サビナイフ H1鋼

H1鋼というほぼ錆びない不思議な鋼材を使ったナイフ。
知っていたけど実物を手にしたのは初めて。

sabiknife.jpg


「釣りに使うが前から使っているナイフより切れ味が悪い」

ということで研いでほしいというご依頼だった。
預かった時点で爪に刃が立つ程度にはなっていた。比べるものがなければこんなものと満足する人も多いだろう。
前から使っているというナイフを見せてもらう。
ダイワ(釣具メーカー)のバタフライタイプのステンレスナイフ。
釣具メーカーの出しているフィッシングナイフは数本持っているが、耐食性重視で硬度はそれほど高く無いものが多く、これも一見して同じような感じで切れ味重視のガチガチに硬いナイフではなさそうだった。

問題の原因が推測できず研いだことも無い鋼材なので、私が研いでもあまり変わらないかもしれないことを了解して頂いて預かった。

研いでみた。

一見刃角度が大きそうに見えるが、そうではなかった。

北山8000番で研いだ時点でカエリがはっきりわかる。鋼材が柔かいのではないかと思った。
硬さとカエリの関係はこういうことだ。
硬い鋼材と柔かい鋼材は曲がらずにがんばってくれる限界が違う。
硬いと刃先が1000分の0.5mmまで曲がらずに耐えて、その限界を超えると1000分の0.5mmだけカエリとして曲がるから、指先で感じるカエリも非常に微細なものにしかならない。
柔かいと1000分の10ミリからカエリとして曲がるので、1000分の10ミリ曲がったカエリは指先で比較的はっきりわかる。
たとえばそういう違いになるわけだ。(実測していないので数値は適当。)

そこでツボサンの硬度チェックで硬度を確認してみた。
すると、HRC45~50程度という感じだった。

HRCはロックウェル硬度Cスケールという刃物などの硬さをあらわすためによく使われる基準。

同じ道具を使って自分で確認したものだと、和包丁の白紙や青紙の2号で60以上。65以上の物もある。
牛刀や三徳などの両刃洋包丁は55~65ぐらい。
錆びやすいハガネの物に比較的硬い60以上の物が多く、ステンレスの家庭用洋包丁で50~60ぐらい。

50以下はかなり柔かい。

あらためてネットでH1鋼の硬度について確認してみると、このナイフのメーカーであるGサカイのホームページに不思議な解説が掲載されていた。

「ロックウエル硬度指数によれば、H1の測定硬度はHRC57~58。これは多くのステンレス鋼とほぼ同じであるが、興味があるのは、この硬度が外部から加熱する熱処理方法で得たものではないということだ。とてつもない大きなローラで圧延したものに、別個に硬度のみつけていく製造法だそうだ。」

「両ブレードの中心硬度はHRC50台の数値を示した。ところが、両ブレードの切断刃に近づくほど硬度が増していく結果となった。直刃の方は一気にHRC60、62、64更には66と言うように、刃先に近づくほど正確な数値を得た。波刃の方も同様に測定を行ったが、こちらはHRC60、62.5、65.5そして68強の数値を得た。」

普通の鋼材は焼き入れ焼き戻しという熱処理によって硬度を高くするが、この鋼材は何か別の特殊な方法で硬度を上げているらしい。
しかも場所によって硬度が違うのだという。

ちなみにこのナイフの硬度を確認したのは峰にあるセレーションの際である。
ナイフをお客さんに返してからこの記事を読んだので、他の場所の硬度は確認していない。

すると刃先はもう少し硬いのかもしれない。

しかしどうやって硬度を上げているのだろうか?
ゼンゼみたいに冷間鍛造効果で硬くしてるとか?

普通の鋼材の硬さはおおむね炭素の含有量に左右される。しかしH1鋼は炭素をほとんど含まず、窒素で代替しているということだ。

H1鋼と同じような組成の鋼材を調べてみるといくつか見つかった。
その中のひとつにウッデホルムというスウェーデンの鋼材メーカーが出しているVANAXという鋼材がある。
これに、メーカー公表のデータがあったので確認してみたところ、Heat Treatmentという項目があった。
熱処理の温度や時間を示している。
焼き入れ温度が1080℃、サブゼロ処理温度が-195℃、焼き戻し温度が200℃、とある。

炭素を窒素に置き換えた鋼材でも、普通の鋼材と同じ方法で硬度を高めるものがあるということだ。
それならこれぐらいの大きさの刃物で場所によって硬度に大きな違いが出るなんてことは無いだろう。

H1鋼は日本製ということは確からしいのだが、正確にはどこの鋼材メーカーが作ってるのかよくわからず、公式データも見当たらない。だからウッデホルムのVANAXと同じようなものだろうとは言えない。

結局ナゾが残るままなのだが、テスト結果として峰側の硬度が低いことは確かで、仕上げ砥で研いだ感覚から刃先もそう硬くないと判断した。これは先入観の無い時点での判断だ。
そしてよく考えてみると、たとえ刃先がある程度硬くても、中心に近づくと硬度が落ちるのだとしたら、研げないじゃないか、と思ってしまったのである。せっかくアゴが出ていて研ぎやすい形なのにね。

柔かいといっても、刃物として全く役に立たないほどの硬度ではないので、ダイビングのように長時間完全水没させるような使い方をするにはいいのかもしれない。
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 確かに柔らかいほう

おお、やっぱり柔らかいと感じますか。
普通のナイフのつもりで乱暴な使い方はしない方がいいのかもしれませんね。
H-1鋼がよくないというわけじゃありませんけど。
用途に応じて必要十分な硬度とそれに伴う切れ味があれば良いんだし。
切れ味以上に錆びにくさが重要となる用法もありますから。

確かに柔らかいほう

海釣りで魚を〆る用にスパイダルコのH-1鋼のナイフを使っていますが
刃は、確かに柔らかいです。
自分で毎回研いでいるので魚の背骨の切断や頭や内臓を落とすのに
充分な切れ味は出ますけど。

海水に漬けて持ち帰っても錆びは見られないので、
そのメリットで選ぶ素材のナイフですね。
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク