柄埋め、柄の交換、謎な柄

柄の補強や修理が多い。

2月は暇だから隙間があいてるものを見ると埋めませんか?と声をかけるから、という理由もある。年末の忙しいときは見てみぬふりをしたのがたくさんあった。


これは三徳と菜切りの柄の交換。
薄刃包丁もきれいに研いでいらっしゃってかなりの上手と見受けられたので、柄の交換だけで承った。

004_20160219200154592.jpg


006_2016021920021189b.jpg

007_201602192002139f4.jpg


どちらもこれぐらい膨張してしまっていると、中子がかなり痩せてしまっていると思われる。
ヘタすると折れちゃうかもしれない。そうなるとロウ付けしないといけない。


和包丁の柄はホームセンターにもよく売っているが、5種類以上置いてるところはほとんどない。
しかし実はかなりの形の種類がある。
私がストックしている、P柄の小判型と栗型の形違いだけでも10種類以上ある。
八角や、角巻きや金巻きなどのバリエーションを含めると50種類以上ありそうだ。

自分で交換する人は包丁を持って行って幅や厚みを確認してから買った方がいい。多少狭くても焼いて入れれば広がってくれるけど、限度はある。

005_201602192001568dc.jpg


謎な和洋折衷(笑)

001_20160219200150272.jpg

003_20160219200153606.jpg

誰かにつけてもらったそうだが、お勝手で使うもので人様の目を気にするようなものじゃないから、使ってる人が問題なければOKでしょう。
これも他の包丁のついでで、念のために隙間をエポキシで埋めておいた。


並べて乾燥中。
冬に外で作業するときはヒーターで暖めないと、粘性が高く奥まで浸透しづらいし、硬化に時間がかかる。

008_20160219200215378.jpg


↑この5本の中の薄刃包丁の中子を別日に撮った写真。

010_20160219200218974.jpg

009_20160219200216c83.jpg


なぜ別日にこれだけ撮影したかというと、中子がやせすぎていたのと、柄の奥にあまりエポキシが浸透してくれなかったせいで、グラグラしていたため、やり直ししたからである。
これから10年20年と使うことを考えると、まあいっかというわけにはいかなかった。

DSC07230.jpg

柄を挿げるまえにたっぷりエポキシを入れておいて、さらに柄を挿げてからも隙間をしっかり埋めた。
あらかじめ中に充填しておくのは蝋やパテでもよかったかもしれない。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

逮捕は違法容疑があればできます。
刃物類を持ち歩いているというだけで銃刀法ないし軽犯罪法違反の容疑になります。
捕まるというのが逮捕ないし半強制任意同行のことであれば、刃物を持ち歩く以上はそういうリスクがあると考えて、適法であることを立証する方法についても考えておくべきでしょうね。
繁華街でヤクザとか元気な若者なんかが普通にナイフを携帯しているという絵を想像してみると、不用な携帯を制限することに反対とも言えません。

No title

いつも楽しみにしております。(更新が待ち遠しいです)
最近は官憲もうるさいので、包丁持ってホームセンターうろうろして大丈夫かなと思ったもんですから。 ビクトリノックスの小さいのでも、刃渡り6センチでも捕まるときは捕まるそうですね。 わたしも、仕事でナイフ使って、ズボンに入れて忘れてそのまま店に行ってから気がついて「あ、いかんいかん」というのがしょっちゅう。 ビクトリノックスより、レンガ1個の方が殺傷能力高いんじゃないんかと思いますが。現代の刀狩ですね。 
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク