割れちゃった!

愛用していた2000番の砥石が割れちゃった!

001_20131022101134d68.jpg


落としたわけではない。
研ぎ桶から取り出そうとして持ち上げたらボロっと崩れるように割れたのだ。

002_20131022101136378.jpg


以前から細かいヒビが入っていたのだが、当たる筋じゃないし表面だけだろうと高を括っていたが、内部まで亀裂が入っていたようだ。

4~5年前に買って水を張ったコンテナボックスで保管していた。
マグネシアと天然砥石以外の使う砥石は同じように保管しているが、他にひびが入っている物は無い。

ピンク色の2000番なのでずっとベスターだと思い込んでいたが、ベスターの製造メーカーである京都の今西製砥さんに問い合わせたところどうやら違う物のようだった。


手研ぎに使われる人造砥石はビトリファイド製法とレジノイド製法とマグネシア製法に大別される。

ビトリファイド製法の砥石は焼き固められて造られた陶器のようなもので、化学的に安定している。
マグネシア製法とレジノイド製法は樹脂で固められた砥石だ。
この砥石も樹脂系ではないかと今西製砥さんにご指摘を受けた。

シャプトンは水に長い事漬けていると柔らかくなる。4~5年とかいうスパンではなく、#220の経験では数時間で柔らかくなりはじめるので、こんな風にはならないはず。
樹脂の種類などによっていろんな影響があるそうだ。

砥石としては目が細かく研削力が強く気に入っていたので残念だ。
ブログなんかのベスター2000番のレビューを読むと、粗めの粒子が混じっているとか研ぎだしが遅いとか、なんか違うなあと思っていたのだが。こいつはいったい何者なんだろう?

替わりの2000番を探さねば。
関連記事

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

田中さんコメントありがとうございます。
京都のメーカーなら可能性があります。
何か確認方法はあるでしょうか?
ポーラス・セラミック製法というのは聞いたことがなく調べてもわかりませんでした。結合材がセラミック質と書いてるから焼結とは限らないのでしょうか。あるいは、焼結でも割れるものがある?

No title

割れた砥石は宮越製砥の吉野2000かと思いますが

No title

ベスター2000番も在庫あるけど・・・

2000番

連絡が遅くなってすみませんです。
ヤフオクに2000番出品中です。
焼結です。

Re: No title

PAPA2000はWAでレジノイドでしょうか?
お値段教えてください。

No title

良かったらうちのWA2000番を使ってみますか?

http://blogs.yahoo.co.jp/hideo_na/32615944.html

Re: タイトルなし

無念!(>ω<)

残念!
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク