外丸の彫刻刀、鑿(のみ)を研ぐ

外丸の彫刻刀や鑿は砥石を作るところからはじめないといけない。
私は薄くなった砥石を切って作っているけど、普通の人はどうしてるんだろう。専用のものが売ってるのかな?

07_20130411145224.jpg


01_20130411143024.jpg


こんな感じ。大きさは小ぶりなライターぐらい。
ピンクはあらと君(#220)、かなり大きく削るときだけ使う。青は中砥、白は仕上砥(#10,000)の小割れ。
02_20130411143025.jpg

3mmの外丸彫刻刀。
彫刻刀のRに合わせて、面直しで砥石を尖らせたり丸めたりしながら研ぎます。
03_20130411143025.jpg


04_20130411143027.jpg
05_20130411143041.jpg
06_20130411143041.jpg

一番下は13mmの叩き鑿。ここまで研ぎ減っていても研ぐとちゃんと刃境が見える。楽しい。エッジは使わないし、そこまで研ぐとだいぶ減らしてしまって刃が勿体無いので真ん中部分だけ研いでいる。

関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

あきらパパさんコメントありがとうございます。

> 彫刻刀用の砥石はありますが、
> すべてに対応している訳ではなく、
> 結局、自分で加工するしかないですね。

そうですね。
内丸に対応した溝を掘ってる砥石はよくありますけど、外丸に対応した蒲鉾型はあまり見ませんね。
ただ、研いでみればわかるけど、どうせ石の形も崩れるんだからその都度荒砥で良いようにRを整形しながら研がないと、思ったように研ぐことはできないです。

研ぎ屋ならサイズに対応した石をいくつか作っといてもいいんですが、お恥ずかしい(^^;
造るのは簡単なのでお客さんの注文なら検討しますが、自分のものなので実用性だけでやってます。

No title

彫刻刀用の砥石はありますが、
すべてに対応している訳ではなく、
結局、自分で加工するしかないですね。
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク