カンナやノミといった大工道具はあまり研ぎに出てくることが無い。
大工さんも今はそんなもの使う人ことが少なくなってしまったからだ。
今のほとんどの住宅は、製材所でプレカットした材木を現場で組み立てるだけで完成する。ノミもカンナもノコギリも使わなくていい。釘打ち機があるので金づちも使わない。
まだ手動利器を使っている現場もあるが、ノミやカンナを使う大工さんは自分で研ぐ。ノミやカンナで製材していた時代は、刃物が研げなければ仕事にならなかった。
そして、ノミやカンナを持っている一般家庭なんかほとんど無い。

そんな珍しいノミの注文が久しぶりにあった。
自分でも忘れないようにメモしておく。

まず砥石を平らにする

片刃の刃物だから、裏と切刃を平らにすることで刃線をまっすぐにする。これが基本。どちらかが歪んでいると刃線も歪んでしまう。

ノミは耳(角)を使う作業が多いので耳を確り立てる。
カンナは刃線全体で削る道具なので、逆に耳が立ちすぎると材木を抉ってしまったりするので、ほんの少し後退させる。

柄が外れる物はできれば外す
ノミは小さいので切刃の面積が狭い。切刃をピッタリ砥石に当てて研いでるつもりでも、柄がフラフラ揺れてしまう。なるべく手の中にコンパクトに収まる方がいい。

柄が外れない物を持つときは、小指に力を入れて確り柄をホールドする

個人的には横研ぎの方が安定する。

ストロークは小さくする
ノミは特に、ストロークが大きいほどフラフラ揺れやすい。
そもそも研ぐ動作は肩を支点に腕を振ってるわけだから円運動がベースなのだ。肘と手首を絶妙に稼動させてまっすぐ前後にストロークさせるんだけど、ストロークの幅が大きいほどブレやすい。

指先で砥石が切刃のどのあたりに当たっているか感じる
これは感じることなので口では説明できない。切刃が凸状に膨らんでいるものは出っ張った部分を当てることを意識する。

砥石に強く当てすぎない

軽く2~3ストロークしてから切刃の当たっている場所を確認する。

当たり面と角度を随時確認しながら研ぐ。

柄がついたまま研ぐ場合はノミの全体がフラフラしていないか見ながら研ぐ。柄の尻がフラフラしてると凸状になってしまいます。指先は当たっている場所を意識して、目はノミ全体を見て、研ぐわけ。これは包丁も同じ。

砥石全体を使う。

マメに面直しする。



切刃が局面になって刃線も少し曲がってるノミ。

001_20120624141641.jpg
005_20120624141641.jpg


平らにすると刃線もまっすぐになります。

007_20120624141640.jpg
009_20120624141639.jpg


こちらは月市弘。

011_20120624142043.jpg
010_20120624142043.jpg


研ぐ前は裏の角が黒ずんでるなーという程度の印象。

010 (1)


ところが砥石を当ててみると、残念ながら裏の錆がかなり深かった。かなり長期間放置していたんだと思う。

016_20120624142041.jpg


使うなら、錆びの深さまで裏を削るか。裏スキは無くなる深さになりそう。あまり裏を削りすぎるとハガネが無くなる恐れがある。ならば1センチぐらい研ぎ減らすか。

お客さんに相談した結果、これはこのままの状態でお返ししました。
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク