裏スキ

片刃の和式刃物に裏スキがある理由

裏スキがあるのは、裏を簡単にまっ平らにするためです。

裏スキがあるからまっ平らじゃないんだけど(^^;、裏押しをまっ平らな平面上に配置させればいい。

研いでみればわかるけど、ヒラや切刃も一見平らなように見えるけれども実は平らじゃない。デコボコしてる。ヒラはほとんどの和包丁が凹んでて、切刃はいろいろ。
切刃が凹んでいるのはまだいいけど、膨らんでいるのは研ぐとき問題になります。


さて、まっ平らな板を2枚用意して、辺を合わせてみると考えてみなせえ。

どういう風にあわせても、接線は必ず直線になります。逆に、接線が直線でなければ隙間が空いてしまいます。

これがポイント。

つまり、切り刃をまっ平らにして、裏押しもまっ平らな平面上に配置したら、その接線である刃線は必ず真っ直ぐになるんです。

以前の記事。
裏を研ぎすぎて裏スキが無くなってしまって、裏押しが平面上に揃わないため、刃線がまっすぐにならない薄刃を紹介しています。


薄刃包丁、菜切り包丁、刺身包丁など、和包丁は直線を重視している物がたくさんある。洋包丁でも日本の包丁はけっこう直線を大事にしていると思う。三徳包丁は牛刀から派生した和風洋包丁だけど、直線部分を重視した結果ああいう形になったんだと思う。

そういう目で海外のサイトで売られている包丁をよく観察すると、もともと刃線全体がゆるやかにカーブしている物が多い。日本の牛刀や三徳は欧米のシェフナイフと呼ばれるものと特徴が少し違う。


グーグル.comで検索した「Chef's Knife」のイメージ。

グーグル.co.jpで検索した「牛刀」のイメージ。



刃線に直線があるかどうかっていう違い、わかる?


直線を大事にしようと思ったら平面がしっかりしている砥石で研がないといけません。シャープナー使ってるとそのうち崩れます。
刃角度を一定にすることについてはランスキーみたいな研ぎ道具は優秀だけど、刃線の直線やカーブを思った通りに作ることはできない。トゲールの方がまだいい。大きな砥石を使わないとだめです。


包丁よりもっと直線が大事なのは大工道具。鉋とかノミとか。材木が手元で0.1ミリ狂うと1メートル先で10センチ狂ってしまう。
こういうの研ぐ人は砥石の平面におそろしく気を使っていらっしゃいます。
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

これからは、包丁をもっと大切に出来ますし。砥も楽しめそうです。

日々精進させて頂きます♪

また質問や疑問がありましたら、コメントさせて頂く事があるかもしれませんが、御教授いただけたら幸いです(^^)

Re: タイトルなし

あーなるほど。

うんうん、それは書き直さなくていい記事だと自分でも思いますw

早速の返信ありがとうございます。

『 包丁研ぎ、刃物研ぎの要』

↑この記事の冒頭にもありましたし、他の記事にも、砥石の平面を出す事が大切って事が伝わってきました。

細かく、図や写真もあって、非常にわかりやすかったですよ。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます(^^

「石の面のフラットの大切さ」これ前にも誰かおなじようなこと書いていただいたような気がするんですが、どこの記事に書きましたっけ?

先日、知恵袋でお世話になったものです。

寸と尺を間違えた者と言えばお分かりでしょうか?笑

一頻り、ブログを読ませて頂きました。

大変勉強になりました。
特に砥石の面のフラットの大切さなど、今まで気にはしていたものの、そこまで大事だとは思ってなくて、ただ闇雲に我流で毎日練習して、包丁の寿命を減らすばかりでした。

こちらのブログを読んで、包丁を荒砥からやり直して見ました所、見違えるくらいの刃が付き、ただただ驚いているばかりです。

これからも参考させて頂きます。
本当にありがとうございました(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク