人吉 則光

地方の鍛冶屋さんの包丁。

001_20141011092201160.jpg


熊本 人吉 則光という銘。お城マークがかわいい。

002_20141011092202355.jpg


熊本で城だから熊本城だろうと思ったのだが、熊本城はたぶん熊本市内にあるはずで、人吉市はかなり離れてる。
もしかすると人吉にも城があるのではないかと思って調べてみた。
すると案の定、人吉城というのがあった。

ところが、このお城には天守閣が無い。
焼かれたり打ち壊されて無いのではなく、もともと無いらしい。
ナゾのお城マークなのである(笑)

柄も交換してほしいというご依頼だったので割ってみた。
目釘が打ってあるのでちょっとめんどう。
目釘というのはもともと日本刀の鞘と刀身が離れないようにする木でできたピンのことだが、この包丁は文字通りの釘をカツラの部分にガツンと打ち抜いて留めてあった。

005_20141011093934f4d.jpg
004_201410110921591fd.jpg


柄の外側がかなり劣化しているのに中子がこれだけしか錆びていないということは、鋼材はステンレス系だろう。
ちなみに片刃の小出刃包丁ではなく薄い両刃の割り込み包丁である。
刃境がうねうねしているので鍛造品。
刃は硬くしっかりしている。
研ぎやすくて良い刃がつく。

お客さんに尋ねてみたところ、熊本の物産展で購入した物で3000円ぐらいだったという。
ステンレス鍛造でこんなしっかりした物が3000円だとしたらむちゃくちゃお得ではないだろうか?

どういう製品なのか鍛冶屋さんに問い合わせてみた。

すると、

・錆びて腐食しやすい中子だけステンレスを溶接している。
・刃は青紙。
・中子が錆びないせいで柄との密着が悪く抜けてしまうことがあるので釘で留めている。
・3000円じゃない、もっと高い。お客さんの勘違い。

とのことだった(笑)
いろいろ納得。
こういった細々と仕様に拘りがあるのはかなり長い間お客さんと直接やり取りしてきたからじゃないかと思う。

あと、お城マークはべつに人吉城ということではないらしい。
あまり深い意味はなくお城だから天守閣というようなことなのでカンベンしてくださいと言われてしまった。私も何か批判しようというつもりなど毛頭なくてちょっと気になったから聞いてみただけなので恐縮してしまった。
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク