菱星印

ヒシボシ印という砥石が良い砥石だと、クラシックギター製作家の方が紹介していたので、ためしに買ってみた。

hisiboshi.jpg

グレイが中砥で、ピンクが仕上げ砥。


・プラスチック台座付き

このままキッチンシンクに置いて使うことを想定してるじゃないかと思うけど、研ぎ台の上に置いてみると、グラグラしてダメ。さっそく引っぺがす(笑)
台座無しのも売ればいいのに。


・含水不要

この砥石は吸水しないので水をかけてすぐに使える。
販売店である松屋金物さんのホームページに「特殊低温焼成」と紹介してあったので、シャプトンと同じマグネシア製法ではないと思うが、水に漬けっぱなしにしてもいいのかどうかは不明だ。
シャプトンは水に漬けっぱなしにすると基材が柔らかくなってしまうので一日何時間も研ぐプロは使えないのである。
今のところ柔らかくなる気配はないが、なるべく水に漬けないように使っている。


・「天然砥石の切れ味」

「天然砥石の切れ味」とスタンプしてあるがこれについて。
ただし、はじめに私は天然砥石にはあまり詳しくないということをお断りしておく。

まず中砥から。
少し内曇効果がある。丹波の青砥のような粘性のある砥糞が出る。研削力は青砥より強い。私がよく使う何本かの中砥と比べると研削力は弱い。
ステンレス系の鋼材にも愛称の悪さは気にならない。

仕上げ砥。
私が持っているどの合わせ砥とも似ていない。ふつうの人造仕上砥石という印象。粒度は#5000以下だと思う。
仕上砥石であることは確かで、コストパフォーマンスは非常に優れていると思う。

中砥も仕上砥も砥粒が柔らかく破砕しやすいんじゃないかと思う。砥糞を溜めてネチネチ研ぐと細かい刃がつく
かもしれない。


・感想

気に入らない点は、中砥は研削力がイマイチなので、いろんな鋼材の刃物を手早くゴリゴリ研ぐという用途の研ぎ屋にとっては最高じゃないということと、幅が少し狭いということ。ただしどちらも大きな問題じゃないけど。
平面維持力は合格。仕上砥はコストパフォーマンスが高い。



水に漬けたままにしてもいいのかわからないのでメーカーに問い合わせをしようと思っている。製法もよくわからないのでできたら教えてほしい。
販売店の松屋金物さんにメーカーを教えてくださいとメールを送った。お返事お待ちしております。
現在はどちらも売り切れになってしまってる。
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク