洋包丁 柄の交換

預かった包丁の鋲が腐食してパカパカだった。

マトリックスアイダさんに相談すると、ベルトサンダーがあればできそうだったので交換に初挑戦。

001_20121210153330.jpg

002_20121210153333.jpg


割ったところ。

003_20121210153336.jpg

004_20121210153337.jpg


ハーフタングなので中子に合わせて内側を彫らなければいけないがドリルもトリマーもない。
穴あけはマトリックスアイダさんに加工をお願いする。彫りはノミと彫刻刀で手作業。

005_20121210153337.jpg

下の曲面はブレードと合わせてから削るとブレードのアゴも削ってしまいそうなので先に削った。
フルタングだとブレードと一緒に削らないと面イチにならないけど、どうしたらいいんだろう。

006_20121210153401.jpg


接着。

このあと厚みを削ってノミで曲面加工して耐水ペーパーかけて焼き色つけてワックスを塗る。

007_20121210153403.jpg

008_20121210153406.jpg


完成。

楽しかった。

課題は多々あるけどまあまあかな。

009_20121210153405.jpg

010_20121210153406.jpg

コストが掛かり過ぎるのが一番の難点。

マトリックスアイダさんでは事情を汲んでなるべく安くつく方法を考えてくれたけど、安い材料とドリルの穴あけだけでも1500円強。5000円ぐらいもらわないと採算合わないけど5000円の価値がある作業だとは思わないので、今回はあくまで趣味の作業です。


参考にハンドメイドのナイフだとどれぐらいの期間で出来るのか質問したら、作業が上手で早い人でも実働4~5日は必要とのこと。そりゃあ1万円や2万円では売れるわけがない。

一番手間が掛かるのは、やはりブレードの磨きだそうです。
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

> 和包丁では交換の柄が有りますが
> 中子の形状がマチマチの為?
> 木の柄で無いので腐ったりしない為?
> 洋包丁では無いのが普通なんですか?

和包丁の交換用の柄は、ホームセンターなどでよく売られているが、
洋包丁の柄は、通常は売られていないものなのか?

というご質問ですね?

洋包丁の柄の交換は非常に大変で、
柄材やリベットだけ売られてても簡単に交換できないから、
DIYで交換する人がほとんどおらず、
店に並べても売れない。

という理由だと思います。
ワンオフで柄の作成をしているのは、
ハンドメイドナイフを作ってる人ぐらいだと思います。


> 超激安に釣られてツヴィリングのラインと言う牛刀を買ったのですが
> 軽過ぎてバランスが悪く使い難いですね。
> 購入後メーカーに確認すると本体重量100gとの事。
> 和包丁の様に簡単に交換可能なら
> もっと重い柄に交換も考えられるかなと思った次第です。

釣竿で、グリップエンドにつける錘の数を変えられるものを持ってますが、
邪魔にならない場所になにか錘を噛ませてみてはどうでしょう。

具体的にどうするという提案は無いんですが(^^;

No title

こんにちは

包丁ばなし いつも楽しく読ませて頂いています。
和包丁では交換の柄が有りますが
中子の形状がマチマチの為?
木の柄で無いので腐ったりしない為?
洋包丁では無いのが普通なんですか?

超激安に釣られてツヴィリングのラインと言う牛刀を買ったのですが
軽過ぎてバランスが悪く使い難いですね。
購入後メーカーに確認すると本体重量100gとの事。
和包丁の様に簡単に交換可能なら
もっと重い柄に交換も考えられるかなと思った次第です。

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク