マチ考

「マチ」についてちょっと考えて見ました。

「マチ」っていうのは、柄の近くの段になってる部分です。

柳刃各部名称2


柳刃包丁や薄刃包丁はマチがある物が多いです。
出刃包丁はマチがついてるのを見たことがありません。
菜切り包丁にもほとんどマチは無いですね。


これが通常の柳刃包丁。マチがある物。

通常_Col



ではマチを作らないとどうなるでしょう。

マチ無し_Col

ぶっといんですね。

何が問題なのかというと、柄の中に縦幅の隙間がほとんど無いということ。割れるかもしれない。

柄の縦幅を一回り高くしないと、本体がしっかり収まらないのです。

しかし柄を大きくすると握りにくい。



じゃあ、中子の細さに合わせて包丁全体を造ればいいんじゃないのか?

するとこうなります。

上下削りマチ無し_Col

なんか、貧相なんですね(^^;

機能的にはおそらく、一番上のとあまり変わらないと思います。切れ味も強度も大して変わらないでしょう。
重量バランスはちょっと変わると思うけど、そんなのは包丁の長さでも微妙に変わるんだから、マチを必要とする本質的な理由じゃないはずです。

だけど貧相です。


そこで、全体のバランスを保つことがマチという構造の本質的な目的じゃないだろうか。と想像します。

だとしたら、別におおっぴらに公言しにくいようなことではないと思うんですが。
なんで長さはマチから測るんだ?っていうのは大人な事情なのかもしれませんけど。
それについて文句を言うなら「アゴから測れ」であって「マチを無くせ」では無い。包丁を長めに表示するため、なんてさもしい理由でマチがあるわけじゃないでしょう。
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

秋水さんこんにちわ。

そうですね、ヒラやシノギにしても刃物の部分名称は日本刀に由来するものがかなり多いようです。

銃刀法2条の刀剣類の刃渡りの計測方法は書かれている通りですね。
だけど22条携帯規制にかかる刃物の刃体長の計測方法は基準が違ったりして、実にめんどくさい(^^

古いことより出自が歪であることが要因として大きいと思いますが、精査すると社会通念上の合理性が通用しない規定が多い変な法律です。

No title

はじめまして。

マチについてですが、漢字にすると区。刃側が刃区で峰側は峰区と呼ぶはずです。
日本刀の区に準じているのだと思います。
刃渡りの測り方についても日本刀の場合と同じ、区から切っ先まで。日本刀の場合は峰区から切っ先までの規定です。

銃刀法は古い法律なので、今から見ると謎の規定がちょこちょこありますね。

Re: No title

それは尺貫法の解釈を覆す議論で、包丁の長さがどうとかいう問題に留まらないので、明確な根拠が無いかぎりさすがに勘違いだと思います(^^;

No title

昔のことを口にすると笑われますが、寸の表示も今の基準とは異なりましたね。
昭和の50年代頃までは寸3,3cmだったように思います。はっきりとした記憶ではありませんので間違えたら失礼します。現在の尺一が昔の尺ということですか。
その頃の包丁は身幅が今よりも一~二割程幅を引いて造られていて、
研ぎ減って使い頃になると今の形になったように思います。これも全ての鍛冶屋さんがそうしていたかと言われるとはっきりとは分かりません。

不確定なお話、失礼いたしました。

Re: No title

細いやつなんか、もし実際に作って手に持ってみたら絵よりもずっと貧相でしょうね(笑)
ともあれ、わからないことを考えたり批判も含めて喧々諤々するのは楽しいです。

たまにこんなブログにもイデオロギーなコメントされる人がいるんですけど、自説に固執することが目的っぽい人とはアウフヘーベンできないから関わりたくありませんけどね。コメント表示は承認制にしてるので、意味がわからないのはポイしてます。

No title

別に、いけずとかでは無いですが、説明が文章でしにくいのと、自分がパソコンが苦手なので、実際一つは現物を見て分かったと思います。上手に図に書いて説明していますが、僕は上手く出来ないので、説明を逃げました。上手く言えないのと分かりにくいですが、説明させてもらうと、何でいるかと考えるより、いるから付けてると考えた方が分かりやすいと思います。実物を何種類かそろえて説明すると分かりやすいのですが、出刃と柳刃などのマチ付きの包丁の使い方の違いで操作性が良いように、マチを付けます。無いと使いにくいです。包丁屋としては、わざわざ加工しているので、刃と同じに金額を請求します。操縦性は板前さんに聞くとすぐ分かります。包丁の種類については、刃線や刃厚や刃角は堺の包丁はすべて必然性と合理的に作られており、砥もそれを理解して研ぐ事が、その包丁の特性を活かす砥になります。地方と堺の一番の違いは、分業と特化による長年蓄積されたノウハウで、他府県の包丁屋さんでも、堺で修行された方以外は案外知らない方の方が多いです。絶対的な決まりではなく、ローカルルールとでも言えば良いでしょうか、歴史的背景も考慮しなければ行けません、昔と今では包丁の使い方や形も変わって来ています。柳刃は今使っている物は薄引きいわゆるすし屋のネタ切が主流です。魚も大きさをまな板に合わせて買ってくる、切身で買うとなれば、必要な包丁も変わってきます。本出刃や本柳刃はあんまり出番が無くなります。板前もカウンターが多くなって来ましたが、本来調理場は見せないと言うのが常識の時代もありました。カウンターで使う包丁と昔の調理場で使う包丁は使い方も変わります。よそのブログでも色々と書かれていますが、結構間違って伝わっている物も少なくありません、無料の知識は色々な意味で問題があります。簡単に人の意見を信じる。安易に理解し、それおネットで共有する事で定説化する。学者の論文ほど意見の分かれる物もありません、このブログがそうだと思えばコメントはしません、
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク