柄埋め

「頭落とし」が再びやって来た。

001_20140224015227096.jpg


今度は合羽橋鍔屋の製品。柄もかなりダメージが大きかったので埋めて修理した。

002_20140224015228833.jpg
003_2014022401523095a.jpg


昔、充填剤にエポキシ系接着剤の「スーパークリア5」を使うと書いた覚えがあるが、今は30分硬化型や60分硬化型を使う方が多い。
特にこういう派手に開いてしまっているものはしっかり奥まで充填剤が入ってくれないといけない。
粘度が高いので5分硬化型だと奥まで入る前に硬化しはじめてしまうのだ。

004_20140224015231633.jpg

表、裏、上、下それぞれ2回づつぐらい盛り足す。
最後に盛ってから24時間以上置いて充分に硬化させてから、グラインダーとリューターで余分なところを削る。

今回は木材自体も乾燥して劣化していたので木固めエースで補強した。
木固めエースは非常に優秀。ホームセンターなどで売られている木材表面コーティング用のワックスとは仕上がりがぜんぜん違う。

それぞれの作業ごとに乾燥させないといけないので3~4日かかる。
研ぐよりはるかに手間がかかるので忙しいときはできません。

005_20140224015233f17.jpg
006_20140224015243c2a.jpg
007_20140224015244693.jpg
008_201402240152467c5.jpg


特に技術は必要ないので誰でもできる。グラインダーがなくても凸部の処理はヤスリや耐水ペーパーで可能。
コツは、
・焦らず数回に分けて作業すること
・一回一回しっかり硬化させること
・二液を混合するときなるべく気泡を入れないことと

ぐらいかな。


それにしても謎な形である。

謎の原因究明は次回に続く。
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク