敢えての柄埋め

木屋義久の東型菜切り包丁。

001_20160207090113298.jpg

巷では牛刀や三徳の方がたくさん売られているようだが、長年台所に立っているご婦人には「こっちの方が良い」という方がかなり多い。

私も菜切り包丁や薄刃包丁を使うことが多い。
菜切り包丁の利点は身幅の広さだと思う。峰から刃線までの幅。これが狭い包丁だと野菜が刻みにくいのだ。
先っぽの形が四角いというだけではないのである。

量産品の菜切り包丁は菜切り包丁といいながら身幅が牛刀や三徳と変わらないものがある。
おそらく同じ規格の鉄板から打ち抜いて作っているのだろう。菜切り包丁だけ幅の広い鋼材を注文すると非効率なのだと思う。パッケージの形が変わると運搬や保管にも不便だし。
手造りの包丁では、職人さんが鉄の塊を包丁の用途に合うように叩き伸ばして整形するのでちゃんと広い包丁ができるのだ。

さてこの包丁。

002_20160207090115844.jpg

003_20160207090116235.jpg

004_20160207090118b0f.jpg


中子が相当錆びてヤバい状態になっていることは間違い無い。
これぐらい膨らんでしまっていると、錆を落とすと中子が折れてしまう可能性もある。
折れると溶接しなくちゃいけないので修理代も高くなる。

そこで、お客さんと相談した結果、このまま隙間をエポキシで埋めてしまうことにした。

005_201602070901204b9.jpg

006_20160207090139502.jpg


寒い季節に屋外で作業するときは、ヒーターや白熱灯で温めないと接着剤が固まらない。

007_20160207090141386.jpg


完成形

008_201602070901422f8.jpg

009_20160207090144041.jpg


ニッパチはご多分に漏れず当職も暇になるのだが、最近なぜか柄埋めの作業が多い。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク