珍品2点。

20年ほど前に買って、ずっと自分で研いで使っていた。という包丁。

はじめは錆や汚れで包丁の状態がよくわからなかったが、研いでいるうちに刃境線が見えてくる。
割込み包丁はハガネの出具合が左右で違っているものが多いので、なるべくハガネが出ていない側を多めに研ぐようにしている。

この包丁、裏は特におかしく無いのだが、

002_201707300136011b1.jpg

表の刃境線がどうなっているのか、わからなかった。

001_20170730013559f30.jpg

003_20170730013602a89.jpg

刀の刃文で「皆焼(ひたつら)」というものがあるのだが、それに似た模様。
もちろん皆焼とはぜんぜん違うものなのだが、表の地金がだいぶ無くなってしまっているのだ。

鉛筆でいうとこんな感じに削ってしまった状態。

鉛筆図

研ぎやすい表側だけ、角度をつけずに砥石にベタっと寝かせて研ぎまくっていたもよう。
このままいくと鉛筆の芯の部分が無くなってしまう恐れもあるので、角度をつけて、裏側からだけ研いでくださいとお願いした。
果たして今後どうなることか。


もうひとつ。
「本銘 龍王」というはじめてみた銘のペティナイフ。

004_20170730013604c9f.jpg

005_201707300136052fe.jpg

この写真を見ても何がどう珍品なのかわかりづらいと思うが、「本銘龍王」の「本」の刻字の上あたりから、刃元にかけて、斜めに影が走っているのがわかるかな?

モノクロでコントラストを調整してみた。

006_20170730013607b7f.jpg

007_2017073001360884a.jpg

わかる?

008_201707300136101cd.jpg

これならわかるでしょう。

曇り系の1000番ぐらいで研いだときのほうがはっきりわかるんだけど。
帯状に液体がついたまま放置して黒錆になった痕跡じゃないかなとはじめは思ってたわけ。
それがなかなか取れないんで、おかしいなと思ってたら、裏にも全く同じ模様がついてるのに気がついた。つまりどうも、ダマスカス鋼みたいな状態になってるらしいということ。
だけど積層鋼とはぜんぜん違う。そもそも模様が刃元のあたりにしかない。割り込み包丁じゃないから刃の部分まで模様がつながってるし。
ともかく、この帯状に見える部分は他と硬さが違うので、研いだときに表面の荒れ具合に違いが生じて、光の反射具合が変わっているらしいのだ。それが刀の刃文のように土置きして作られたものなのか、割り込み包丁やダマスカスの積層鋼のように異種鋼をくっつけて作られたものか、分からない。景趣があるともいえないし機能的に意味があるとも思えないので、何の目的でこんなふうになっているのかもわからない。しかし何らかの偶然や失敗でこんなふうになるともちょっと考えにくい。

持ち主さんに聞いてみたが、入手元もよくわからないとのことでナゾのままだ。
なにかご存じの方がいらっしゃったら教えてほしい。
関連記事

ジャイアントな牛刀

尺の牛刀。
錆び具合がハデだが深くはないので、錆にナンギさせられることはなかった。

牛刀尺0013




この動画は初めて新しいカメラで撮影したもの。

α700というだいぶ昔のデジ一を、ずっと使ってきた。ほとんどの写真は単焦点30㎜マクロレンズで撮影している。動画はコダックのプレイスポーツというデジカメを使ってきた。

刃物の撮影にはα700でも十分な性能だったのだが、今どきのデジ一には常識の動画撮影機能もついてくれていると有難いと思っていた。画質向上が期待できるということもあるが、何より持ち歩く機材がコンパクトになるからだ。

α700の後継機種はα77で、最新機種はそれからさらに進化したα77マークⅡだ。
このα77Ⅱの登場によって、初代α77の中古価格が新発売当初の三分の一ぐらいになっていることを知った。そこで初代α77の中古を買ってみたのである。

使ってみたところ、だいぶショックな誤算が3つもあった。

ひとつはこれまで使っていたメモリーカードが使えなかったこと。高画質になるとデータサイズが大きくなるので書き込み速度が速い最新のカードじゃないと使えないのだ。メモリーカードで1万円以上もするのがあるのは知っていて、何じゃそら?と思っていたのだが、存在理由が理解できた。

もうひとつは録画時間。気づくと途中で勝手によく止まっているのだ。液晶画面を使うのでバッテリーを食うのかと思ったが、バッテリーにもメモリカードにも余裕があるのに止まっている。
取扱説明書を読んでも理由がわからなかった。中古なので不良品だったのだろうか。
2~3日かけていろいろ調べたりネットで教えてもらったりして、だいたい理由が判明した。
まず、MPEGという形式で録画する場合、ファイルイサイズが2GBで勝手にとまる。前のカメラも2GBになると次のファイルに自動的に移行していたのでそれ自体はカメラの問題じゃないと思うが、この新しいカメラは次のファイルに移行せず止まってしまうのだ。録画時間にするとだいたい15分~20分ぐらいだ。
しかしMPEGではなくAVCHDというファイル形式なら、前のビデオカメラと同じように自動的に次のファイルに移行してくれることがわかった。ファイルサイズの上限は2GBで次のファイルに移行するらしいのだが、ソニー純正のソフトで取り込むと自動的に合体させてくれるのだ。
ところがAVCHD形式でも29分で停止する。どのファイルも必ず29分で停止している。次のファイルに移行せず、停止しっぱなしなのだ。
これはカメラの仕様なのだそうだ。
EU圏に輸出する際に、基本的に静止画を撮影するスチールカメラより動画を撮影するビデオカメラの税額の方が高く、30分以上録画できるとビデオカメラ扱いになってしまうから、という理由なのだそうだ。アホらしい。EU仕様だけ録画時間制限つければいいのに。
このほかに、カメラ本体が熱くなると自動的に停止する機能があるそうだ。機能が少なくチープなビデオカメラより液晶画面などの発熱量が多いために止まりやすいようだ。夏場は気を付けなければいけない。

最後は大きさ。
α77自体は多少α700より大きいようだが、比べればやや大きいという程度で、むちゃくちゃ大きいわけではない。しかし画角を広く得るためにこれまで使っていた30㎜単焦点レンズではなく24-70㎜マクロというズームレンズが必要になった。これ一本で24㎜の広角から70㎜の望遠までカバーしてくれる便利なレンズなのだが、この一本が、いままで使っていた30㎜マクロレンズとプレイスポーツというビデオカメラを合わせたサイズよりたぶん大きく、重たかったのだ(^^;; 
さらに、バッテリー消費量が多いのでスペアバッテリーと充電器も必要。
これが最大の誤算だった。だってコンパクトになるのを期待してたんだもん。

あと、電子式ファインダーがやはりイマイチ慣れない。いまのカメラはペンタプリズムなんか使ってる方が少ないけどみんな気にせず使ってるから、そのうち慣れるんだろうと思うけど。
それから、電源をOFFにし忘れているとほっといてもバッテリーがばんばん減っているのも困る。
AFで撮影してるとAFの動作音がうるさい。AFがバンバン動いて見づらい。
MFの固定ピントで離れて撮影しているとずっとピンボケになっていても気付かない。

ソニーはデジタル一眼レフカメラのメーカーとしては最後発で二大巨頭のキャノンとニコンにはぜんぜん追いつけないのだが、最近はミラーレス一眼市場で人気が高いらしい。ミラーレス一眼なら確かにかなりコンパクトだ。なぜミラーレス一眼を買わなかったのかというと、おなじαシリーズのカメラでも、ミラーレスには今持っているレンズを取り付けることができないからなのだ。
マウントアダプターというものを使えば付かないわけではないのだが、調べてみるとマウントアダプターの値段が中古のα77に近いし(笑)

欠点というのはすぐに気がつくものだけど、まあ、たぶんこれから使い慣れればたくさん良い面が見えてくるのだろう。そう期待している。
静止画はあまり変わらないと思うが、これから動画はちょっとマシになっていくかもしれない。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

7月 刃物研ぎ教室のご案内

包丁研ぎ講習会のご案内 
~身につければ一生の宝もの!!~
 

お申込みフォーム

場所 高円寺 レクトサンドカフェ
日時 2017年 7月22日(土) 午後
   講義13時~14時00分 実習14時10分~16時 いずれか片方だけの参加でもかまいません。
定員 講義 8名   実習 6名

講師 研ぎやTOGITOGI 代表研ぎ師 坂田ひろし

時間/授業料
 講義 13:00~14:00(1時間) 2000円
 実習 14:10~16:00(1時間50分) 4000円

※講義と実習は別料金です。両方参加すると6000円です。

持ち物
講義/筆記用具
実習/ エプロン

実習時に使用する包丁や砥石などは、主催者側でご用意します。
ご家庭のものを持ってきて頂いてもかまいませんが、ご使用になれない可能性もあります。

お申込みはこちらから↓
お申込みフォーム
申し込みフォームが機能しない方は、下記までご連絡ください。 
メール fe26cr24@gmail.com
携帯 090-4727-1056

概要
今回は、家庭用の「両刃包丁」が対象です。
包丁を研いだことがない初心者でも参加していただける内容にします。
ただし、理屈っぽいです。
「サルでもできる!すぐできる!」という内容ではなく、「正しい方法」をご教示します。
プロの方などで、どうも研ぎ方がうまくいかないという方にも、お役に立てる内容だと思います。


アクセス
 東京都杉並区高円寺南3-54-14-1F



<禁止事項>
・飲酒・酒気帯び状態での参加は禁止します。
・当日体調のすぐれない方の参加も、ご遠慮いただく場合があります。
・このほか、危険防止または円滑な会の進行のための注意事項ないし指示に従わない方は、主催者の判断で退出を命じる場合があります。

<免責事項>(いずれも主催者に重大な過失があった場合を除きます。)
・刃物によるケガや器物の損壊について、主催者は責任を負いません。
・第三者との関係で負傷や器物の損壊が生じた場合、当事者同士で解決していただきます。
・参加者の都合で講習会に参加できなかった場合や、主催者の判断で退出を命じられた場合でも、既にお支払いいただいている金銭は返金いたしません。
関連記事
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク