切っ先の修理

切っ先が欠けた包丁の修理。

藤次郎プロ、おそらくDPコバルトの、牛刀。
102_0460.jpg

けっこうガッツリ欠けているが、、、
102_0461.jpg

切っ先の修正はそれほど大変ではない。手研ぎで10分もかからなかったと思う。
ただ、一般家庭によくある中砥石なんかでやると、砥石がガタガタになってしまう。
荒砥石の中でも、普段標準で使っている「あらと君」では砥石の損耗が激しい。
こういう作業にはシグマパワーの120番。

これぐらい欠けてるものを一般のご家庭で修理するならグラインダーでやっつけてもいいのかもしれないが、熱を持つので、刃線側の修正はできるだけ手研ぎにしたい。

関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク