溶接!

けっこうタイヘンな状態の包丁が持ち込まれることが、よくある。
しかしそんな中でもこれは最強レベル。

002_20170520054229c4f.jpg

001_20170520054227bec.jpg


料金は5000円近くになりますよ。
溶接すると熱が回って少し刃が甘くなるかもしれませんよ。
錆は落としてみないと内部の状態がわからないけど、最悪の場合は貫通してデコボコになってて修理できない可能性もありますよ。

これぐらい言うとだいたいのお客さんは引き下がる。
しかしこの包丁を持ってきた、80歳は過ぎているであろう、足の悪い、杖をついたおばあちゃんは、

「やってちょうだい。」

と言った。

「ほかにも包丁はあるんだけど、これが良く切れるの。だから、柄が折れたまんまで使ってるの。」

そう言われると、わかりました、という返事しかできない。

以前から、懸案は溶接だった。
なんとか刃に熱が回らないようにすることはできないか。200度ぐらいまでに抑えられれば焼き戻りの影響はかなり抑制されると思うのだが。
しかし、ロウ付けでも500度ぐらい、溶接になると鉄を溶かすので1500度以上に、瞬間的且つ局部的とはいえ加熱される。
溶接をしている人に尋ねても、そのような依頼がほとんど無いようで、200度を超えないというような保証は難しい、常識的には超えると思ったほうがいい、と言われていた。
刀や本焼きのように土置きして実験してみたことがあるのだが、土が水を含んでいると熱が奪われて接合部分の温度がうまくあがらなかった。そして土が乾燥すると刃に熱が回ってしまう。そもそも土置きは熱を上げないことが目的ではなく、加熱状態から水に入れて急冷するときに熱が急速に奪われないための仕組みだった。オーステナイトからマルテンサイト変態することを阻害するのだ。これではなんかちょっと違う。
何かないか。
そういえばバイクのマフラーにつけるヒートガードはなぜ熱くならないのだろう。
以前乗っていたバイクには、カーボン製などではなくステンレス製のヒートガードが取り付けてあった。マフラー自体は触ると火傷するほど熱くなる。そのマフラーに、直接ステンレス金具でステンレスのヒートガードが取り付けられているのだが、このヒートガードは、なぜか触ってもまったく熱くないのである。不思議だとは思っていたが、理由は知らなかった。
正確な理由はいまもわからないのだが、思うに、接点が小さいので熱があまりたくさん伝わらず、且つ、ヒートガードの表面積が広く外気に多く暴露されるために空冷フィンのように放熱してくれている、ということじゃないだろうか。放熱効果が熱伝導量をはるかに上回っているせいで、熱いと感じるまで温度上昇しないのではないか。
ということは、ヒートガードのようなものを取り付けても無意味であるが、ブレードの方がヒートガードのようになって熱を吸い上げてくれる何かを取り付ければいいのではないだろうか。鉄より熱伝導性の高い金属の塊を首のところに巻き付ければいいわけだ。
さっそくホームセンターで長方形のアルミブロックをふたつ買ってきた。
不用品の包丁で実験してみた。密着性を高めるためにアルミホイルを下地に巻いたうえからクランプしてバーナーで赤化するまで加熱をしてみたところ、アルミブロックで遮熱した側は指で触っても熱く感じなかった。30度以下だろう。いいじゃん。
さっそく杉並の馬力屋さんに持って行って溶接してもらった。溶接直後にアゴのあたりを触ってみたが、やはりまったく熱くなかった。大成功だろう。

001_201705200654048bd.jpg

ちなみに溶接痕がかなりこんもりと盛り上がっているが、馬力屋の大澤さんがヘタなわけでは無い。きれいにした方がいいか聞かれたが、どうせあとで削るし、凹んでいる方が何かと問題なので、むしろ盛ってほしいと私がリクエストしたのだ。


研いでいるところの動画。



最終的には黒染にした。
見ためはピカピカしてた方がいいんだけど、どうせすぐ錆びるだろうなと思ったので。

004_201705200654090ec.jpg

007_20170520065413ffb.jpg

008_20170520065415f37.jpg


で、これを研いでいると、

「あーら、うちのも。」

と言って、一見してほぼ間違いなくイっちゃってる包丁を持って来られた。

009_2017052007111121c.jpg

010_201705200711124c0.jpg

011_20170520071113835.jpg

こっちもそのうち紹介する予定なので、そのときアルミクランプの写真も撮っておくことにする。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

「なぜ日本の刃物は良く切れるのか」というフォーラムに参加。

先月のことだが、熊野神社で仕事をしているときによく立ち寄ってくれるおじさんが、「こういう会があるのでどうか」と誘ってくれた。


日本鉄鋼協会 鉄鋼プレゼンス研究調査研究委員会
「鉄の技術と歴史研究フォーラム」第34回フォーラム講演会
「日本の刃物―なぜ日本の刃物は良く切れるのか―」 第4回
切るだけじゃない!切っても切れない・・・砥石・研磨・刃物(日本刀)


私は偏屈な性格なので、科学の最先端では宇宙論とか素粒子とか量子論とかやってる時代にいまさら刃物が良く切れる理由とか天然砥石なんて研究してるひといるの?日本人が自画自賛して喜ぶ自己啓発セミナーみたいな会合じゃないの?などと口には出さないけれども勘ぐってしまうのであるが、ネットなどで調べてみるとしっかりした会合のようで、刀の研ぎ師さんの講演などもあり興味をそそられたので、参加してみることにした。

それが、このあいだの土曜日のことだった。
雨の中、来場者は70名弱あった。このフォーラムではかなり多いという。
いまさら、という私の不遜な勘繰りは杞憂だった。学生のころは教室で寝てばかりいた私であるが、4時間あまりとても興味深くお話を聞くことができた。

誘っていただいたおじさん以外にも知った人が何人かいらっしゃっていた。休憩時間に、私が刃物研ぎを教わった研ぎ陣の先輩卒業生で、天然砥石収集家?の高野さんが声をかけて下さった。砥取屋の土橋さんが、京都からわざわざ来られていた。面識はなかったが本で見知っていた月山義高刃物店の藤原将志さんも三重県から来られていた。
フォーラムのあと懇親会に出席した。
藤原さんの向かいに座らせていただいたので、研ぎ傷を消してきれいにする方法についてお聞きしてみた。人造砥石はいくら高番手の仕上砥石でも研ぎ傷は残るそうだ。下研ぎの処理が重要で、逆に1000番か2000番ぐらいから天然砥石に行っても研ぎ傷を無くすることはできる、と。
思うに、人造砥石は研削力が重視されるので使われている砥粒が硬いからではないだろうか。天然砥石に含まれる成分で砥粒の役割をするのは石英などであるが、人造砥石に使われるどんな砥粒と比べてもかなり柔らかいはずだ。砥粒が柔らかく適度に破砕されながら研磨すれば深い条痕は残りにくい。あるいは、砥粒の硬さが同じであっても結合剤が柔らかければ砥粒が砥石の側にいくらか押し込まれるから、刃物に残る条痕は深くなりにくい。おなじ砥粒と結合材を使った人造砥石でも仕上がりが曇るものとテカテカになるものがあるが、そういうことなのではないかと想像している。耐水ペーパーもペーパー側に弾力があるから結合材の硬い砥石より条痕は目立ちにくいのかもしれない。
また、おなじ砥石でも強く研ぐと条痕は深くなり力を抜くと浅くなる。砥糞を流しながら研ぐと深くなり溜めて研ぐと浅くなる。私はもう少し力を抜き加減にして研いだ方がいいのかもしれない。
示唆に富んだ話を聞かせていただけたのだが、話だけではわからないことが多いので痒いところが一層痒くなってしまった。

隣席した方が、「刀剣界」という新聞の編集委員で刀剣ジャーナリストという肩書の方だった。そこで、持参していた「-技法と作品- 研磨彫刻編 」という本を出してみせた。
この本は私にとって大変重要なものである。刀工編と二冊のセットで昭和56年に発刊されたもので、それほど古いものではないのだが、明治大正期から昭和初期にかけて人間国宝に指定されたような多くの刀匠や研ぎ師、宮入行平、月山貞一、隅谷正峯、天田昭次、小野光敬、平井松葉、永山光幹、藤代松雄、といった故人や、現在最高峰で活躍されているお歴々からの、貴重な録取が収められている。研磨偏については刀剣研磨について最も詳細に書かれた書籍ではないかと思う。発行部数が少なかったようで、古書市場では2万円以上が相場になっている。
その本を見て、
「それ私が出したんだよ。」
とおっしゃった。著者は大野正という別の方なのだが、巻末をめくってみると確かにいただいた名刺と同じ名前が 「発行人 土子民夫」 と書かれていた。いまはもうやめてしまったそうだが、この本を発行した青雲社という出版社を
「私がやっていた」
のだそうだ。
また後半、長くお話しをさせていただいた「越後三条打刃物 伝統工芸士産地委員」というよくわからない肩書の女性は、妙に刃物に詳しい方であったのだが、香月節子さんといって鍛冶屋に関する本を数冊書かれている方だということがあとでわかった。

私はふだん、刃物について深いレベルで話ができる人が身近にいないので人からあたらしいことを教えてもらう機会が少ないのだが、おおいに蒙を啓かれた一日だった。
私が知らないだけで、こういう濃い人達が集まる会合が日本のどこかで折々開催されているのだろうか。或いは、めったに無いから濃い人がたくさん集まったのだろうか。
ともかく楽しい一日だった。
関連記事

包丁研ぎ講習会のご案内

包丁研ぎ講習会のご案内 【2017年7月22日(土)】 
~身につければ一生の宝もの!!~
 

お申込みフォーム

場所 高円寺 レクトサンドカフェ
日時 2017年 7月22日(土) 午後
   講義13時~14時00分 実習14時10分~16時 いずれか片方だけの参加でもかまいません。
定員 講義 8名   実習 6名

講師 研ぎやTOGITOGI 代表研ぎ師 坂田ひろし

時間/授業料
 講義 13:00~14:00(1時間) 2000円
 実習 14:10~16:00(1時間50分) 4000円

※講義と実習は別料金です。両方参加すると6000円です。

持ち物
講義/ 筆記用具
実習/ エプロン・手拭き用のタオル

実習時に使用する包丁や砥石などは、主催者側でご用意します。
ご家庭のものを持ってきて頂いてもかまいませんが、ご使用になれない可能性もあります。

お申込みはこちらから↓
お申込みフォーム
申し込みフォームが機能しない方は、下記までご連絡ください。 
メール fe26cr24@gmail.com
携帯 090-4727-1056

概要
今回は、家庭用の「両刃包丁」が対象です。
包丁を研いだことがない初心者でも参加していただける内容にします。
ただし、理屈っぽいです。
「サルでもできる!すぐできる!」という内容ではなく、「正しい方法」をご教示します。
プロの方などで、どうも研ぎ方がうまくいかないという方にも、お役に立てる内容だと思います。


アクセス
 東京都杉並区高円寺南3-54-14-1F



<禁止事項>
・飲酒・酒気帯び状態での参加は禁止します。
・当日体調のすぐれない方の参加も、ご遠慮いただく場合があります。
・このほか、危険防止または円滑な会の進行のための注意事項ないし指示に従わない方は、主催者の判断で退出を命じる場合があります。

<免責事項>(いずれも主催者に重大な過失があった場合を除きます。)
・刃物によるケガや器物の損壊について、主催者は責任を負いません。
・第三者との関係で負傷や器物の損壊が生じた場合、当事者同士で解決していただきます。
・参加者の都合で講習会に参加できなかった場合や、主催者の判断で退出を命じられた場合でも、既にお支払いいただいている金銭は返金いたしません。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク