グレステンはいい包丁。

グレステンの包丁の特徴は、リブ加工してあることと、片刃であることだ。

001_201502231417468b1.jpg
002_201502231417479b3.jpg


リブ加工をラインナップに加えているメーカーは多い。
片刃の洋包丁はあまり多くないが、グレステンのほかに、杉本や、片岡製作所のブライトや、MACの包丁に、初めから片刃のものがある。
リブ加工、且つ片刃、というのは、ブライトにはあるかもしれない。ただ、ブライトの包丁は両刃の方が多いと思うので、指定注文になると思う。


両刃の洋包丁を片刃に加工して欲しい、というご注文をときどき頂くのだが、そういう作業に使えるいい機械を持っておらず、手作業でやっているので、けっこう大変だ。
湿式レジンダーが欲しいのだが、高価だし置く場所もない。


下写真はグローバルプロを片刃仕様にしたもの。


003_201502231417476f3.jpg
004_20150223141748ada.jpg


005_20150223141748834.jpg
006_20150223142319c25.jpg


片刃と両刃の、特性の違い。
http://hamonotogiya.blog75.fc2.com/blog-entry-145.html

片刃の方が、刻み物なんかではずっと薄く切れるのだ。
お食事代の高い料亭なんかで、ひとつひとつのお野菜を丁寧に薄く剥いたり刻むなら、薄刃包丁を買うべきだろうが、樹脂まな板で大量に野菜を刻むには、片刃の洋包丁がいいと思う。
またそういうときに、食材の張り付きを低減するリブ加工は威力を発揮するだろう。


両面にリブ加工した包丁を、うかつに片刃にしようとすると、困った状態になることがある。
刃線が中心から逸れると、ガタガタになってしまうのだ。
007_201502231423203e0.jpg

右利き用の片刃にする場合、ウラ面(*)を、小刃が無くなって刃先までまっすぐになるまで平らに研ぐ。その過程でリブもほとんど無くなる。

削る前
009_201502231434585c9.jpg

削った後
010_20150223142321ab7.jpg

裏面はできればリブが消えるぐらいまでしっかり削りたかったのだが、この包丁は、オモテ面(*)もかなり薄く削ってしまっていたのだ。
ウラを削りすぎると強度が無くなってしまう恐れがあったので、加減に気を使った。

*ウラ面=包丁を、峰を上、刃線を下、柄を手前、切っ先を向こうに向けて持ったときの、左側の平面
*オモテ面=同じように持ったときの、右側の平面


片刃の包丁がほしいという皆さん、グレステンを買っときましょう。
いい包丁です。


グレステンの包丁研ぎ。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク