ロウ付け 菜切り包丁 柄の修理

商人にとって商品の使命は売れることなので、売れる価格がその商品の価値である。
しかし商品の本当の使命は売れることではなくそのあと何かの用途に使われることだ。
だから、商品の価値を最終的に評価するのは、その商品を使う人なのである。

オークションなどで売られている中古品の値段が安いのは持ち主の手を離れたものだからであるが、かなり使い込んでいるけどなんとか修理できないかといってうちに送られて来る包丁は、持ち主にとっては新品に替えられない価値があるのだと思う。


正広の菜切り包丁

001_20150921194420e3d.jpg


002_20150921194421bf1.jpg

003_20150921194423cba.jpg

004_20150921194425e0d.jpg

005_20150921194426c13.jpg

短いだけでなくかなり痩せて肉が薄くなっている。
ロウ付けしてみたものの、どうも強度に不安があった。


そこで、やり直してコの字にはめ込む加工をしてみた。
これでたぶん大丈夫だと思う。

006_20150921194535a28.jpg

007_20150921194536a3b.jpg

008_201509211945371bb.jpg

009_20150921194538f7e.jpg

010_2015092119454016b.jpg

011_20150921194654b05.jpg


このあとエポキシ接着剤で防水処理して、完成。

012_20150921194655951.jpg



菜切り包丁でもこんなに薄いものは少ない。

013_20150921194656bdc.jpg
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 薄いですね~

Kenさんこんにちわ!

> まるで薄刃のような感じですね・・・。昔の菜切は薄いのが普通だったのでしょうか?

薄刃包丁より重ねは薄いです。というか、薄刃はけっこう分厚いですよ。片刃なので刃角度は浅いのですが。
昔のものが薄いとは限りません。時代がいつなのかにかかわらず、これぐらい薄い菜切り包丁自体が少ないです。
重房の菜切包丁ももう少し厚みがあったし、有次の沖芝さんが打ったんじゃないかと思われる菜切包丁(?)なんて小型中華包丁みたいな雰囲気でしたから、薄いのが良いというわけじゃ無いと思います。

同じ店の包丁でも、おそらく時期によって厚みが違っているものもあります。鍛冶屋さんが変わったのかなと思いますが。

正広は関の量産包丁メーカーという印象で、「家政婦のミタ」でミタさんが振り回してた包丁にロゴがしっかり映っちゃっててダイジョウブ?と思った印象ぐらいしかないのですが、この包丁は好きです。

薄いですね~

まるで薄刃のような感じですね・・・。昔の菜切は薄いのが普通だったのでしょうか?
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク