」
と言ったら、
「東武百貨店の木屋に持ってって1か月もして帰ってきたらこうなってた」
と。
自分とこの包丁に愛着は無いのか?と不思議に思う。
ゴリゴリ削ってドンドン新しいのを買ってもらう営業方針になったのかな?



関連記事
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク