今使ってるあらとくんに頻出

001_20141001202500e20.jpg

002_20141001202459859.jpg

小さいダマ。天然砥石にはときどき小石が紛れ込んでることがあるけど人造砥石ではあまり見ない。

そのつどニードルでほじくって取り除いているが、少し研ぐとまた出てくる。まいった。
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 砥石っておもしろいですよね

仕上げ砥は中砥できっちり仕上がった刃物をさらに鋭くするためのものですね。
中砥で取れないデコボコは仕上砥石を使っても取れないです。
すごく慎重に丁寧にキャベツの千切りしてみてください。
キャベツをまな板に押し付けずに空中で切るような感じで。
時間かかってめんどうですけど、味が変わりますよ。

片刃の菜切りはどうなんでしょうね?
造形は薄刃みたいにきっちりしてません。
ずっとそういう流儀で作ってらっしゃるんだと思うんですが。

こんなに薄い合わせ包丁をほかに見たことがないんですが、ひるがえってみると、なぜ他の合わせ包丁はみんな分厚いのかということも不思議です。
明治以前の昔からあった包丁では割り込みの菜切り包丁なんか薄いわけだから、日本の包丁がぜんぶ分厚かったというわけでもないし。

砥石っておもしろいですよね

お久しぶりです。先日やっと#6000の仕上げ砥石を購入しました。ものすごく切れるようになるかと思ったら・・・結局中砥でバリッと刃を付けないと意味がないこと気づきました。セラミックをと思いましたが、面直しにちゃんとした道具を揃えないと大変なので、一般的なキングS1にしました。感触はとてもやわらかくて研げていく感触です。思わず刃を立ててしまうとゾリゾリっと簡単に砥石が削れてしまうのでとても神経を使いました。


さっそくその仕上げ砥石を使いたかったので、刺身包丁を研ぐことに。

(最近これは筋引きだと分かり、それまで刺身包丁だと最近まで思い込んでいました。洋包丁仕上げだったのでそういう仕立ての柳葉だと。でも冷静に見ると刃の作りがちがいますよね。しのぎが無いし、裏もないし・・・)

荒砥、中砥で二段刃にしてから仕上げをかけ、糸ひきを入れて終了させました。

そしてマグロのさくを刺身に切ったところ、引っ掛かりもなくスパッときれて驚きました。6000番以上はこういう繊細な物を切ると時に必要なんだろうなとおもいました。

この仕上げ砥石は研ぎやすいので無駄研ぎしないように繊細に扱っていきます。

PS
片刃の菜切りっておもしろいですね。薄刃包丁のような使い方をする菜切りなんでしょうか?切れ味重視で作ったものなのですかね?想像するだけわくわくしますね。

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク