包丁ケースver.2

包丁ケースのバージョンアップ。

以前の記事で紹介したケースは差し込むだけの物なので、持ち運ぶとき抜けないようにゴムを縦に巻いて留めていた。しかしうっかり外れてしまうこともある。

そこで持ち運ぶことを念頭に改造して、外観も布を巻いてちょっときれいに作ってみた。


ベースはやはりダンボール。
001_20120519114025.jpg

三つ折にできるサイズに切り抜く。
004_20120519114022.jpg

006_20120519114020.jpg

005_20120519114021.jpg

下に切り込みを入れる。
007_20120519114142.jpg

するとこうなる。ゴムがうっかり外れにくい。
008_20120519114141.jpg

布を張る。木工用ボンドを水で少し薄めながら。
009_20120519114140.jpg

010_20120519114139.jpg

内側に新聞を張り付ける。
長期保管するとき油を塗ることがあるのと、刃先を多少保護する効果がある気がするので。
012_20120519114137.jpg

完成。
三つ折型にしたので以前の物と違い刃先が擦れることもない。
013_20120519114248.jpg
014.jpg
015.jpg
016.jpg
017.jpg
018.jpg
019.jpg
020.jpg


布は縫製業のお客様から頂いたもの。ありがとうございます。和包丁に合うと思うんだけど。
あ、でもよく見たら上下逆さまだ。。まいっか。

見た目がきれいになったせいで輪ゴムがチープでアンバランスになった。
適当な紐があるともっといいでしょうね。

● アンケートにご協力ください。 ●
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 参考になりました

ココアさんこんにちわ。
コメントありがとうございます。励みになります。

体裁さえ気にならなければダンボールは簡単に作れて実に便利な素材だと思います。

記事はけっこう思い込みだけ書いててあとで間違って訂正してるところもあるので、間違いがあったら遠慮なく指摘してください。

参考になりました

麺切り包丁のケースで
市販の物だとサイズが無く
探してて辿り着きました

麺打ちした時しか使わず
2か月に1回くらいの頻度なので
保存も兼ねて自作しようと思っています

他のページも覗きましたが
包丁って奥深いんですね
興味深い話が多く釣り込まれました
また来まーす

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク