砥クソ、砥泥

包丁研いでるときに出る、砥クソ。

桶にためておいて、乾燥させて、刃物洗いに使うといいです。
クレンザーみたいなもんですが、泡立たないのですすぎが簡単で汚れ落ちがよくわかります。



Q.研いでるとき、この砥クソは、流す方がいいのでしょうか。それとも流さない方がいいのでしょうか。

人それぞれといえばそれで終わりなんですが。

せっかくこのブログで書くんだから、理屈を考えましょう。



砥クソの成分は、水と、削れた砥石と、削れた包丁ですね。

黒っぽい砥クソは主に鉄が削れた粉です。ほかの色は砥石の方が削れた色です。硬い砥石だと鉄ばっかり削れるから砥クソは黒っぽくなります。

「削れた砥石」には、基材と砥粒が混じっています。
砥石っていうのは硬くて小さなダイヤモンドのツブツブみたいな物を、粘土で固めたようなシロモノなんですが、ツブツブの方を「砥粒」といって粘土の方を「基材」といいます。これに水をつけて研いでると、その粘土部分とツブツブが削れ出てくるわけですね。

砥粒や包丁の削りカスにも研磨力がありますが、なんども撫でまわされてるうちに角が取れて丸く小さくなっていきます。そうなると、元よりも細かく優しく包丁を研磨するようになります。
しかし別な言い方をすると、研磨力が落ちているとも言えるわけです。

さあでは、これを踏まえて答えはどうかというと。



A.
荒砥石と中砥石は流す。
仕上げ砥石では流さないことが多い。



です。


荒砥や中砥では研削力が大事です。砥クソでゆるゆる撫で回してないでとっとと削る。

特に荒砥の場合もうひとつ問題があって、砥クソを残していると、小さく丸くなっているとはいえ荒砥の大きな砥粒です、これが平に当たって研ぎ傷をつけてしまうのです。
砥石を平に当てないようにしてても、研ぎ傷がつく。
私は柔らかくて砥クソがたっぷり出る荒砥石が嫌いです。

お預かりした包丁でも、ヒラに傷がつく可能性については保証できませんが、


仕上げ砥石でも削ることが主眼のときは砥クソを流しますが、流さないことの方が多いです。
天然仕上砥石だと、砥クソを流しながら研ぐことはまずありません。名倉でわざわざ作るぐらいですから。

なんだ、けっきょくケースバイケースじゃないか。とお叱りを受けそうですが。

おっしゃるとおり!

一般家庭なら中砥だけで終わりにすることも多いでしょう。
そういう事情なら中砥で砥クソをたっぷり使って研いでもいいと思います。

砥クソの存在意義を考えて、良いように研げば、それが正解です。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク