研ぎ方のポイント

右手で柄を握って左手で平を押しているとき左手に力を入れすぎてはいけない。

ということは、たびたび書いてきた。

te.jpg

この画像は家庭用包丁の反りの部分を研いでるところ。
この角度のまま、まっすぐ砥石の上をスライドさせるんだけど、左手を強く押しすぎると包丁が寝てしまう。

左手の主要な役割は、角度と軌道の安定を確保すること。

砥石に強く包丁を押し付ける役割ではない。

なかなか削れなくても強く押し付けない。

研削力が弱いときには、グリッドの荒い砥石に換えるか、削る回数を増やす。



失敗してるなーと思うのはコンドルのクチバシみたいに反りの部分が凹んでしまった和包丁。

両刃の牛刀や三徳は反りが無くなって直線になってしまっている物。

真ん中が凹んでしまっているものはなぜか和包丁が多い。ちゃんと砥石を使っているけど力任せに研いでるからじゃないだろうか。
洋包丁の牛刀や三徳では、真ん中が凹んでいる物はあまり見ない。アゴと先が凹んで真ん中が妙に出っ張っている物が多い。スティックシャープナーや簡易研ぎ器を使うからじゃないかと思う。


なかなか研げない、カエリが出ない、というとき、強く押したくなってしまう。

だけど焦ってはいけない。

柄を持つ角度を維持してストロークを安定させるには、繰り返し練習するしかない。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク