刃物になる

バガボンドの37巻が出た。
週刊モーニングは読んでいないので私にとってはコミックが最新になる。
超有名なマンガだが知らない方もいるかもしれないのでいちおう説明すると、天才バカボンのようなギャグマンガではなく、吉川英治の小説宮本武蔵を井上雄彦が漫画化した作品だ。バガボンドとは放浪という意味である。

宮本武蔵が貧しい農村に住み着きその村の女性達に請われて剣術を教えるという件がある。
これは原作になかったと思うが、
そこで武蔵曰く、

「腕は無いものと思って(剣を)振ってください」

「自分の体とは違うものをもってるから放しちゃいけないと力いっぱい握る」

「でもその力は相手を斬るのには使われず自分を縛るだけ」


井上雄彦は原作に沿ってこのマンガを描いてはいるけれど、かなり大きく逸脱して物語を再構築している。
このマンガを描くために古武道を習っているそうで、そういった中で井上雄彦が創作して武蔵に喋らせた言葉だと思うが、毎日包丁を握って研いでいる者としても何事か感じさせられるものがあった。

試しに腕がないものと思って研いでみると、力を入れすぎないことに役立つかもしれないと思った。しかし私の普段の感覚はちょっと違う。私自身が自分の手に握られている刃物そのものになって砥石で研がれる、といった感覚である。
刃物に憑依する小さな自分がいて、刃物を動かしている大きな私は小さな私の意思に従って滑らかに動く巨大ロボットのようになるのだ。
そういう感覚になると、刃物のどこがどういう風に砥石に当たっているのかや砥石表面の凹凸が感じられるような気がして、うまく研げたなと思えることがある。
私などはまだまだペーペーの新米だが、何につけ手仕事を生業としているその道何十年という一流の職人や達人はみな、何かしら同じような感覚を当たり前に持っているのではないだろうか。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 折れました・・・。

磨り上げですね。
長い刀を短くするのに昔から使われてた方法です。
包丁でもやってる修理屋さんよくいるみたいですよ。私は経験ありませんが。
ディスクグラインダーでもあれば楽にできるんですけどね。

和包丁の柄に突っ込んじゃうというソリューションもありますよ。
多少なら中子が短かったり細くてもなんとか固定できることがあります。
あまりにも痩せすぎてると無理ですが。

もしそういうのが来て好きにできるチャンスがあったら、私はロウ付けを試してみたいです。

溶接のアテもあるのですが、接続部分に負荷がかかるわけじゃないのでそこまで強固に固定しなくても大丈夫だと思うので。

柄腐れして中子が折れるようなのは運命と思っていいんじゃないでしょうか。
注意したって折れるものは折れます(笑)

朴って目釘打てないんですか?
完成したらできれば写真見せてください。

折れました・・・。

暑い日が続きますね。さて今回の報告は失敗した事案です。

中子が半分しかなく、口金もない安来鋼の約40年ほど使った三徳包丁。柄が腐り始めていたので柄を割ったところ「パリン!」と乾いた音が・・・ステンレス系でさびないと思っていましたが、折れた断面をよく見るとすでに、亀裂が走っていたみたいでそこの部分が錆ていました。母が使っていた包丁なので調理中硬いものを切ったときに折れなくてよかったと不幸中の幸でした。

さてここからです。ただで際短い中子がさらに折れ、目釘を打つ穴が無くなり途方にくれました。焼の入った金属を切る道具などは持っていないし・・・捨ててしまってもよかったのですが、愛着のあるものはどうにかして使えるようにしたい・・・・数日がたったころ・・・


試行錯誤しているうちに答えがでました。

あごのところから拳ほどの長さを、持っている材木の幅にあわせて、怪我をしないように養生してペンチでカッターの刃のように刃先を折る。
これをくりかえして握れるはばにして、荒砥で切断面をならし、エポキシで刃のあったほうがすっぽり隠れるように合わせて装着。峰のほうが木材の幅が足りず、出っ張っていますが・・・

いびつな、マキリ包丁のようになっています。朴の木を使ったので。
目釘が打てないのですぐに外れてしまうかもしれません。

接着したら整形してどんな感じで使えるか試してみます。

柄が腐りかけてるということは中に亀裂が走っているか、もしくは折れているということも考えてやらなければいけないということを学びました。

長文失礼いたしました。 

暑い日が続きますが体調崩さずお過ごしください。
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク