グローバル

吉田金属工業のグローバル。
オールステンレス包丁の先駆け。

たまたま別のお客さんからグローバルGとグローバルプロが一緒に研ぎに出てきたので並べて柄を撮影してみた。


左がグローバルプロ。右がGシリーズ。
001_20141125235957663.jpg

下から。
002_20141125235958d66.jpg

上から。
003_20141125235959d0d.jpg

斜めから。
004_20141126000001c8f.jpg

柄尻から。
006_201411260000595e9.jpg

ネックの形状。
005_20141126000003be4.jpg


グローバルプロの方が太くて長い。そして重い。
ところが、私にはGシリーズの方がなんだか握りにくく感じるのだ。グローバルプロの柄はしっくりする。

一番上の横から写した写真で上の方がモコっと膨らんでいるのがわかると思うが、ここがなんだか違和感がある。
後ろが細くなっているので小指でしっかり握りこみにくい。
そして最後の写真でわかるように首がテーパー状に細くなっていく部分が、人差し指と小指で握りにくい。握るというより、つまむ、はさむ、という持ち方になってしまう。

気になるという程度で、使うのに支障があるというほどでも無いのだが。

木や樹脂なら好きな形に削ってしまえるのだが。
中空のオールステンレスはそういうことができないのも欠点だ。
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 気づき

> 言われてみると当然ですが、木の柄なら削って自分の手に合うように変えられるというのは「ああそうだ!」と思わず口にしてしまいました。

ちょっとしたことでも自分で手をかけたら愛着がわきます。
市販の包丁の柄ぐらいなら半丸のヤスリと耐水ペーパーぐらいで簡単に加工できますから、やってみてください。
削りすぎると戻せないので注意して。

Re: 家庭用と本職用

> 家庭用とプロ用で構造が違うのは面白いですね。

大きさの違いもあるけど家庭用はデザイン重視じゃないかって気がしています。


> 先日テレビで寿司職人さんが出ていたのですが自慢の料理を映している手元を見たら・・・切っ先が欠けた筋引きみたいのでマグロのさくを切っていて驚きました。本職でもこだわらない人もいるようですね。意外とテレビに映る料理人を見ると鶴首状態やシノギ筋を考えないで研いできた型崩れの和包丁など残念刃物見るとかなしくなります。  (*´Д`)

包丁はあくまで道具だから、自分で使うもので支障が無ければどうでもいいと思いますよ。


> 研ぎ師さんのところにも本職さんが使用する型崩れ包丁が来るのでしょうか?

本職の方の依頼もよくあります。
ツル首になっちゃってるようなのもありますが、反対に裏スキの作り方まで修行したという人の細かい注文もあります。
プロの方の道具はいずれにしても大変です。
だけど手間をかけたらわかってくれるので楽しいです。

気づき

言われてみると当然ですが、木の柄なら削って自分の手に合うように変えられるというのは「ああそうだ!」と思わず口にしてしまいました。

これまでひたすらステン包丁なので鋼の和包丁スタイルの柄を見てもどうもしっくり来なかったのですが、やっとその利点がわかりました。ありがとうございます。

家庭用と本職用

家庭用とプロ用で構造が違うのは面白いですね。

あの包丁使っていると「できる人」に見えますよね。簡単な物を切っていても
(^^♪

先日テレビで寿司職人さんが出ていたのですが自慢の料理を映している手元を見たら・・・切っ先が欠けた筋引きみたいのでマグロのさくを切っていて驚きました。本職でもこだわらない人もいるようですね。意外とテレビに映る料理人を見ると鶴首状態やシノギ筋を考えないで研いできた型崩れの和包丁など残念刃物見るとかなしくなります。  (*´Д`)

研ぎ師さんのところにも本職さんが使用する型崩れ包丁が来るのでしょうか?

天候が安定しない日が続きますがお体ご自愛ください。
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク