JPAN DIY HOMECENTER SHOW 2010 ←日本語使わんかなあ。

27日~29日まで、幕張でDIYショーというのをやっていました。
京都で天然砥石の採掘をしている砥取屋さんが東京にきて試し砥ぎをさせてくれるというので、包丁抱えて行ってきました。

先述しましたが、ステンレス系のZDP-189とハイス鋼のペティと、炭素鋼系で詳細不明なスウェーデン鋼の牛刀、青二のフグ引きを持って行きました。


砥取屋さんは関西弁の陽気で親切ななおじちゃんでした。

左が砥取屋さん(土橋さん)、右がわたし。
100828TOTORI04.jpg



ブースは小さいのにずっと人がいっぱいで忙しそう。

100828TOTORI02.jpg


砥石。ざっくり並べていますがこれだけでもひと財産。手前の桐箱入りのは75万円だったかな?
今は山が無くなってしまっていて、まだ天然砥石を採掘なさっているのは実質的に砥取屋さんだけではないか、とのことです。海外需要も増えているそうです。

100828TOTORI07.jpg


千葉県で刀の鞘を造っていらっしゃる中俣さんという方に、お仕事の道具を見せてもらいました。
鉋が内側に反っています。これを砥ぐために、砥石も真ん中が出っ張った細い形になっています。
道具もそれを手入れする砥石も自作です。私は砥げません。

100828TOTORI06 (1)


試し砥ぎをさせてもらいました。ステンレス系も炭素鋼系も天然砥石でしっかり砥げます。
今回は青紙とかZDPとか硬い鋼材を当ててみて、個人的に感触が好きだったのはこれ。そういえばうちにも白巣板のコッパがあって気に入ってるんでした。やっぱり大きいのがいいなー。

100828TOTORI03.jpg


その他。
新潟の三条鍛冶道場という体験ブースがあって、参加してみました。
会場の都合で火の仕事は体験できません。砥ぐだけ。
私はほとんど手砥ぎだけで大きな回転水砥石というのを使ったことがなかったんで、面白かったです。
ちょっとはマシにできるかも。と期待して挑戦しましたが、うまくいきませんでした。


100828TOTORI09.jpg


100828TOTORI08.jpg


実質的には砥ぎ体験です。
大阪の堺では分業制になっていて、鉄の塊を整形して焼き入れするまでの鍛冶仕事と刃を付ける砥ぎ仕事は別になってますが、三条では鍛冶屋さんが刃付けまで全部やるんだそうです。
そういう意味では鍛冶体験と言っていいのでしょう。
わたしは回転砥石を体験させてもらうところ以外、手砥ぎで仕上げるところはいつもやってることで、両隣の人にアドバイスしたりしてたんだけど、ちょっと残念でしたw
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

タナゴさんはじめまして。

私も砥取屋さんの掲示板ではずいぶん勉強させてもらっています。
DIYショーはいろいろ収穫があっておもしろかったですよ。事前登録しておけば入場無料で、お土産に扇子がもらえます。そして刃物を持っていけば砥取屋さんのブースで天然砥石を研がせてもらえる。
刃物砥ぎのことでしたらなんでもご質問ください。

はじめまして

砥取家さんを検索してやって来ました。
あちらの掲示板で勉強?させていただいております。
DIYショーでの収穫はいかがでしたか?
鋼材のこと、研ぎの事など勉強させていただきたいと思います。
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク