柄の修理@牛刀

少し隙間が開いている程度ならエポキシ接着剤を流し込んで水が染み込まないようにして様子見してもらうのだが、前の部分の鋲が取れてしまっていたので、修理。

・ディスクサンダーで金属部分と木材部分を分離。

腐食が進んで柄が折れてしまっていると面倒なことになるが・・・

001_20140529075806c02.jpg

002_201405290758080cf.jpg

003_201405290758088c4.jpg

包丁の柄が膨らんでるものはだいたいこんな感じになっている。
柄に隙間ができてるなと思ったらナル早で防水処理すべきだ。ステンレスでもたまにこんなになってるのがある。

中心部分がゴソっと取れてしまったが、外側はしっかりしていたので幸い溶接せずに済んだ。

次の作業。

・砥石の小割れで磨いて剥離しやすい部分を除去
・金属が膨張している部分の木材側を削る。
・エポキシ接着剤で片面を接着。半日以上安置。

004_20140529075810e17.jpg

005_201405290758112e3.jpg

ピンク色は金属が膨張している部分。
柄材と合わせるために金属側を削ると強度が落ちてしまうので木材側を彫刻刀で削ったのだが、そのとき、干渉する部分を確認するため絵の具を塗りながら作業をしたのでその痕跡。色がピンクなのはあーりん押しなわけではなくたまたま。

あとの作業写真が無いが、

・片側が接着できたらボール盤で鋲の穴を開ける。
・今回は凹凸が大きくエポキシ接着剤で隙間を埋めきるのは困難だったためエポキシパテを利用し、隙間を埋めつつもう片方の柄を接着。半日以上安置。
なお、エポキシパテにも接着力があるがエポキシ接着剤よりは弱いとのこと(セメダイン談)。
パテは硬化速度が非常に速いので手早い作業が必要。
接着剤のような流動性は無いので流し込むような作業には使えない。目的に応じて使い分ければいいと思う。
・両面接着後、あらためてボール盤で鋲の穴を貫通。
・ベルトサンダーでおおまかに柄を削る。特に厚みを決める。
・鋲止め。
・ベルトサンダーで鋲止めした面を削って平らにする。
・ベルトサンダー、リューター、ヤスリでさらに整形。
・細かい隙間にエポキシ接着剤を流し込んで半日以上安置。
・最終整形して耐水ペーパーで研磨。
・木固めエースで仕上げ。24時間以上安置。
・研ぎ、刃付け。
・布などで最終磨き。

乾燥で4段階あるのでそれだけでも四日以上。
研ぎの仕事と並行してできないので一週間以上はかかると考えてもらいたい。
この柄の交換で3000円(研ぎ代別)。たぶん時給にするとコンビニのバイトより安いが作業は楽しく練習にもなるのでご希望の方はどうぞ。但し忙しい時期はお断りするか1ヶ月以上かかるかもしれない。
また溶接が必要なものは外注するので別途実費請求する。いくらかわからない。溶接が必要かどうかは割ってみないとわからないので後日請求になる。



006_20140529075828d6a.jpg

007_201405290758216a3.jpg

008_20140529075823ae2.jpg

009_20140529075825eb4.jpg

ハンドメイドナイフを作ってみたくなってきた。


ヒルト部分の腐蝕が表に達していたのでこんな感じに。
パテで正解だった。

010_20140529075826593.jpg

こちらがもとの状態。

011_2014052907583627c.jpg



参考までに和包丁の柄の交換。
こちらは1080円(研ぎ代別)、ちゃんと利益も出るのでどしどしお持ち下さい。

012_2014052907583849a.jpg


エポキシパテの耐熱性はどうだろう。
と思って熱湯に数分漬け置きしてみたが、少なくとも柔かくなることはなかった。
たぶんこれなら接着力も落ちないと思う。

しかしエポキシ接着剤は熱湯をかけるとボロボロと崩れるので引き続き熱湯厳禁だ。ろう埋めも同じ。

食洗機は熱湯洗浄するのでダメ。
暑い環境ほど腐食は進みやすい。食洗機は細部まで洗浄できるように霧状の熱湯を多方向から吹き付けるので、水道でジャブジャブ洗うより柄のちょっとした隙間にも水分が浸透しやすい。
エポキシ接着剤だけでなく錆にとっても食洗機は大敵なので、たとえ食洗機対応と書いてあっても、包丁だけは手洗いをお勧めする。
包丁の刃に使われているステンレスは同じステンレスでもスプーンやフォークに使われているステンレスよりずっと錆びやすいのだ。
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク