また!

また砥石をいただいた(笑)

001_20160709052730bd5.jpg

岩手県産の「夏屋砥」という砥石のようだ。
刀の研ぎ師さんでも使っている方がいるとのことだった。研ぐと鉄肌が曇る。ハガネの包丁には良いと思う。


002_2016070905273309e.jpg

長い青砥。
丹波の青砥と並べてみる↓

003_20160709052735031.jpg

長い・・・

砥石の原石を大きなまま保存しているのはときどき見かけるが、この砥石はあえてこの大きさに切り出していのではないだろうか。
そういえば築地のマグロ屋さんがデカい砥石を使っていた。ただこれは、砥石屋さんに長年展示されていて買い手がつかなかったものを頼まれて買ったのだと言っていたので、マグロ包丁がこの長さの砥石を必要するというわけでは無い。日本刀は普通の大きさの砥石で研ぐ。

中国の方から入手したとのことで、中華包丁を研ぐのでは、とおっしゃっていたが、中華包丁は普通の大きさの砥石で研げる。
中国で産出した砥石なのかもしれない。
粘板岩だろうとは思う。
青砥にはただの泥の塊みたいで簡単に型くずれしてしまうようなものがあるが、これはちゃんと研げる。
ただあまりに長すぎて使いにくいので、切って使うかもしれない。

どうやって切ろう・・・
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク