カエリ

カエリ、返り、バリ、英語でBURR。

刃物を薄く研いで行くとある時点で薄さの限界が訪れる。
すると限界の段階でカエリが出る。
石やガラスは出ない。たぶんセラミック包丁でも出ない。

鋼材には粘りがあるので限界になった数ミクロンぐらいの厚みで研いでいる面と反対側にぐにゃりと曲がる、これがカエリの正体なのだが、石やガラスや焼き物はくっついているか分離するかのゼロサムなので、薄くなった部分が曲がるということが無いのだ。

鋼材も種類によってカエリに特徴がある。
ハイス鋼などの粉末冶金鋼で硬度が高く粒子が細かいものには、とても細かいカエリしか出ない。そして簡単に落とせる。
概して硬い鋼材のカエリほど簡単に落とすことができる。

ふつうの鋼材は数ミクロン~数十ミクロンぐらいの薄さでぐにゃっと曲がるのだが、柔かい鋼材は数十ミクロン程度の厚みで曲がり始めてしまう。
そういう鋼材では数ミクロン以下という薄い刃先を形成できないので、あまり良い刃にならない。
しかもカエリがなかなか取れない。
普通のカエリは研いでいる反対の面にささくれ立ったように出るので指で触ればザラザラするが、柔かい鋼材のカエリは指で撫ぜると柳の枝のように元の面に戻ってしまうので、触ってもカエリが出ているかどうか、またカエリが取れたかどうかもわからない場合がある。するとカエリが取りきれず切れ味も一層悪くなってしまうという悪循環。


そういう柔かいカエリの例。
001_20140428223907e3b.jpg

これは、野菜スライサーの替え刃。
002_20140428223906f1a.jpg

部分的にこういう嫌なカエリが出るけれど、普通のカエリのところもある。
どうもおかしいなと思って硬さを確認してみると、刃先の方だけ焼き入れされているのではないかという疑惑。
もしかすると量産ノコギリのような高周波焼き入れかもしれない。

ステンレスは機械制御した電気炉を使って流れ作業で熱処理できるから一本一本高周波焼き入れする方がコストがかかるのでは?と不思議に思ってしまうのだが、場所に寄って硬さの違いがあることは明らかだ。
考えられるのは機械に取り付けるネジ穴部分が熱処理で歪まないようにしているという可能性。ノコギリも刃先だけ高周波焼き入れするのは歪まないためじゃないかと思う。

機械の換え刃を研ぎに出されるお客さんは、メーカーにどれぐらいまで研げるか確認しといてください。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク