キッチンバサミ

001_20130314231819.jpg

赤いキャップをはずすとネジが出てくる。

002_20130314231820.jpg

錆びてる場合が多い。
これは一度外して軽く拭いたあとの写真だが、はじめはネジ山も判別しにくい状態だった。

003_20130314231820.jpg

このタイプは水が溜まったままになりやすいし洗えないので錆びっぱなしになりやすい。構造問題。
ネジとワッシャが固着してしまっている。

004_20130314231820.jpg

赤錆をおおまかにこすり落とす。
この作業がいちばん時間がかかったかも(笑)


↓刃線にある小さな黒い点々が、おなじみのステンレスの孔食。

005_20130314231820.jpg

アップ
006_20130314231838.jpg

別角度から
007_20130314231839.jpg

アップ
008_20130314231839.jpg

裏から
009_20130314231840.jpg

アップ
010_20130314231841.jpg

キッチンバサミはビニールを切るぐらいなのでこれぐらいデコボコがあっても問題なくスカスカ良く切れます。
とはいえ、孔食は奥に水が溜まりっぱなしになって錆が進行しやすいので、マメに水分を拭ってあげる方がいい。濡らしっぱなしで使っても5年ぐらい平気で持つと思うけど。

私は貝印のキッチンバサミを使っているが、濡れることが前提なので刃が簡単に分割できて隙間を洗ってよく乾かせるのは秀逸。

関連記事

テーマ : ハサミ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

あきらパパさん、コメント2件ありがとうございます。
スミマセン、返信忘れてました!

> ツヴィリングは単純にねじ止めなので分解はできますが、
> 貝印の方が簡単にバラせるのでいいですね。
>
> 播州にもステン鍛造で簡単にバラせるキッチン鋏がありますよ。

ツヴィリングのサイトを読むと、いまたくさん造られてるののベースの形はあちらで開発されたようですね。

日本はいろんなメーカーが作ってますが、バラしてみるとやはり値段に応じて構造のしっかりさ加減が違います。
実用面で考えると、切れ味はビニール袋が切れる程度で良いので、裏スキや反りやヒネリの精密さよりも、やはりキッチンで濡らして使うことを考慮するとバラせるという要件は重要だと思います。
包丁そのたの食器より隙間にゴミが溜まりやすく、菌は溜まったゴミに繁殖しやすいから。

播州のメーカーさんも、そういうメリットをわかりやすく宣伝なさると良いのではないでしょうか。

No title

ツヴィリングは単純にねじ止めなので分解はできますが、
貝印の方が簡単にバラせるのでいいですね。

播州にもステン鍛造で簡単にバラせるキッチン鋏がありますよ。

Re: No title

> キッチン鋏は分解して洗える方が清潔だし、良いと思います。

そうですね、分解できないにしても、こういうふうにネジを隠してしまうと掃除ができないし乾きにくいので何年も経つと錆びてしまうのもやむを得ないのかなと思います。

ツヴィリングはキッチン鋏なのに造り込みのしっかり感がありますね。
分解できるのもあるんでしょうか。

No title

うちでもこのタイプの鋏を使っていました。
(何かの包丁セットに付いてたと思います)

現在はツヴィリンクを使ってます。
流石によく切れます。

キッチン鋏は分解して洗える方が清潔だし、良いと思います。
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク