これはイカン。

”よくない包丁”はいくらでも見てきたが、欠陥品は初めて。
仕事柄、ほとんどどんな包丁でも、“ともかく使える”という程度には直せるつもりだが、これはどうにもならない。

003_20150222121549850.jpg

初見では、表全般で刃線に地金が出てしまっているように見えた。
片面だけ研ぎすぎたせいで中心がずれて、裏の地金が刃線に出てしまったのかなと思ったが、ふつう、右利きの人が片面だけ多く研ぐと、地金が刃線に出てしまうのは裏面である。(だから片刃の包丁は裏にハガネが着いている。)
左利きの人が研いだのかな?と思いつつ、ともかく、ハガネが刃線全体に出るまで表を研ぎ減らすべく削ってみた。
すると、なんと、先端近くと刃元のあたりで、裏から地金が出てしまったのである。

004_20150222124357efe.jpg


ある部分でハガネを前に出そうとすると、反対の面で、別の部分で地金が前に出てしまう。
つまり、中心にあるべきハガネが捻じ曲がっていたのであった。

002_20150222122922334.jpg
001_20150222124448137.jpg


ハガネの曲がりに応じてウネウネに包丁を研げば全体にハガネが出るのかもしれないが、鎌や丸ノミじゃあるまいし、しかも、ただの曲線ではなくMの字に研ぐ必要がありそうだ。そんなめんどくさいことやってられない。さらには、もしできたとしてもむちゃくちゃ使い難いと思う。
「ザンネンですが不良品です」といってお返しした。

日本の包丁の鍛冶屋さんの名誉のために申し添えるが、こんなものを掴まされてしまうことはほぼ無い。何万本も包丁を研いできて初めて見た。山道を歩いていたら頭上から鹿が落ちてきてぶつかった、ぐらいの確率だと思う。

そもそも、刃付けした時点で鍛冶屋が気付かないわけが無いから、ふつうは製品に回すはずが無いのだ。
何でこんな風になってるのかよくわからない。
手打ちで、割込みや合わせの包丁は、焼き入れで曲がるものがあるが、ハンマーで叩いて修正するのでこんな風にはならない。
曲がったままの分厚い包丁を、叩いて修正せずに、まっすぐになるよう薄く削り出したらこんな風になるのだろうか?ダマスカス模様と同じ理屈で。

どこかの物産展で購入したということなので、販売店も鍛冶屋もわからないかもしれないのだが、不良品とわかってて故意に流通させた疑惑がある。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク