なぜ曲がる?

藤次郎の尺の和包丁。
黒い点は錆ではない。ペイントマーカーでつけた印。

001_201512040927303bf.jpg


裏。

003_20151204092736621.jpg

一体型で洋柄のTojiro-Proはもっとベタっとしていた。
こちらはちゃんと裏スキらしい裏スキがある。


お客さんによると表の黒い点の部分だけが減ってまっすぐならないというのだ。もしかすると硬さが違うのかもしれない、と。

昭和初期より前ぐらいの包丁には、場所によって硬さが違うものがある。近代製鋼がはじまる明治時代より前の刃物は、場所によって硬さが違う方が普通のようだ。
明治から昭和にかけて日本の近代冶金学の権威であった俵国一博士が、日本刀を何本も折るという贅沢な検査で内部構造や硬度を調べているが、一本の刀について必ず何箇所も検査しているのは、部分的に硬度が違うことが前提だからだろう。
うちにも一本そういう古い包丁がある。同じ力加減で研ぐと刃線が曲がってしまうのである。
私のお師匠様は刀の研ぎ師だが(私は刀の研ぎ方は教わっていない。)、刀剣では古いものを研ぐことがしょっちゅうあるからであろう、そういう硬度の違う刃物でもことも無くまっすぐに研ぎあげてみせる。

鉄の硬さは主に鉄に含まれる炭素量によって決まるのだが、古い刃物は、場所によって炭素などの元素の分布にばらつきがあるのだ。
日本刀は材料の鉄を叩き伸ばしては折り畳むという作業を何十回も繰り返して鍛錬するのだが、「鍛えて練る」と書くように、練って混ぜて含有成分の分布を均質化するという目的が本来の鍛錬にはあった。
今は原料鉄の品質が良く含有元素の分布ももともと均質な状態で鉄鋼メーカーから出荷されるので、わざわざ練るというような作業はしない。いわゆるダマスカスは折り返して鍛錬しているが、あれは積層模様を見せること自体が目的なので機能的な意味はあまり無い。
実際に物を切るための刃先に出る刃鉄は、両刃であれば中心に割り込まれていて、折り返し鍛錬なんかしない。
そして刃鉄部分が場所によって硬さが異なる刃物というのはまず無い。ここ半世紀ぐらいの間に作られたものであれば。

するとこの包丁が曲がる理由はいったい何なのか。

005_20151204092734753.jpg

006_201512040927576a0.jpg

答えは裏が凹んでいたためだ。
裏押しができているように見えるので平らなのかと思ってしまうが、光にかざすと凹みがはっきりする。

この裏を、

007_2015120409280788c.jpg

裏押しの幅がこれぐらいになるまで、これは結局荒砥から当てることになったが、ひたすらゴシゴシ研ぎこんでいくと、


008_20151204092759f67.jpg

ようやく切刃を普通に研げば普通にまっすぐな刃がつく包丁になるのであった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re: すごい!

> すごく研がないとだめなんですね。ちなみに、この作業ではどのくらい時間かかっているのですか?

修行中さんコメントありがとうございます。
返信遅くなってすみません。

時間はちょっと覚えていませんが、1時間はかかっていないと思います。

すごい!

すごく研がないとだめなんですね。ちなみに、この作業ではどのくらい時間かかっているのですか?
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク