コレハ・・・

「赤錆まみれ」や「裏から三段刃」なんていう状態の包丁にはあまり驚かなくなった。
しかしこういうのは初めて。

001_20151215083921f42.jpg

002_20151215083924ce2.jpg

矢印から先のハガネが無い・・・
裏の先の方を粗い砥石でゴリゴリ研ぎ倒したのではないかと思われるが、貰い物ということなのではっきりした原因はわからない。しかしいくらなんでもこんな状態で販売されていることは無いと思う。

片刃和包丁の裏はなるべく仕上げ砥石だけを当てるようにしましょう。
中砥石しか無い場合、普段の研ぎではごく軽い力で撫でるように当てて、表を研いでできたカエリを取るだけ。強く研がない。
表を研ぎこんで裏押しが無くなったり反ってしまったりして、新たに裏押しを作るときだけ、中砥石でしっかり研ぎます。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク