さいきん鋏のご注文が多い。何かあるのかな?


布切り鋏と髪切り鋏は精度が求められるということは何度か書いたと思う。

その例。薄布が切れ残る。
004_20120421223630.jpg


拡大するとこんな感じ。
003_20120421223412.jpg

細い糸が切れずに残る。

少し厚みのある布なら切れる。紙は全く問題なく切れる。

だけど薄布は切れ残る。

刃線にかかっている黒錆が原因。


これが黒錆部分の拡大。
002_20120421222927.jpg

穴が開いてるわけです。
錆のいちばん深いところまで掘るように削らないと、刃線側から研いでも微細なデコボコが残ってしまう。
その微細なデコボコで、薄布が切れず、理美容シザーであれば髪が1~2本切れない。

裏スキを崩してはいけない。錆の周辺だけ削ると反りが狂う。ハサミ全体のバランスを考えながら形を狂わさないように全体を削らないと、他の部分が切れなくなる。
このちっぽけな点錆のために、裁ち鋏にはけっこう大変な作業が必要です。
関連記事

テーマ : ハサミ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク