天然砥石

青山熊野神社で仕事をしているとおじいさんが見物にやってきた。
おじいさんといっても腰が曲がってヨボヨボしているわけではなく、所作が控えめで声が小さく黒髪勝ちなムツゴロウさん、といった様子の方である。
しばらく話をして、そのうちフイといなくなり、またしばらくすると紙袋を持って戻ってきた。
紙袋の中にはでっかいアーカンソーストーンが2本入っていた。
アーカンソーストーンはアメリカのアーカンソー州で採れる、別名ノバキュライトといわれる岩石で、大理石のように白くて非常に目の細かい仕上砥石だ。
ライターかマッチ箱みたいな大きさにカットして売られているものしか見たことがなかったのだが、インターネットで現地鉱山の写真を見ると城の石垣にでも使えそうな巨大な塊が路頭していたりする。なぜ小さなものしか売られていないのか正確なことはわからないが、思うに、あちらでは日本式に砥石を据えて刃物を動かして研ぐという習慣が無く、砥石を刃先に当てて研ぐからではないだろうか。
それが、日本の砥石の二丁掛けぐらいの大きさなのである。
聞くと、骨董市巡りが趣味の方で、どこかの理髪店で使われていたもので、日本向けに大きく切り出されたものだろうということであった。戦前のものではないかと思われる。
ためしに薄刃包丁を当ててみたが、キンキンの刃がついた。真っ黒な砥汁が出て、研ぎこむと切刃は曇らずピカピカになりそうな気配であった。なるほど、カミソリなら良い刃がつくかもしれない。しかしカミソリ砥ならもう少し小ぶりな方がいいかもしれない。
残念ながら写真は無い。

その翌々週。

こんどは現代の刀工の技法と作品に関する本を一部コピーしたものを、あげる、と言って持ってきてくれた。
やや古びた様子から、私にくれるためにコピーしてきてくれたというわけではなく、コピー自体を以前から持っていらっしゃったのではないかと思われる。
かなり面白い。
周辺の図書館には置いていなさそうなので、不足するところは国会図書館で閲覧したいと思う。

またしばらく話をしたあとフイと立ち去って、夕方近く、紙袋をふたつ持って再び現れた。
紙袋の中には天然砥石が数本入っていた。
くれるという。
残念ながら天然砥石にはあまり詳しくないし、普段家庭用包丁を研ぐのにはほとんど使わないし、よくわからないなりにも高そうなものもありそうなので、私にくれるよりオークションででも売ったらどうですか?とも言ってみたのだが、かまわない、好きに使っていいと言うので、ありがたく頂戴した。

001_20160605140206e9b.jpg


いちばん左は、天草の赤かな?
天草砥は今でも熊本の天草地方で採掘されていて流通量が多く、貴重な砥石というわけではない。
002_20160605140207b72.jpg

天草砥には「赤」と「白」の二種類あって、赤茶色っぽくて積層模様が濃い「赤」の方が少し目が粗い。「白」は私も持っている。よく締まった程よい硬さの中砥石で、小さい欠片にして錆などを磨くのにいちばん有用な砥石だ。備水という名前でよく売られている。
しかしインターネットで天草砥の赤の写真を見ると、積層模様の感じが何か少し違うように思えた。天草の赤は積層の線が細かく波打っているものが多いが、この砥石はまっすぐなのだ。
伊予砥の欠片を持っているが、それに似ている気がする。
伊予砥だとするとこんな大きなものは見かけないので、貴重なものじゃないかと思う。
ギター製作をされている田中清人さんのブログに、沼田砥で同じような積層模様のものが紹介されている。
ほかにも似たような砥石が各地にあるようだ。
伊予砥と天草砥は種類の違う岩石なので成分分析をすれば大まかな区別できるんじゃないかと思うが、当然そんな装置も能力も無い。
けっきょく何の砥石だかよくわからない。
研いだ感じは砂ツブが出てきて鉄肌に引っかき傷をつける(地を引く)ようなこともないし、泥ばかり出て型くずれが早いということもない、予想よりきれいに研げる良い砥石だった。


左から二番目は、沼田砥だそうだ。
沼田砥は群馬県の沼田で採掘していた中砥石だ。昔は産出量が多く関東では数多く出回っていた砥石らしいが、今は採掘されていない。はじめて現物を見た。
上述の田中清人さんのブログでは沼田砥もバリエーションが多いようなので、相当詳しい人じゃないと判別できないと思う。

003_20160605140208569.jpg

水をかけるとグレイに見える斜めの筋が青緑っぽくなる。
砥粒を感じないねっとりした砥泥が出る。
鋼が削れた証拠である黒っぽい砥汁が出るのでちゃんと研げていることがわかる。
もしかすると仕上砥石なみに細かく研げているのではないかと思って砥石に当てた切刃を見ると、かなりはっきり研ぎ傷が残っていた。
おそらく深い傷ではないだろうけど、なるほど中砥だなと得心した。


左からみっつめは「大平の蓮華」とのこと。
004_20160605140212418.jpg
005_201606051402112d2.jpg

ワケアリで、真ん中で半分に割れたのをくっつけたそうだ。
006_20160605140229a46.jpg

包丁を当ててみたかぎり割れ目で筋を引くようなことは無かった。
包丁で問題が無くても軽くて小さい刃物だと引け傷がつくものがあるので、いろいろ試してみたい。
真っ黒に近い焦げ茶の砥汁が出た。
悔しいことに、北山8000番より圧倒的に鋭い刃が簡単についてしまう。


右4つのうち、右上と左下の薄い仕上砥。
中世中山砥石、というみたい。
008_20160605140232fba.jpg
009_20160605140233251.jpg
007_20160605140233634.jpg
010_20160605140235425.jpg

さざれ銘砥さんの砥石だそうだ。
表の判のかすれ具合からほとんど使われていないことがわかる。
薄いので無駄に使うのがもったいなく、まだ試してない。
剃刀とか小刀とか彫刻刀みたいな、小さいものを研ぐときに使ってみる。


右四つの左上のコッパ。
011_201606051403019ac.jpg

012_20160605140302cc4.jpg

針気がある。実用上は何の問題も無い程度だが。
柔らかめの刃物を当てるといいのかな?


右下、広い面で薄い砥石。
内曇り砥だそうだ。
013_201606051403042b1.jpg
015_20160605140305d62.jpg

内曇り砥石というのがどういう砥石なのか、まあ仕上りが曇るということなんだろうけど、そうでないものと比べたことがないのでよくわからない。
昨日集配のときに見かけてたまたま覗いてみた御徒町の坂井砥石さんによると、仕上砥石の中では少し粗めの砥石だそうだ。


たまたまお客さんのステンレスのダマスカス包丁があったので当ててみた。

【BEFORE】
市販の回転研ぎ機を当てて刃線際にヤな傷がついている。
017_20160605140355a4c.jpg

【AFTER】
ステンレスだけどいい感じになっちゃった。
019_201606051403578d7.jpg

018_20160605140355876.jpg

貴重な天然砥石をご家庭包丁の研ぎに使っちゃっていいのかなぁという気もするのだが、使いなさいということで譲っていただいたのだと思うので、ちょっと良さげな刃物にはガンガン使ってみるつもりだ。
天然仕上砥石専用の研ぎ桶でも作って砥泥収集しようかなあ。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

古道具屋で鉋を買って研いでみました

鉋のことを調べていて、YouTubeにあった「鉋台のセッティングとメンテナンス」を見てたら鉋の台が平らでなく、台直し鉋という面白い形の小さな鉋で削って接地面を調整してました。それを見た翌日、古道具屋を覗いたらたまたま一個だけこの台直し鉋が古い鉋の中にころがっていて、しかも300円。思わず買っちゃいました。ついでに古い刃幅65ミリの大きな鉋も800円で。

これを指先を何箇所も削り、血だらけになりながら刃が大きく欠けたのを最初は荒砥や電着ダイヤでと、なんとか使えると思えるぐらいまで研ぎ上げました。鰹節削り器で感じてたし、削ろう会などのブログで知識だけはありましたが、平面を出すというのはほんと難しいですね。

3、4日に一回は鰹節を削り出汁を引くので、鉋のことは知りたかったのですが、包丁研ぎからまさか鉋を研ぐようになるとは自分でも驚きです。刃物を研ぐのは難しいけど面白いもんですね。ちなみに台直し鉋で鉋の底面を削ってみましたが、垂直の刃なのにウソみたいに綺麗にできました。鉋も檜の角材がシュっと削れました。生まれて初めての経験です。

そして、昨日どうしても欲しかった砥石でヤフオクで落札した、大突山の浅黄が送られてきました。17ミリ厚と薄い物だから私にもダメモトで買えたのですが、なんと本物で鉋刃が鏡面になりました。包丁の裏は耐水ペーパーなどで鏡面にできますが、表の切り刃は毎回研ぐし、鏡面は難しいですね。でも、ピカピカに光るようになりました。どれも1万円前後の安いものばかりですが、意外に当たりました。人造から青砥、青砥のキズを巣板(曇り系)で消し、馬路山の千枚(地曇り&鋼光沢)か八木の島の浅黄へ(光沢系)繋いでいたのですが、最終仕上げの大突山浅黄が入って、数は少ないですが一応納得のラインナップが。

硬くて針けが強く使えないと持ってたもう一つも電着ダイヤで砥汁を出してやればステン系にはよさそうです。これで天然砥石は打ち止めにしますが、ただ人造の1000番スエヒロが薄くなって替え時です。この1000番からスエヒロの3000番へ行くのが以前でしたが、今はいきなり青砥へ繋ぎます。電着で砥汁を出すようになり、キズが少なくなったためです。シャプトンの刃の黒幕1000番がいいようですが、キングの1000番が見直されていると話題になってました。どうなんでしょうか? 長々とすみません、つい。



Re: No title

takeさんこんにちわ。

> 鉋刃は直刃なので引くときと押すときの力の差は微妙なんですね。削ろう会の人の動画をよく見たら引きから始めているみたいでした。
> 段刄でとりあえず研げているので次の研ぐときに直刃に直して比べてみます。ありがとうございました。

削ろう会のレベルだと撫でるぐらいの力加減じゃないでしょうか。
300倍ルーペで観察した刃先を揃えるような研ぎでは、力加減より水がきれいとか砥石に金気が無いみたいなことの方が大事じゃないかという気がします。
私はそういう立派なカンナもないし材木で試し切りもできないので試してみたことがなく、そのレベルのことはわかりません。

Re: 初めまして

えだまめさんこんにちわ。

> 2014年9月9日の記事で記述していらっしゃった研晴の薄刃包丁の切刃のねじれが、自分の愛用品と全く同じで驚きました。

あれはですね、ぼくが勘違いしています。
薄刃包丁は刃元から切っ先にかけて徐々に薄くなっています。
峰と刃線が平行で、ヒラと切刃が平らだとしたら、シノギのラインは斜めにならなければおかしいんです。
ところがシノギも峰や刃線と平行です。
ヒラは平らです。
すると、切刃はおのずと捩れることになります。

切刃は捩れていても正常です。
見た目が気になるなら研ぎ加減でなんとなく目立たなくしてあげてください。

No title

鉋刃は直刃なので引くときと押すときの力の差は微妙なんですね。削ろう会の人の動画をよく見たら引きから始めているみたいでした。
段刄でとりあえず研げているので次の研ぐときに直刃に直して比べてみます。ありがとうございました。

初めまして

5月にこちらのブログを知り、以来興味深く拝見しています。
私はこれまで本を参考に包丁の手入れをしてきましたが、こちらは具体的な例を挙げられたり、動画をお作りなさっているので良い勉強になります。

2014年9月9日の記事で記述していらっしゃった研晴の薄刃包丁の切刃のねじれが、自分の愛用品と全く同じで驚きました。
このメーカー特有の癖なのかもしれませんね。
※研晴は値段が手ごろでとても使いやすい包丁と思っております。

今後もこちらで勉強させていただきます。
時々相談に乗っていただこうかと思っておりますので、その際はよろしくお願いいたします。

Re: なんとか研いでみました

よく切れればいいですw
カンナで段刃ってあまり聞いたことがありませんが、刃持ちをよくしてるんですかね。
直刃にした場合と使い比べてみて判断すればいいと思いますが。

カンナは私は縦研ぎすることが多いです。その方が研ぎやすいので。
刃をむこうにして斜め研ぎするときは引くときに力をいれるかなあ?
砥石の表面を削ってしまうことがあるので。

いずれにしてもよく切れるようになればいいですw

> 最近電着ダイヤ400−1000を買い、ステンの定規を当てて平面をだすようにし始めました。鉋刃の持ち方はある動画の通りにやったのですが、斜め研ぎの場合、押すときに力を入れるのか、引くときなのか分かりません。そんな簡単なこと誰も解説してないですね。
>
> あと、他の鰹節削り器の刃先が1,5mmほど3度ほどの角度で段刄になってたので、そうしてみましたが、やらない方がよかったでしょうか?丸刃にならないよう注意したつもりで、鰹節の切れ味はまあよさそうです。
>
> 刃はSK鋼で、機械研ぎの筋が入ってたのを電着ダイヤですり落とし、スエヒロの1000番→青砥→白巣板→八木の島浅黄と繋ぎました。あまり使われてなかったのか、裏はきれいなままでした。
>
> プロの研ぎ師は砥石の消耗が半端じゃなさそうですね。コストにもはねかえるし、大変そう。
> これからもよろしくお願いします。

なんとか研いでみました

最近電着ダイヤ400−1000を買い、ステンの定規を当てて平面をだすようにし始めました。鉋刃の持ち方はある動画の通りにやったのですが、斜め研ぎの場合、押すときに力を入れるのか、引くときなのか分かりません。そんな簡単なこと誰も解説してないですね。

あと、他の鰹節削り器の刃先が1,5mmほど3度ほどの角度で段刄になってたので、そうしてみましたが、やらない方がよかったでしょうか?丸刃にならないよう注意したつもりで、鰹節の切れ味はまあよさそうです。

刃はSK鋼で、機械研ぎの筋が入ってたのを電着ダイヤですり落とし、スエヒロの1000番→青砥→白巣板→八木の島浅黄と繋ぎました。あまり使われてなかったのか、裏はきれいなままでした。

プロの研ぎ師は砥石の消耗が半端じゃなさそうですね。コストにもはねかえるし、大変そう。
これからもよろしくお願いします。

Re: 追伸

takeさんこんにちわ!

鉋を研ぐ場合は、
1.砥石を研ぐ(平らにする)
2.裏を研ぐ(平らにする)
3.切刃を研ぐ(平らにする)
です。
平面命なので電着ダイヤとかあるといいですね(^^
裏押しが切れてたり巣が入ってると金づちで裏出しが必要になります。
頑張ってみてください!

天然砥石は使ってみていますが、まだ試行錯誤の段階で、どう使ったらいいのかまだ定まりません。
僕にとって砥石は仕上砥でも1年ぐらいで無くなっちゃう消耗品なので、再入手が困難なものは使いづらいです。

追伸

すみません、文章わけわからんですね。失礼。
わたし、杉並の阿佐ヶ谷から20数年前に神奈川県の西、湯河原へ越してきて海関係の仕事をしている者です。

一年前、出刃を海へポチャンし、錆びた柳刃一本しかなかったのですが、それを鏡面まで仕上げたりしているうち、周囲をさわがせたからか、使われなくなった和包丁がどんどん集まってきたのです。料理や包丁のことはHP「手前板前」さんを以前から参考にしてましたが、もっと情報が欲しくてネットを探っているうちこちらにたどりつきました。

包丁を鏡面にするため、砥石を小割りにしてダイヤ砥石で成形し、裏スキのキズを擦ったりしてますが、これはこちらからいただいた知識です。

包丁研ぎも本来なら人造をもっと経験し、天然砥石に移るのが普通でしょうが、たまたま一本いただいた砥石が何か分からず調べたら天然の青砥で、それがきっかけでいきなりです。

ちなみにここ一ヶ月ほどで集めた天然砥石は馬路山の合砥(千枚付近)と八木の島の浅黄、正本山硬口(硬くてまだ使えない)、丸尾山の白巣板(コッパ)です。
もうこれで打ち止めにしたいのですが、昨日ヤフオクで鰹節削り器を手に入れ、今日初めてその刃を研ぐつもりです。上手く研げるでしょうか?

はじめまして

一年ぐらい前にサビサビの柳刃を再生させ、そのころこちらのブログにお邪魔させてもらってました。釣りキチで魚料理が趣味のおじんです。
包丁の研ぎは簡単にはいかなくてあちこち情報を探っているうち一番にヒットしたのがこちらでした。そもそも杉並阿佐ヶ谷に長く住んでいたので、練馬で家庭の包丁研ぎをされているのがなんとなくうれしくほんわかです。

それから過去の記事などたくさん読ませてもらいまいたが、楽しい記事が多いですね。いろいろ参考にさせてもらいました。で、今回あえてコメントしようと思ったのは、やはり天然砥石です。私は包丁研ぎまる一年ですが、人造砥石6本、天然砥石5本の素人砥石持ちになりました。そのうち手持ち7本の和包丁の裏を鏡面仕上げしたのが4本で、かなりおかしいかも。

美味しい魚料理を造ろうと始めた包丁研ぎが思わぬ方向へ行ってしまいましたが、こちらのブログも天然砥石がたくさん参加して、これからどうなっていくかますます楽しみです。これからもよろしくお願いいたします。



Re: No title

骨董市で買われたそうです。
今も骨董市巡りをなさっているようです。
砥石を探して骨董市を回っているのではなく、たまたま砥石の良い出物を見つけたので入手されたんじゃないかと思います。

> つい最近まで砥石を買ってた人のようですね。
> さざれ(330mate)さんは、それこそ創業して10年くらいだし。

No title

つい最近まで砥石を買ってた人のようですね。
さざれ(330mate)さんは、それこそ創業して10年くらいだし。
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク