和包丁は裏が命

私たち研ぎ屋が片刃の和包丁を研ぐ場合、まずはじめに、裏押しが平らかどうかを確認する。
裏が正確であれば表を研ぐのは比較的簡単だ。しかし裏が曲がっていると、いくら表をきれいに研いでも刃がまっすぐにならない。


「裏押し」の説明をしておく。

平らな面と平らな面の接線は、直線になる。

平面直線



片刃の和包丁のほとんどのものには、まっすぐな部分がある。
この直線部分は、平らな面と平らな面の接線によって形作られている。

表の平面は「切刃」だ。

切刃

裏の平面が「裏押し」である。

裏スキ裏押し


裏押しはしかし、「平らな面」という感じではない。
窪んだ曲面の縁の部分である。
まっ平らだと研ぐのが大変なのだ。
そこで、平らな面の真ん中部分をえぐってしまって縁だけ残した、その縁の部分が、裏押しなのである。

裏押しが凹んでいて、平面上にないと、どうなるのか?

こういう三角柱で、
三角1


表の切刃の部分が凹んでいると、とうぜん、直線部分はまっすぐにならない。

三角欠け1


裏押しが凹んでいても、おなじことだ。
これをひっくり返してみれば良い。

三角欠け2

表を研いで平らにしても、裏押しが凹んでいると、刃線はまっすぐにならないのである。
裏押しが凹んでいる部分は、砥石に当たらないので、表を研いで出たカエリも取れない。

だから、裏押しが平面上にきっちり出ているということは、片刃の刃物にとってとても大事なことなのである。

しかし、店に並べられている片刃包丁を手に取ってよーく観察してみても、裏押しがきれいに出ているかどうか目視で確認することはほぼ不可能だ。目視で曲がっていることがわかるような包丁は、ふつう店頭に並ばない。そんなのを平気で並べてるような店では、片刃の和包丁は買うべきじゃない。
平面精度の高い金盤の上に置いて強い光を透かしてみればある程度わかるかもしれない。大事な買い物なのでガッツのある人はお店に金盤とカンテラを持参して確認してみてほしい。
しかしそもそも、店に並べられている状態の包丁は、まだ裏押しされていないのだ。裏をすいただけの状態なので、金盤の上に置いてカンテラで照らして見ても、わからないかもしれない。
けっきょく、仕入れの時点でちゃんと検品しておかしなものはハネてくれて、そもそもヘタな製造業者は使わない、と、信頼ができる包丁屋で買うべきなのだ。
包丁屋が神経質でうるさければ鍛冶屋も刃付け屋も雑な仕上げのものは卸さなくなるだろう。雑なものは、見立てが甘かったり安く仕入れさせろと言ってくるような包丁屋に流れるのである。
もちろん、エンドユーザーである客も、目が肥えていてうるさくなくてはいけない。
新米の料理人は良し悪しなんか見分けられないから、できるだけ仕事にうるさい親方や先輩に紹介してもらった店で買うといいと思う。
一般の人はどうすればいいのだろう。
これはもう、信用のありそうな、歴史のある刃物店で、予算をケチらずに買うしかないと思う。
誰が売ってるのかわからないネット通販で、理由がわからないけど相場より安い片刃の和包丁を買う、というのが、いちばん危険である。有名メーカーの量産品の両刃の洋包丁なら、品質の差はほとんど無いから、通販で安いものを選べばいいと思う。しかし手造りの片刃の和包丁は安かろう悪かろうの危険が大いにあるのだ。


一見するときれいな形に見える包丁でも、研いでみると切刃も裏もぐにゃぐにゃだったりする場合は少なくない。


さて、今回は新品に近い和包丁を6本ぐらいまとめて研ぐお仕事。

和包丁0001

これは薄刃包丁の裏。
部分拡大すると、

和包丁0002

こんな感じで、裏押しが切れている。
これを裏押しが出るまで、この部分だけを研ぐのではなく、裏全体を研いでいく。
けっこう大変な作業。

新品の包丁や、表を研いで行って刃が減って裏押しが切れた包丁は、刃線全体に裏押しが出るまで研いでいくんだけど、中砥石で研ぐと書いてある本が多い。だけど私たちの仕事をしているとそんなんではぜんぜん追いつかないものが多い。
硬口1000番で間に合わないものはアトマエコノミー(電着ダイヤモンド砥石)の中目400番も使って作業した。

和包丁0003


この包丁、表もタチが悪い。

和包丁0004

切刃のデコボコがキツい。
私は切刃が凹んでいること自体はべつにかまわないと思う。使い込んでいけばそのうち平らになるし、裏スキと同じ理屈で凹んでいる方が研ぎやすくもあるからだ。
しかし程度の問題というのもある。
この包丁の場合は上のほうが軟鉄だけじゃなく切刃の刃線に近いところまで削ってしまっている。
これで絶対に将来何か問題が出るというわけではないのだが、これからどんどん使い込んでいって、裏押しが切れたらまた研ぎ込んで裏押しを作るという作業をするわけで、その際には裏のハガネが減って上に上がってくるわけだから、表側からハガネにかかるほど円砥で削ってしまうのはなるべく避けた方がいいと思う。ちょっとハガネに触るぐらいまでならまあいいかなと思うけど、削りすぎだと思う。
これは刃付けをする研ぎ屋の問題。鍛冶屋の問題ではない。


柳刃。

和包丁0005

これも裏押しがしっかり当たっていない部分がチョコチョコある。

和包丁0006

表は大きな問題はない。
薄刃ほど切刃が広くないから円砥を当てても大きく凹みにくいんだろうとも思うが。

和包丁0007


もう一本の薄刃包丁。

和包丁0008


新しいのにこういう裏の切れかたしてるのは、ホントにイヤ。

和包丁0009

平らな砥石に当ててみて、当たっていなかった部分が当たるまで研ぎ込む。
もともと当たっていた裏押しがかなり広くなってしまっているのがわかるだろう。
裏は全面硬いハガネなので、ほんと、時間かかるのである。
これ以上荒い砥石を使うと刃がかけてしまう危険があるし。

和包丁0032



表も、先の薄刃と同じようにハガネまでかなり削ってしまっている。

和包丁0010

和包丁0011


柳刃、もう一本。
これは、少し研いだけど「裏押しを作り直す」ということを知らないで、表だけ研いでいったものだと推定。

和包丁0013


和包丁0014

和包丁0015


ギリギリ裏が出るところまで研いだ。
少し表を研いだらまた裏が切れるから、中砥石の平らな裏面とか使って、裏押し作ってください→お客さん

和包丁0016

和包丁0017


これも、表は凹んでるところあるけど大きな問題無いと思う。
前のもこれも刃元あたりが落ちてるんだけど、柳刃包丁は刃元使わないからそのままにしてある。

和包丁0018


小出刃包丁。
裏押しした形跡無し。

和包丁0019

簡単に裏押しできた。
優秀。
細くて均一な幅の裏押し。
こういうのを「良い包丁」という。
鋼材が青紙一号とか本焼きとか黒檀銀巻き柄とか、あんまり関係ないと思う。
形がキレイな包丁が「良い包丁」。

和包丁0020

表も素直。

和包丁0021


次は本出刃。五寸五分か六寸ぐらい。
これもちょっと裏押しが切れてる部分があったが、比較的簡単に出せた。
出刃は、厚みがあるから裏スキを深めに作ることができて、きれいに作りやすいのではないだろうか。

和包丁0022

和包丁0023


表。
刃線全体に亘って二段刃に研いであった。
三枚に卸すとき骨を切らないよう、あえてそういうふうに研ぐ場合もあるが。

和包丁0024


とりあえず段刃は研ぎ抜いてしまった。
もしわざと二段刃にしていたのであれば、お手数ですが小刃付けだけ自分でしてください→お客さん
刃元付近に大きな窪み。しかし刃元は叩き用に二段刃にしたので構造的に問題は無い。

和包丁0025

和包丁0026

和包丁0027

和包丁0028



今回研がせて頂いた包丁。

和包丁0029


切刃は磨かずに研いだままの状態でお送りした。
磨くのはめんどくさいし、時間の都合があってなるべく早く送りたかったといった事情もあるのだが、この包丁のお客さんはこれから自分で研いでいかなければいけない方達なので、包丁の状態が把握できた方がいいだろうと思ったのが一番の理由である。


番外。

和包丁0031

一般のお客さんが使ってる包丁はこんな感じのものが多い。
裏スキが浅くて歪みも大きい。
もっと安い量産型抜きナンチャッテ片刃包丁は、そもそも裏スキが無いものもある。
だけど、金巻きとかP柄のものなら、値段も高くはないだろうから、こんなもんでしょうとも思う。ムキになってまっすぐとか平らとか言わなくても晩のおかずの魚を何匹か捌くぐらいの仕事に支障はない。

しかし銀三で八角角巻柄の包丁は、もうちょっとシャンと作ってほしい。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

春の嵐

最近、渋谷の青山熊野神社で立て続けにスコールに見舞われた。
降雨確率が30%とか40%なのに豪雨にやられるのだ。
ポツポツと雨粒が落ちてきたのでネットの雨雲レーダーを見ても、雨雲らしい雨雲は無いので、たぶん小振りですぐにやむだろうと高を括り、濡らしちゃいけないものだけを避難させて車の中に一時撤退していると、槍のような雨が叩きつけてきた。練馬の家に帰っても地面に雨が降った気配がまったく無いので、都心だけの集中豪富らしい。
その翌週は降水確率が50%だったのだが、家を出る時間にガッツリ降っていたので休むことにしたら、10時過ぎぐらいに降りやんでカラっと晴れた。
さらにその翌週は降水確率30%なのに、前々週と同じような豪雨が突然降ってきた。雨雲レーダーを見ていると、いつもの夏の豪雨のように八王子の方から雨雲が流れてくるのではなく、新宿渋谷あたりでムクムクと雨雲ができてきて、そのまま真っ赤な豪雨地帯になってしまうのだ。
これは何か私の日頃の行いが悪かったせいか・・・とかついつい思ってしまうのだが、私を懲らしめるために神様が新宿渋谷港区界隈ぜんぶに豪雨を見舞わせるなんてわけは無いので、そんなこともあるのかなと思いつつ、来たる梅雨と本格的なゲリラ豪雨の季節に向けて、雨対策をもっと万全にしとかなくちゃと思うこの頃なのである。
しかし都心で雨雲がムクムク沸くのはなぜだろう?都市部の発熱量が多いせい?

昨日は中板橋だった。
ここではいつものんびり仕事ができる。昨日も昼過ぎまでに来た注文は2~3本ぐらいだった。
2時すぎぐらいにマッチョなイケメンが、鍔屋の良さげな牛刀を2本持ってきた。
夕方の営業時間の前に受け取りたい。
牛刀はふだんけっこう刃を立てて研がれているようで、かなり研ぎ減っていたが側面には研ぎ痕が無く、刃縁の肉はかなり厚かった。
「1本はダマスカスですけど刃肉を抜かないと切れ味出ませんから、側面もガリゴリ研ぎ傷つけますけどいいですね?」
「いいです切れれば。」
イケメンマッチョが去ってゆく後姿に目をやりながらなにげに刃先に指を当ててみた。心の中のサモハン・キンポーがアイヤー!!と叫んだ。森昌子が歌った。テッパン。テッパン。これはて~っぱん~~。そう。それは刃物というより鉄板。ペーパーナイフのほうがまだ薄い。それが2本。手作業。大黒摩季が歌った。チョットまってよ、チョットまってよ。小さくなってゆくイケメンマッチョの背中に向かって、心の中で。

まあ~~~、、、いいか。2時間以上あるから、できるし。受けちゃったし。

鍔屋の鍛造痕が美しいダマスカス包丁をC#120の金剛砥でゴリゴリ削る。
なんとなく快感(笑)

鍔屋0001

鍔屋0003

鍔屋0004



そしてこれが、鉄板状態の刃の厚み。

鍔屋0002

鍔屋0005

鍔屋0006


よくこれで切ってたなあ。それで筋肉鍛えたんだろうか?
そういえばマッチョな魚屋さんがゴッツイ状態の出刃包丁出してきたこともあったっけ。
スポーツでも不必要な筋肉つけすぎると筋肉に頼っちゃってバランスが崩れてパフォーマンスが落ちるることがあるらしいしけど、研ぎも料理もパワーに頼ってはいけないと思う。

とはいえこの研ぎおろしはパワー全開じゃないとできない。考えただけでも滅入ってくる。
頑張ってやるか、と、取り掛かろうとすると、お客さんが来た。
裁ちばさみ。
極薄の布を試し切りしてみると十分よく切れる。刃は甘くは無い。ハサミは研ぎしろが少ないし研ぎ減ったぶん構造が変わるから、切れるなら研がないほうがいい。「何が切れないんですか?」と聞くと、「厚い布が先の方で切れない」と。デニムを切ってみると、確かに先の方だけ使うと嚙みこんでしまう。これは難敵・・・構造問題だ。そもそもハサミは先が弱い。長いほど弱い。フィットカットカーブみたいに刃線のカーブが強くなるように研ぐと切っ先が閉じなくなってしまう。それに外に開こうとする力の問題だからカーブを作って解消するともかぎらない。反りを強めにすればいけるかもと思って少し曲げてみた。が、直らない。こういう場合ふたつのパターンが考えられる。ひとつは薄布が切れるよりもっと鋭い切れ味だったから切れた。もうひとつはもともと切れてなかった。そのハサミに求められる以上の性能をお客さんが期待しているというやつ。「もともとは切れてたんですか?」「ハイ切れていました。」ということは前者か!
時間が無いので簡単に直ってくれかしと願ってアレコレためしてみた結果、けっきょく普通に研ぎ直すことになって時間を浪費してしまった。
するとまたまたお客さんがきた。理美容シザー2丁。「預かりでいい?」「いや今日中に受け取りたい。」
ハサミは直したつもりでも組み立ててみたら切れないことがあるので、時に、作業時間が読めない。
私のふだんの営業時間は「暗くなるまで」だ。
4時半までに包丁終わらせるとして、ハサミ3丁、日も長くなっているから、うーん、、、
「わかりました。やります今日中に。」
するとまたまたお客さんが来た。なんでこういうときに重なるのかね。
サビサビの包丁2本。ひとくさり錆びさせない使い方と錆びたとき落とす方法をぶって、これは後日渡しということでお預かりする。話をしてる時間もあまり無い。
するとまたまたまたまたお客さんが。包丁一本。「今日受け取りたい。何時になってもいい。」「・・・・わかりました。」

その後はお客さん以外に話かけられても完全無視を決め込んで、200BPM超の音楽かけてグリグリ削り倒して。

鍔屋0007

鍔屋0008

ダマスカスはこれで完了。磨かない(笑)
お預かりで作業時間があるときならもうちょっとマシにするけど。
そのかわりちゃんと包丁にはなってるよ。

鍔屋0009

鍔屋0010


それでも予定時間の4時半を少し過ぎてしまった。

120番の荒砥でゴリゴリ削りまくるパワー作業から一転して、細かい作業の裁ちばさみ。
とにかく分解して裏と小刃をひととおり砥石に当ててみるしかない。それでダメなら「ぼくには研げません」だ。手を洗って研ぎ台周りも洗って荒砥の砥糞がつかないようにして、やってみる。切れた!刃先だけでデニムが切れた!たぶんこれで大丈夫!
おつぎ、理美容シザー。鏡面蛤刃の刃をルーペで観察しながら研ぐ作業。部品を無くさないよう慎重に分解。鯛のうろこほどしかないような大きさのワッシャをひとつ無くすと切れなくなる。研ぎすぎないよう慎重に2000番からはじめて、ちょっとづつちょっとづつ研ぐ。研磨剤で拭きあげて鏡面に戻して、慎重に組み立てて、濡らしたティッシュペーパーぶら下げて。これが切れないとやり直しなのだが。お願い切れてーっ!!と心の中で祈りながら、切る。切れた!!よかった!!
2本目を分解しているときにお渡しの予定時間になってしまった。携帯電話を見ると気づかなかったが着信履歴があった。シザーのお客さんだった。電話する。「ゴメンなさい電話気づきませんでした。」「ゴメンなさい。受け取りに行くのが30分以上遅れます。」「あっ、だいじょうぶです。ていうかまだできてません。遅れるって電話かけようとして着電に気づきました。まだ帰らないのでゆっくり来てください。」
怒涛のように慎重に丁寧に2本目を研ぐ。
最後の仕事は包丁。このお客さんはリピーター。いちど研いだことのある包丁は研ぎやすい。ミソノだし。ミソノはもともとけっこ薄いから厚みの調整しなくていいのがほとんど。研ぎやすくて、研ぎやすくて、泣きそうになった。

中板橋商店街の夜は早い。
となりの八百屋さんも向かいの洋服屋さんも化粧品屋さんも店じまいした。
夜のとばりがおり始めたころようやくぜんぶの預かり物をお渡しして、仕事が終わった。
この日、天気は快晴。日中は夏の陽気。夕方は涼やかな風。人通りも多くはないのどかな商店街のはずれで、私の心の中でだけ怒涛の嵐が吹き荒れた午後だった。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

裁断機

こんなのも研げます。

裁断0001

裁断機。ペーパーカッター。
KOKUYO PAPER CUTTER DN2-N

裁断0002

関連記事

アルミブロック

こないだの溶接のやつ、アルミブロックの動画を公開した。



挟みやすいようにアルミブロックを加工しようかなと思っている。
簡単なので、包丁の柄の溶接で困っているひとはマネしてみてほしい。
あんまりいないと思うけど(笑)

もっといい方法があるよという情報も、あったらお待ちしてます。
関連記事
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク