ガッツリ欠けた三徳包丁!

001_20170430105436644.jpg

002_20170430105438dcd.jpg


これぐらいガッツリ欠けた牛刀三徳包丁はさすがにグラインダーを使用。
刃先は薄いので、グラインダーで削ると熱を持ちやすく、焼きが戻って柔らかくなってしまいやすい。
水につけながら、すこしづつ、ちょっと欠けが残るぐらいまで削って、あとは手研ぎで。





これだけ削ると刃縁の肉がかなり厚くなるので、刃を立てるだけではなく、上の方までガッツリ刃肉を落としてあげる。

DSC00895.jpg

DSC00896.jpg


細くなるのは仕方ないけど、切れ味は良くなったと思う。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

研ぎの練習をしている人は、試してみてください。

ペティナイフで特殊な注文がきて、研ぎやすいので砥石を横に立てて研いだ。という動画を、アップロードした。



包丁研ぎの練習をしているひとは、いちどためしてみてほしい。
柄を握る方の手で包丁の角度を維持して、動きをコントロールし、ヒラに添える側の指は押さえ付けすぎない、ということができないと、立てた砥石で研げない。力の抜き加減が大事。
これ自体ができたからといって何かいいことがあるわけじゃない。寝かせたままでも砥石の端を使えば研げると思う。
ただ、こういう力加減ができると、削りたい部分を適切な加減で砥石に当てて、思うような形に研ぐことができるようになる。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク