錆びた割込み包丁

割込み包丁というのは柔らかい鉄で硬い刃鉄を挟み込んだ形の包丁だ。

むかしは鍛冶屋さんが柔らかい鉄の塊にタガネで隙間を作ってそこに硬い刃鉄を割り込んで、それを叩き伸ばして薄くして包丁にした。
そういう作り方の割込み包丁は刃鉄が峰までは通っていない。だいたい三分の二ぐらいまで研ぎ減ったら刃鉄がなくなってしまう。

いまは、包丁用の鋼材を作っているメーカーが、あらかじめ硬い刃鉄を割り込んだ状態でローラー圧延した薄い材料を包丁メーカーに販売している。利器材と呼ばれている。
包丁メーカーは、この材料を包丁の形に型抜きプレスなどで打ち抜いたりして、刃先が薄くなるよう側面を研磨し、熱処理で刃鉄を硬くして(刃鉄は熱処理しないままだと硬くない。)、柄をつけて完成品にする。

細かく区別したい向きは前者を「割込み」、後者を「三枚」と呼び分けたりもする。
両刃構造400

「本割込」なんていう言葉もよく見かけるが、これは昔から続く本来の作り方である前者のことを指すのだろうと思っていたらそういうわけでもなく、利器材の包丁に「本割込」と書かれているものもたくさんある。どういう意味で使われているのかわからない。学術用語でも法律用語でも商標でも無いこの手の言葉は、ありていに言ってしまうと売り上げを伸ばすためのおまじないだと思う。
ただし本割込と書かれている利器材の包丁がニセモノの粗悪品というわけでも無いのでそこは誤解はしないでほしい。

私はめんどくさいので三枚構造の包丁はみんな割込みと呼んでいる。

割込み包丁の本来の目的は、鋭さと丈夫さを兼ね備えることだろう。
鋼材が硬いほど刃先を薄く研ぐことができるので切れ味もよくなるが、刃物全体が硬すぎると折れてしまう危険がある。刃先が欠けるぐらいなら研いで直せるが折れると使い物にならない。

こういった複合鋼の技術はもともと日本刀の作刀で培われたものだ。
日本刀にはいろんな種類の複合構造のものがあるが、現在作刀されているもののほとんどは、中心に柔らかい鉄が仕込んであって、その周りの外側全部を硬くなる鉄でくるんでいるという構造なので、割込み包丁とはちょっと違う。
日本刀は宮本武蔵のような豪腕の剣士が渾身の力を込めて相手の鎧兜に叩きつけても、折れず曲がらないという丈夫さが必要なので、求められる頑丈さは包丁などの比ではない。だから複合構造の柔らかい鉄の柔軟性と反った形で衝撃をいなすようになっている。
しかしもともと複合構造にした目的は、材料である玉鋼がたいへん貴重で高価なものであるため、増量のために割安な柔らかい鉄を仕込んだのである、という説もある。何が正解かを知る術はないが、要は刃物を折れにくくする効果と貴重な玉鋼を節約する効果があるということだ。


ハガネ部分だけ錆びた割込み包丁



割込み包丁は、外側の軟鉄も中の刃鉄も錆びやすい鉄のもの、外側だけがステンレスのもの、外側も中もステンレスのもの、などがある。

外側も中も全部ステンレスの割込み包丁でも、刃物に使われるステンレス鋼の方が軟鉄に使われるステンレスより錆びやすい場合が多いので、中心だけが錆びているものはよくある。
ただ、ステンレスの錆は孔食といって丸いボツボツになっている場合が多い。錆が反対側まで貫通してしまってノコギリのようにギザギザになっているものも見かける。
動画の包丁の刃鉄は錆びの状態からおそらく錆びやすいハガネだと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

ショーさんこんにちわ。
造り込みで異種鋼の接合をしはじめたのは江戸時代ぐらいからだ、といった記事もときどき拝見しますけど、実際に何本か折って分析した俵国一さんの本では、鎌倉時代と考えられるものでも、中心の炭素量が少なくて複合鋼と思われるものがあるって書いてるので、よくわからないんですよね。
ニュートリノとかミューオンで、非破壊で成分分析ができるCTスキャンみたいな装置が、そのうちできるといいんですけどね。
素粒子照射するだけで切れ味まで分析できるようになったりして(笑)


> 初めまして。
> 色々な記事を拝見させて頂いて
> 、興味深い記事が多くとても勉強になります。
>
> 古刀には無垢鍛えが多く、造り込みに関係無く熱処理次第で折れず曲がらず良く切れる刀ができるのだと思います。
> 江戸期に作刀技術が途絶えた為、古刀の技術は解らずです。折れて曲がって良く切れない刀が多い為に、ならば自分が作ろうと武士から刀鍛治になった真雄・清麿兄弟も居ます。
>
> 今現在約300名の刀鍛治が居ますが、使える刀を作れるのは4~5名だと思います。

初めまして。
色々な記事を拝見させて頂いて
、興味深い記事が多くとても勉強になります。

古刀には無垢鍛えが多く、造り込みに関係無く熱処理次第で折れず曲がらず良く切れる刀ができるのだと思います。
江戸期に作刀技術が途絶えた為、古刀の技術は解らずです。折れて曲がって良く切れない刀が多い為に、ならば自分が作ろうと武士から刀鍛治になった真雄・清麿兄弟も居ます。

今現在約300名の刀鍛治が居ますが、使える刀を作れるのは4~5名だと思います。
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク