小さいカスタムナイフ

ナイフは好きじゃない。

お客さんが持ってくる刃物の中で、ナイフはめんどくさいものが多い。

まず、多くのナイフは日本の包丁のようにアゴが出ていない。そのうえ身幅が狭い。研ぐ余地が少ないのである。
刃元あたりが切れなくなっているのを無理に研ぐと、刃線のカーブが狂ってしまう。
こういう場合、刃元の切れ味を出すのは諦めて刃線の形を維持するべきなのか、刃線が歪んでもアゴまで刃付けするべきなのか、判断ができない。
自分のナイフなら好きに研げばいいのだが、お客さんのものだとどう研ぐのが正解なのかわからないのだ。

正解の研ぎ方がわからないものは、何の目的でどういう風に使うのかという用途から考えればいい。
ところが、それこそがナイフの一番の問題なのだ。

魚を捌いたり、木を削ったり、簡単な工作にも使いたい。
その上で、ぶら下げたティッシュペーパーにスっと触れるだけで切れるような刃にしてほしい。
お客さんにどう使うのかたずねるとそんなことを言い出すのだ。

要は持ち主も何に使うかわからないし、なんなら、試し切り以外の何にも使っていなかったりするのだ。

そしてビクトリノックスやBUCK110を出してきたりするのである。

ムリデスカラ。


この手のオシャレカスタムナイフは更にナンギだ。

001_20160311112341c77.jpg

0022.jpg

小さいほど研ぐ余地が少なく、うっかり研ぎ傷がつけられない。


しかもなんか、ラブレスみたいな刻印だし・・・orz

003_20160311112355e63.jpg

こういう刻字・刻印はまだマシ。
印刷とか色つきなんかだと研磨剤で磨いても消えるから、もっと気を使う。

002_20160311112351582.jpg

自分で研いでみたけどうまく行かなくて、研ぎ傷がついてしまった、と。




切れ味はそこそこ普通になって、傷はあまり目立たなくなりました。
どうでしょう。

009_201603111124245f2.jpg

007_201603111123467f3.jpg
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク