釣り針を研ぐ

カワハギというのは変わった餌の食べ方をする魚だ。

Kawahagi.jpg
(wikipediaより)

花の蜜を吸うハチドリのように、海中でホバリングするようにして、上からふわふわと落ちてくるエサの周りに寄り添って、細い口先でついばんで食べるのである。おちょぼ口の中には丈夫な刃が並んでいる。

多くの魚はエサを見つけたら大口を開けてとりあえず口に入れてしまって、それから違うと思えば吐き出す。しかしカワハギの仲間は、口に入れる前によく観察して、食べたい部分だけを齧り取るのである。

そんな食べ方をする彼らには、おそらく釣り針も糸もよく見えているはずだ。

おかげで釣り人は毎度毎度とても悔しい思いをさせられることになる。
仕掛けを海底まで下ろしてしばらく、何の魚信もないときは、巻き上げてみたらエサだけ無い。
たった5秒だ。
なにせ仕掛けを下ろしている最中からもうつついて食べているのだから。

関東の釣り船ではアサリをエサにするが、カワハギは、まず内臓の柔かい部分を食べて、次にエンペラや水管などの比較的硬い部分の端っこを引っ張って針から外して食べる、というようなことをする。
活性の高い日のカワハギ釣りは仕掛けを下ろしている時間よりエサをつけている時間の方が長い。
釣り人にとっては非常に厄介な餌取り名人なのである。


しかしご存知のように、食味は非常に良い。
透き通った歯ごたえのある白身で、冬平目のように脂は乗らないが身の締まりはこちらの方が上である。
しかも肝が絶品。量が取れないが、単体ではフォアグラよりアン肝より濃厚。
肝和えにして濃いめの醤油を少し付けて食べる刺身の美味さは、他で味わうことはできない。

釣りが難しいこともかえって釣り師のやる気をそそる要素になっていて、特に東京湾には三浦半島から房総半島までの全域で専用の釣り船が多く出船している。カワハギ専用の釣り道具もたくさん販売されている。


釣り針も独特な形だ。

006_201401221443357c7.jpg

右は針の先っぽだけ口に入れば引っ掛けてしまおうという形。ハゲ針という。
左はカーブしている先端部分まで口の中に入れてもらおうという形で、口に入りさえすれば針掛かりして外れにくい。

この針先を研ぐ。
砥石は1万番の欠片。
001_20140122125340ac8.jpg

研ぐ前の針先の拡大画像。
003-3.jpg

これはダイワの「D-MAX パワースピード 早掛太軸 8.5号」という釣り針。
針先は30ミクロンぐらい。

これをロック付き鉗子で挟んで、
002_201401221253420ea.jpg

砥石でごく軽く10回ほど撫ぜる。ゴシゴシこする必要は無い。

005_20140122125355537.jpg

すると3ミクロンぐらいの針先になる。

004-2.jpg


拡大すると大きな違いのように見えるが0.03ミリが0.003ミリになったという違いにすぎない。

ふつうの魚はこんなことしても意味無いが、エサ取り名人のカワハギにいつも臍を噛まされている釣り人は、ちょっとでも針先がこのオチョボ口に触れたなら、決して滑ることなくガッチリと食い込んで欲しいのだ。


なお、この作業によって私の釣果が伸びているのかは不明である。
おまじないの類かもしれない。

カワハギに悔しい思いをさせられていて藁にもすがりたいという同好の士は一度お試し頂きたい。
鉗子は1千円台で買える。ペット用品として販売されている。かならずロック付きの物。
1万番の砥石の欠片はちょっと入手が難しいが、330銘砥で売ってる天然仕上げ砥石の欠片なんかでもいいんじゃないだろうか。
http://www.330mate.com/product/341

当然だがルアーのフックはこんな研ぎ方しなくていい。釣具屋さんで売ってるフックシャープナーで充分。

フライはやってみて面白いかもしれない。渓流魚もなかなかの強か者だから。私はフライフィッシングをしないので試せないが。



最後に、他のメーカーのカワハギ針の針先。参考までに。

VARIVAS ジーク ABL カワハギ糸付鈎 ハゲ鈎タイプ 4号
varivas.jpg

がまかつ 競技カワハギ速攻 5.5号
gama.jpg


被写界深度が浅くきれいに写せていないのでこれらの写真だけで判断できないが、実際に観察したところ「がまかつ」が一番鋭いようだ。もともとは釣り針のメーカーなので得意分野なのだろう。
関連記事

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 釣れない…

ふぃっしゅーな。
なんていう施設が2009年にできたんですね。

いや実は私の頭の中の情報はもっと古くて、たぶん10年ぐらい前に愛知県の友達と静岡のいろんな場所で餌木やルアーを投げて回っていたのですが、焼津港だけは何度行っても対象魚のみならずエサになる小魚の気配もぜんぜん無かったという記憶があるのです。

知人が焼津に住んでいますが、津波と原発はもう諦めたと言ってます(笑)
ただ、津波対策がいちばんしっかりしている町でもあるようですね。

釣れない…

船酔いするので必然的にサーフなわけですf^_^;
焼津港では、護岸や人工漁礁が作られフィッシューナが作られましたがこれは関係あるのかわかりません。

堤防から秋〜冬とはいえ、虫餌ですら、ピクリともこないことはここ数年顕著で、不気味に思っていました。大好きな海釣りが自転車で楽々行ける!…という理由もあり、焼津に自宅を購入しましたが、今更ながら、大地震後の津波とか心配で後悔してます^^; しかしまぁ、新年に海岸から眺める富士山の清々しさは格別ですけれどね^ - ^



Re: カワハギ釣り

焼津アイターンパパさんこんにちわ。

なるほどサーフだとそういうことになるんですか。
船でも這わせ釣りっていうのがありますが、そういう理屈かもしれませんね。

ところで焼津というと、焼津港って周囲の港と比べても異常なほど魚の気配が無いという印象があるのですが、何か思い当たることはありますか?

カワハギ釣り

通り過ぎに偶然見つけた、包丁の握り方の記事、とても参考になりました。今更ですがお礼を言いに戻りました。私の仕事はお肉関連ですが、本当に切れ味よく、スカッと仕事できるようになりました。
あ…、確かに船のカワハギ釣りは難しいですね。でも、砂浜からボーンと投げて、底に這わせて、頭を下に向けている状態のカワハギ君は、ハゼなみに釣りやすい魚となります。得意のハチドリのようなホバリングができないので、簡単な釣ることができます。でも、さすがにハリスはあの鋭い歯で弱ってきますね。
それにしても、こんな番手の小さな砥石あるのですね。

Re: ナノテクの戦い

> 0.003ミリですか!刃物も先端はナノテクのせかいですね。

ナノまではいきません(^^;
100万分の1単位なので。
光子の波長の関係で、ふつうの光学顕微鏡では観察できません。

ミクロ単位ぐらいでも、爪に刺してみた感触は、新品よりかなりイイです。
たぶん、1~2匹掛けただけで磨耗してると思いますけどw

ナノテクの戦い

0.003ミリですか!刃物も先端はナノテクのせかいですね。

ここまで来ると 人 vs カワハギ の壮絶な戦いにしか思えません・・・。
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク